ニュース
» 2018年08月09日 10時30分 公開

「お墓を持つのはぜいたく」な時代が来る? お盆前、日本の“最新墓事情”について調べてみた

お墓で土地がいっぱいにならないの?

[QuizKnock,ねとらぼ]

 お盆休みのこの時期、帰省してお墓参りをする人も多いはず。1年の中でも数少ない先祖に思いをはせる機会である。

 一方でこんなことも考える。人はいずれ死ぬ。日本には1億3000万の人がいて、どこかで新たな命が生まれては別のどこかで誰かが亡くなっている。それならば、いずれは墓場が足りなくなるのでは? むしろ今までの間に足りなくなっていてもおかしくないのでは?



 土地が足りなくなり、お墓を持つのがぜいたくになる……そんな時代が近づいているのだろうか。今回は日本のお墓の現状と、広まりつつある「お墓に入らない新しい葬り方の形」について調べてみた。


葬り方の基礎知識

 まずは基礎知識から。日本では原則として火葬(遺体を燃やし、遺骨の状態にして葬る)することになっており、土葬(遺体をそのまま埋める)は基本的に認められない。


火葬により1つの墓石に複数人の名を刻むことができる日本の墓(左)と、土葬により1人に1つの墓石となる西洋の墓(右)

 さらに遺骨の納め方は、「墓地に墓を建ててその中に入れる」という一般的な方法の他に、墓を建てずに「納骨堂に置く」方法もある。大きく分けるとこの2種類ということになるだろう。

 「墓地」と「納骨堂」の件数については、厚生労働省の「衛生行政報告例」という統計にまとめられている。2016年度末のデータによれば、日本全国に墓地は87万412件、納骨堂は1万2400件ある。

 このデータを各年でまとめたものを文化庁が公表しているが、意外にもここ数十年で墓地も納骨堂もほとんど件数が変化していない。日本は土地が限られているので、近隣住民の「遺骨が近所に集まるのは……」という感情的な側面も相まって、そういった施設は現実的に増やせないのかもしれない。


最近の墓事情は

 墓地は増えないのに遺骨は増え続ける。多くの場合は家系の墓を代々受け継いで使うため、全員が墓を建てるわけではない。しかし、核家族化が叫ばれ始めて久しい現代において、新たな墓が増えるのは避けられないだろう。そういった状況で墓は足りているのか。

 結論から言えば、好きなところに墓を建てられるという状況ではない。特に管理しやすい都会付近の霊園は人気があり、抽選による争奪戦となることも珍しくない。土地の費用も決して安くはなく、「墓を建てて残す」という営み自体がもはやぜいたくといえるのかもしれない。

 一方で、墓を建てる必要がない納骨堂の方は、墓地ほどの不足感はないように思われる。使い勝手の面でも、料金が比較的安い管理が楽などのメリットがある。ただし、納骨堂によっては一定の期間が経つと合祀(他の遺骨と合わせて祀ること)されてしまうこともあり、注意が必要だ。


これからは「自然に還す」?

 墓が足りない状況の中、自然を利用した新しい葬儀の形も広まり始めている。

 例えば「樹木葬」は、遺骨を埋めた箇所に樹木を植えて墓石の代わりとするもの。必要なスペースが小さく費用も安い。また、季節によって変化する見た目も樹木ならではの趣きがある。


樹木葬のイメージ(Google検索)

 さらには、遺骨を海にまいて自然に還す「散骨」という選択肢もある。ただし日本では法整備が追い付いておらず(「死体遺棄罪」との関連については、法務省の非公式な見解で「違法性はない」とされてはいる)、当面は業者などを通じて適切に行うべきだろう。


散骨のイメージ(Google検索)

 「どんどん墓が建つので、どんどん墓地が広がっている」というよりは「墓地が足りないので、墓を建てる以外の選択肢が増えている」というところだろうか。

 「墓」は将来なくなるのか、全く別の形になるのか……。冒頭に「お盆にお墓参りする人も多い」なんて書いたが、もしかしたらそれも既に古い常識となりつつあるのかもしれない。



制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2108/03/news132.jpg 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  2. /nl/articles/2108/03/news016.jpg 柴犬「ぬれるのイヤ〜!!」→その後の行動に爆笑 飼い主のズボンでゴシゴシ顔をふくワンコが面白かわいい
  3. /nl/articles/2108/03/news073.jpg 「四千頭身」石橋、体操銅メダルの村上茉愛とは“かなり仲良い友達” 「結構前の写真」投稿も別箇所に注目集まる
  4. /nl/articles/2108/02/news119.jpg タクシー相手に「あおり運転」繰り広げたミニバン 巻き込まれて急停止したトラックから泥化した土砂がドシャアと降り注いで破壊される
  5. /nl/articles/2108/03/news029.jpg もしや女として見られていない? 突然の別れ話に「勝負メイク」で抵抗する漫画 彼氏の言葉がじんと響く
  6. /nl/articles/2107/09/news134.jpg 「全ての支出を一度見直してみました」 小倉優子、“食費15万円”の反響を受けて節約生活スタート
  7. /nl/articles/2108/03/news007.jpg 暑い日、ミツバチご一行が手水舎に訪れ…… 専用水飲み処を作った神社の対応に「素敵」「優しいお宮さん」の声
  8. /nl/articles/2108/02/news111.jpg 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  9. /nl/articles/2108/02/news038.jpg 「実は私…人の心が読めるの」クラスメイトから突然の告白、その真意は? 全部バレちゃう漫画がキュンとなる
  10. /nl/articles/2108/03/news102.jpg 小倉優子、週刊誌報道に「当たり前ですが、私の働いたお金で生活しています」 7月に月の食費「15万円」と公表

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する