ニュース
» 2018年08月22日 22時08分 公開

台風の今後の見通しと警戒点

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp


 きょう22日正午、日本の南の海上の台風20号が「非常に強い」勢力になりました。今後、台風はほぼ勢力を維持した状態で、あす23日からあさって24日に西日本にかなり接近し、上陸の恐れがあります。エリアごとの警戒時間帯、予想される雨や風の強さを確認しましょう。

警戒時間帯(西日本)

 先に接近している台風19号の影響で、九州北部地方は既に影響が出ています。台風20号が北上し、四国ではあす23日昼ごろから局地的に雷を伴った猛烈な雨の降る恐れがあります。台風本体の雨雲がかかる23日午後は次第に近畿地方や中国地方でも雨や風が強まります。最新の進路予想の中心を進むことになれば、23日夕方から夜遅くにかけて四国地方に最も接近し、上陸する恐れがあります。

警戒時間帯(東日本)

 台風の北側の雨雲がかかり、東海ではあす23日の午前中には雨脚が強まり始めます。台風の予想進路の東側にあたる関東も非常に湿った空気が流れ込み、午後は甲信地方や関東地方の山沿いを中心に激しい雨の降る所がありそうです。台風がかなり接近するのは、東海地方に23日夜のはじめ頃から24日明け方に、北陸地方24日未明から朝にかけてです。ただ、台風が通過した後も湿った空気が流れ込み、所々で活発な雨雲がかかります。

予想される雨

 あす23日午後6時までに予想される24時間雨量はいずれも多い所で四国地方と東海地方で300ミリ、近畿地方で250ミリなどです。また、あさって24日午後6時までに予想される24時間雨量はいずれも多い所で四国地方で600ミリから800ミリ、近畿地方で400ミリから600ミリなどとなっています。特に雨量が多くなる傾向なのが、四国山地や紀伊山地などの南東側斜面で、台風19号からの雨量を合わせると局地的に総雨量が1000ミリを超え、土砂崩れや川の氾濫などの危険性がかなり高くなる恐れがあります。

高潮にも厳重な警戒を

 今は年間でも潮位が高い時期です。台風20号の接近と満潮時刻が重なりますと潮位がかなり上昇し、高潮の恐れがあります。

 先月下旬の台風12号が東日本に接近した際には静岡県熱海市で高潮によるものとみられる被害がありました。

 今回は、西日本を中心に、特に瀬戸内海で高潮の恐れがあります。

 沿岸部にお住まいの方は満潮時刻を中心に高潮や高波による越波(えっぱ)や道路冠水などに警戒して下さい。

情報は常に新しいものを!

 今回の台風は強い勢力を維持した状態で、あす23日午後からあさって24日に西日本に接近・上陸する恐れがあります。雨や風のピークが予想よりも前後したり、影響が拡大することも想定する必要があります。気象情報や交通情報、自治体から出される情報は常に新しいものをご確認ください。

関連リンク

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.