ニュース
» 2018年08月09日 10時30分 公開

「お墓を持つのはぜいたく」な時代が来る? お盆前、日本の“最新墓事情”について調べてみた

お墓で土地がいっぱいにならないの?

[QuizKnock,ねとらぼ]

 お盆休みのこの時期、帰省してお墓参りをする人も多いはず。1年の中でも数少ない先祖に思いをはせる機会である。

 一方でこんなことも考える。人はいずれ死ぬ。日本には1億3000万の人がいて、どこかで新たな命が生まれては別のどこかで誰かが亡くなっている。それならば、いずれは墓場が足りなくなるのでは? むしろ今までの間に足りなくなっていてもおかしくないのでは?



 土地が足りなくなり、お墓を持つのがぜいたくになる……そんな時代が近づいているのだろうか。今回は日本のお墓の現状と、広まりつつある「お墓に入らない新しい葬り方の形」について調べてみた。


葬り方の基礎知識

 まずは基礎知識から。日本では原則として火葬(遺体を燃やし、遺骨の状態にして葬る)することになっており、土葬(遺体をそのまま埋める)は基本的に認められない。


火葬により1つの墓石に複数人の名を刻むことができる日本の墓(左)と、土葬により1人に1つの墓石となる西洋の墓(右)

 さらに遺骨の納め方は、「墓地に墓を建ててその中に入れる」という一般的な方法の他に、墓を建てずに「納骨堂に置く」方法もある。大きく分けるとこの2種類ということになるだろう。

 「墓地」と「納骨堂」の件数については、厚生労働省の「衛生行政報告例」という統計にまとめられている。2016年度末のデータによれば、日本全国に墓地は87万412件、納骨堂は1万2400件ある。

 このデータを各年でまとめたものを文化庁が公表しているが、意外にもここ数十年で墓地も納骨堂もほとんど件数が変化していない。日本は土地が限られているので、近隣住民の「遺骨が近所に集まるのは……」という感情的な側面も相まって、そういった施設は現実的に増やせないのかもしれない。


最近の墓事情は

 墓地は増えないのに遺骨は増え続ける。多くの場合は家系の墓を代々受け継いで使うため、全員が墓を建てるわけではない。しかし、核家族化が叫ばれ始めて久しい現代において、新たな墓が増えるのは避けられないだろう。そういった状況で墓は足りているのか。

 結論から言えば、好きなところに墓を建てられるという状況ではない。特に管理しやすい都会付近の霊園は人気があり、抽選による争奪戦となることも珍しくない。土地の費用も決して安くはなく、「墓を建てて残す」という営み自体がもはやぜいたくといえるのかもしれない。

 一方で、墓を建てる必要がない納骨堂の方は、墓地ほどの不足感はないように思われる。使い勝手の面でも、料金が比較的安い管理が楽などのメリットがある。ただし、納骨堂によっては一定の期間が経つと合祀(他の遺骨と合わせて祀ること)されてしまうこともあり、注意が必要だ。


これからは「自然に還す」?

 墓が足りない状況の中、自然を利用した新しい葬儀の形も広まり始めている。

 例えば「樹木葬」は、遺骨を埋めた箇所に樹木を植えて墓石の代わりとするもの。必要なスペースが小さく費用も安い。また、季節によって変化する見た目も樹木ならではの趣きがある。


樹木葬のイメージ(Google検索)

 さらには、遺骨を海にまいて自然に還す「散骨」という選択肢もある。ただし日本では法整備が追い付いておらず(「死体遺棄罪」との関連については、法務省の非公式な見解で「違法性はない」とされてはいる)、当面は業者などを通じて適切に行うべきだろう。


散骨のイメージ(Google検索)

 「どんどん墓が建つので、どんどん墓地が広がっている」というよりは「墓地が足りないので、墓を建てる以外の選択肢が増えている」というところだろうか。

 「墓」は将来なくなるのか、全く別の形になるのか……。冒頭に「お盆にお墓参りする人も多い」なんて書いたが、もしかしたらそれも既に古い常識となりつつあるのかもしれない。



制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/28/news167.jpg 「こんなに絵が上手いなんて」 中川翔子、1時間で『SPY×FAMILY』アーニャを17体生み出してしまう
  2. /nl/articles/2206/29/news152.jpg 整形男子アレン、“歯抜け”も生じた深刻トラブルを解決 高額で入れ替えた歯の再施術も「一生ものではない」
  3. /nl/articles/2206/28/news174.jpg バーガーキングが“超巨大バーガー食べ放題”実施 約1700キロカロリーのバーガーを食べまくれる
  4. /nl/articles/2206/29/news003.jpg ゴールデンレトリバー「他のおやつがほしいのおおおー!!」 荒ぶるワンコのまさかの行動に飼い主爆笑【米】
  5. /nl/articles/2206/27/news166.jpg 「ラーメン二郎」へ“表敬訪問”したジョージア駐日大使に話を聞いた 「次回は『ニンニク ヤサイ マシマシ、ブタ抜き、アブラ多め』を頼みたい」
  6. /nl/articles/2206/29/news139.jpg ゴルフ開始2カ月のダレノガレ明美、初ラウンドで驚きのスコアをたたき出す スタイル抜群のフォーム披露
  7. /nl/articles/2206/24/news167.jpg 耳付きのランチパックが見つかり「得した気分」「運がいい」 “当たり”があるのか山崎製パンに聞いてみた
  8. /nl/articles/2206/29/news118.jpg 幸せいっぱいでほっこり! 粗品、結婚後初の家族ショット 妻子と肩寄せ合う後ろ姿に「温かい愛感じます」
  9. /nl/articles/2206/28/news169.jpg ドラマ「ER」「クリミナル・マインド」の俳優メアリー・マーラ、61歳で溺死 川で遊泳中に溺れたか
  10. /nl/articles/2206/28/news025.jpg 野犬の群れで育った子犬を保護、初めはおびえていたが…… 心を開いて大きく成長したビフォーアフターに感動

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」