ニュース
» 2018年08月09日 17時00分 公開

大田区区議が「東方」二次創作本をコミケで頒布 サークル参加の理由や政務との両立などいろいろ聞いた

以前から地方議員の実情を描く同人誌で参加。政治資金を一切使わずに活動しているとのことです。

[沓澤真二ねとらぼ]

 日本維新の会所属の大田区議会議員・おぎの稔氏が、コミックマーケット94(8月10日〜12日)へのサークル参加をTwitterで告知しました。自身が携わった新刊の「東方Project」二次創作同人誌「地方議員の事情本 Vol.2」を、既刊本とともに頒布するとのこと。一部で「オタク議員」として有名なおぎの氏、マジのガチだ……。


もこすみ

 あわせて、新刊のサンプルも公開。藤原妹紅(ふじわらのもこう)が現代社会に興味を持ち、やがて政治というものに触れる内容となっています。おぎの氏いわく「もこすみ要素若干?」とのことで……って、現職区議の口から「もこすみ」(※)とか出るなんてこと、ある? Twitterのプロフィールでは「東方」「艦これ」「FGO」の名を挙げるなど、趣味人ぶりを発揮するおぎの氏に、編集部は詳細を聞きました。

※藤原妹紅と宇佐見菫子(うさみすみれこ)のカップリングを指す

もこすみ

もこすみ このへんが、もこ(下段右)・すみ(下段左)

もこすみ

もこすみ 東方キャラの視点から、政治の話へアプローチ?

 おぎの氏は昔からガンダムや少年向けアニメが好きで、漫画誌では『少年ジャンプ』や『コミックボンボン』『少年ガンガン』をよく読んでいたとのこと。中学生のころから、「メモリーズオフ」や「サモンナイト」といったゲームに強い影響を受けたそうです。ゲーム専門誌『電撃プレイステーション』や『G,sマガジン』の影響も大きかったといいます。

 コミケには議員になる前の2007年ごろから参加しており、就任してからの参加は今回が4回目。以前の参加時には、地方議員の裏話や苦労話を描くオリジナル同人誌を頒布していました。サークル参加の理由は「より多くのかたと触れ合えるから、そして作品を見てもらう機会につながるから」としていますが、それもコミケや同人誌文化への愛があってのこと。同人誌収集も大好きで、好きなサークルの本が絶版になったときは、まんだらけで1万円以上で購入したそうです。

 同人誌制作において、おぎの氏はネームとコンテを担当。作画は作家に依頼しているのだそうです。自身も専門学校に通っており、伊藤剛先生(現・東京工芸大学マンガ学科教授)の教えを受けているのだとか。自分でも描きたいのはやまやまながら、なかなか時間がとれないのだそうです。


さとりん 2009年におぎの氏自身が描いてpixivに投稿した、古明地さとり(さとりん)のイラスト

 1冊の制作にかかる期間は約1カ月半。1週間かけてネームを作成し、作画担当者との打ち合わせを経て4〜5週間かけて完成させるそうです。コマ割りやせりふの修正が何度か発生するため、早め早めに手を打っているとのこと。

 政務との両立について聞くと、常に作業時間を意識して作るようにしているとのこと。本業が忙しくて時間が作れず、修羅場になることもありますが、作画担当の苦労を想像し、歯を食いしばって耐えるのだそうです。「なぜそこまでするのかといえば、『好きだから』としか言いようがない」とも。「嫌ならやりません」とすっぱり言い切っていました。

 作品は読者から「分かりやすい」「漫画にしてくれれば読める」と好評。イベント会場に「大田区民です」と名乗って訪ねてくれる人もいるそうです。

 なお、現在では製作費やイベント参加費に、政治資金は一切使っていないとのこと。最初は寄付を受けた額や自己資金から政治資金という形で出していましたが、今では政治資金とは完全に切り離して、経理を処理しているそうです。政務活動費も使用していないそうです。

 最後に、ほかにコミケに参加している議員はいるのかと聞くと、「知っています(苦笑)」との回答。サークル参加する者、スタッフ参加する者、実名を出す者・出さない者、人それぞれだそうです。何気なく会場であいさつした人が、実は現職議員だったなんてこと、案外ありそうですね。

 おぎの氏は公式サイトで、政策を伝えるオリジナル漫画も公開しています。子どもの貧困対策や羽田空港新飛行ルート、動物愛護問題などさまざまな話題を取りあげています。


もこすみ


もこすみ 「身を切る改革」を漫画で主張。こちらは高校時代の同級生が作画を手がけているそうです

もこすみ レポートも漫画形式

 ちなみにおぎの氏が区議を務める大田区は、同氏によると「コスプレ発祥の地の一つ」。10月には区が事務局となり、コスプレコンテストや同人誌即売会を含むイベント「蒲田国際フェスティバル2018」が開催されます。ゲストとしてアニメ監督の大張正己さんや同人サークルのA-Oneさん、豚乙女さん、COOL&CREATEさんなどが参加予定。おぎの氏も公式サイトで、「コスプレ参加しようかなあ」とコメントしており、コスプレ姿が見られるかもしれません。

画像提供:おぎの稔


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2312/08/news180.jpg ミス東大の水着グラビアデビューに「東大まで行って」と失望の声 本人&現役グラドルも加わるネット論争に
  2. /nl/articles/2312/08/news148.jpg DAIGOの姉・影木栄貴、ノーメイク姿の姉弟ショットで美形ファミリーぶり際立つ 「目元瓜二つ」「すっぴんでも綺麗」
  3. /nl/articles/2312/09/news008.jpg ゲーム中も寝るときも……大好きなママから片時も離れない元野良ネコ 無防備すぎる寝顔が本当の子どものよう
  4. /nl/articles/2312/09/news030.jpg 飼い主、猫ちゃんの様子を見に行くとPCの前に座っていて……? 衝撃の展開に「独学で学んだ…?」「見なかったことにw」
  5. /nl/articles/2312/08/news013.jpg 愛猫が息を引き取る直前「ありがとう、楽しかったよ」と声を掛けたら…… 家族みんなが久々に集った夜の奇跡に涙
  6. /nl/articles/2307/04/news021.jpg 息子に「ラーメンでも適当に作って食え」→男子高校生らしい自作ランチが「天才」「ヨシ!」と大好評
  7. /nl/articles/2312/08/news109.jpg 小木博明の妻、52歳のサプライズ誕生日会に「負荷などありましたが嬉しくて」 “母”ら豪華メンバー集結に「みなさんいい笑顔」「ハッピーで最高」
  8. /nl/articles/2312/09/news012.jpg 12歳のシニアワンコをドッグランに放ったら…… 目を疑う脚力にびっくり「カメラが追いつけない」「愛されてるんだなぁ」
  9. /nl/articles/2312/09/news002.jpg 「ちいかわ」知らない母が“ガチャ”挑戦→「変なの出てきた」と思わず泣き顔…… 珍エピソードに「笑った」
  10. /nl/articles/2312/05/news140.jpg どこの温泉地に行くか迷ったら…… 「行きたい温泉が見つかるチャート」が参考になると話題に
先週の総合アクセスTOP10
  1. オール巨人、30年モノな“伝説の1台”に自負「ここまでキレイな車はない」 国産愛車の雄姿に称賛の声「気品がある」「凄くエレガント」
  2. 「明らかに写真と違う」 東京クリスマスマーケットのフードメニューが物議…… 購入者は落胆「悲しかった」
  3. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  4. 田中みな実、“共演した姉”の存在に反響「居るとは聞いていたけど」「激似やなぁ」 すらっとしたたたずまいに「品のあるお方」
  5. 藤本美貴、“全然かわいくない値段”のテスラにグレードアップ スマホ一つでの注文に「震えちゃ〜う!」
  6. マックで「プレーンなバーガーください」と頼んだら……? 出てきた“予想外の一品”に驚き「知らなかった」
  7. 伊藤沙莉、“激痩せ報道”の真相暴露→広瀬アリスの株が上がってしまう 「辱めったらない」告白に「アリスちゃん、ええ人や〜」
  8. 「あなたは日本人?」突然送られてきた不審なLINE、“まさかの撃退方法”に反響 「センス良い」「返しが秀逸」
  9. “鬼ダイエット”で激やせの「Perfume」あ〜ちゃん、念願の姿に「着れる日が来るなんて」と大喜び
  10. 900万再生のワンコに「電車で笑ってしまった」「つられてめちゃくちゃ笑っちゃうw」 “突然魔王になった犬”に腹を抱える人続出
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「酷すぎる」「不快」 SMAPを連想させるジャンバリ.TVのCMに賛否両論
  2. 会話できる子猫に飼い主が「飲み会行っていい?」と聞くと…… まさかの返しに大反響「ぜったい人間語分かってる」
  3. 実は2台持ち! 伊藤かずえ、シーマじゃない“もう一台の愛車”に驚きの声「知りませんでした」 1年点検時に本人「全然違う光景」
  4. 大好物のエビを見せたらイカが豹変! 姿を変えて興奮する姿に「怖い」「ポケモンかと思った」
  5. 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  6. 西城秀樹さんの20歳長男、「デビュー直前」ショットが注目の的 “めちゃくちゃカッコいい”声と姿が「お父さんの若い頃そっくり」「秀樹が喋ってるみたい」
  7. “危険なもの”が体に巻き付いた野良猫、保護を試みると……? 思わずため息が出る結末に「助けようとしてくれてありがとう」【米】
  8. 「やばい電車で見てしまった」「おなか痛い、爆笑です」 カメがまさかの乗り物で猫を追いかける姿が予想外の面白さ
  9. おつまみの貝ひもを食べてたら…… まさかのお宝発見に「良いことありそう」「すごーい!」の声
  10. 「3カ月で1億円」の加藤紗里、オーナー務める銀座クラブの開店をお祝い “大蛇タトゥー”&金髪での着物姿に「極妻感が否めない」