ニュース
» 2018年08月09日 16時40分 公開

バーチャル売り子「新刊300円です」 コミケの売り子をバーチャルにしてしまう天才が登場

天才の所業。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 「バーチャル売り子システム」なる新技術を発明してしまった人が登場しました。バーチャルYouTuberの躍進が目覚ましい今日このごろですが、なんとバーチャルキャラの活躍の場がコミケ会場にまで広がってしまったようです。

バーチャル売り子「新刊300円です」 コミケの売り子をバーチャルにしてしまう天才が登場 新刊ください!

 バーチャル売り子システムを制作したのは、Twitterユーザーの京介さん。机に設置したPCモニタにはバーチャルなキャラ(『ひだまりスケッチ』のゆの)が佇んでおり、手には新刊本が。

 キャラの動作はNintendo Switch用コントローラーの「Joy-Con」と連動しており、Joy-Conを上下に動かすことでバーチャル売り子も両腕を上下に動かし、新刊本をアピールしくれます。その上、Joy-Conのスティック操作に合わせてニコッと笑う機能や、マイクに向かって喋るとキャラの口も動くリップシンク機能も搭載。これは思わず新刊を買ってしまう……!

バーチャル売り子「新刊300円です」 コミケの売り子をバーチャルにしてしまう天才が登場 Joy-Conの動きに連動

 京介さんによると、制作期間はなんとたったの2日間。4月ごろから別名義でバーチャルYouTuberとしても活動をしているそうで、その際のノウハウが役立っているのだとか。入力デバイスにJoy-Conを選んだ理由は省スペースでの手軽さを優先したためで、Joy-Conを2個ではなく1個による操作にしたのも、サークルで普通に頒布作業をしているだけでバーチャル売り子がわちゃわちゃ動いてくれるようにするためだったとのこと。

 実は京介さんがサークルに展示物を設置するのは今回が初めてではなく、前回は『ひだまりスケッチ』の2次創作Androidアプリ「ひだまり荘VR」を制作。作中のアパートを3Dで再現し、VRで体験できる展示を行いました。今回バーチャル売り子には、前回制作した3Dモデルを流用したそうです。

バーチャル売り子「新刊300円です」 コミケの売り子をバーチャルにしてしまう天才が登場 去年制作した「ひだまり荘VR」。これが
バーチャル売り子「新刊300円です」 コミケの売り子をバーチャルにしてしまう天才が登場 こうなった
バーチャル売り子「新刊300円です」 コミケの売り子をバーチャルにしてしまう天才が登場 かわいい

 制作にあたって苦労した点を訪ねたところ、まずジャイロセンサーに施した工夫について教えてくれました。「Joy-Conは優秀なデバイスですが、小型なぶん精度もやや低く、ジャイロセンサーによくドリフト(静止させておいても少しずつ回転してしまう現象)が起こります」と、京介さん。そこで、回転軸のX軸、Y軸、Z軸のどの軸が一番ドリフトしにくいかを調べ、その1軸に絞って回転値を検出するようにしたのだとか。

 キャラの動きがJoy-Conときれいに連動して見えるのでなかなか気付きませんが、ジャイロセンサーからは実は上下に回転する軸からしか動きを読み取っていないのだそうです。「左右の動きはジャイロではなく、別の加速度などの値からそれっぽく動かしています」とのこと。

 もう1つこだわった点として上げられたのが、「実在感(プレゼンス)」。キャラが単に腕だけを動かしたのでは不自然になるため、体全体の動きにもこだわりがありました。あくまでも「売り子」のため、頭の向きが変わっても目だけは一般参加者のほうを向くよう設定されており、胴体や頭は同人誌の方向を少しずつ向くようにスクリプトが入れられているそうです。そんなところまで工夫されていたとは。

バーチャル売り子「新刊300円です」 コミケの売り子をバーチャルにしてしまう天才が登場 表情豊か

 今回は新刊本のページ数が予定よりも減ってしまったそうで、京介さんは「本は薄いけど、展示物で楽しんでいってもらえたら」と夏コミへの意気込みを語っていました。バーチャル売り子には、夏コミ2日目の「西る-25a」で会えます。

取材協力:京介(@KY_kyousuke)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」