ニュース
» 2018年09月26日 18時00分 公開

「お手」→無反応 「コタツ」→「ズボァッ」 寒がりワンコの反応を描いた漫画がクスっとくる

なんとも言えない“無言の圧”もかわいい。

[k村,ねとらぼ]

 大好きな「コタツ」に大きく反応してしまうあまり、なんとも言えないシュールな表情を見せるワンコの漫画がTwitterで公開されています。



 漫画家の道雪 葵(@michiyukiaporo)さん(関連記事)がTwitterに投稿したのは、寒がりな愛犬、トイプードルのクーさんの冬の様子を描いたもの。一見フカフカで暖かそうなトイプードルですが、じつはシングルコートと呼ばれる下毛のみの構造で寒さには弱いんだそうです。そのためとっても寒がりで、冬の朝は「着せてくれ」と自らダウンベストを引きずってご主人のもとに持ってくるんだとか。ワンコにもこんなに寒がりな子がいるのね……!


ALT クーさん「これ着せてください……! お願いします……!」

 いつものようにダウンベストを着こみ、電気ストーブの前にジッと座り暖をとるクーさん。ブルブルと寒さに耐えて小さく震える姿は、飼い主さんが「なんか哀愁ある背中だな……」とつぶやいてしまうほど。するとそこにお父さんが登場し、「今朝は冷えるなぁ。そろそろアレ出すか」「コタツ」とつぶやきます。するとクーさん、「コタツ」という単語を認識しているのか、全力で振り返って反応。そう、日本の全国民が冬の暖房器具としてあいしてやまないあの「コタツ」に、寒がりなクーさんも夢中なのです。


ALT ひとたび入ってしまえばそのぬくもりの虜になってしまう「コタツ」に超反応を見せるクーさん

 家族でコタツを組み立てている最中も、クーさんは待ちきれないのかそのまわりを落ち着きなくウロウロ。組み立てが終わり、道雪 葵さんが「よーし 組み立て終わった」「あとは電源を……」と一息ついた瞬間、待ちきれずにすごい勢いで「ズボァッ」とコタツの中へと突入してしまいます。その行動に、思わず無言になってしまう道雪 葵さん。クーさんのコタツへの止まらない愛に、若干引いてしまっている表情です。


ALT 待ちきれない止まらない……!

 コタツに突入後ゴソゴソと音をたてたクーさんですが、予想とはちがった状況に「おや……? なにかがおかしい」と思ったのか、「シン……」と静かになる瞬間が。そしてコタツからスボっとお顔だけ出すと、道雪 葵さんにまるで「ちっとも温かくないんですけど……!?」と訴えかけるような、なんとも言えない表情を見せてきます。これぞ無言の圧力……! これには、道雪 葵さんも「まだコンセント入れてないんですよ……」と冷静にツッコミ。読んでいるこちらも、「クーさん、コタツが温かくなるには電気というエネルギーが必要でな……!」と説明したくなってしまう、とってもシュールな表情でした。


ALT 「話がちがうんですけど……!?」とでも思っているのかな


 「お手」には反応せずとも、大好きな「コタツ」には瞬時に反応してしまうクーさんに思わずクスっとしてしまいます。漫画対してTwitterでは「うちの犬と一緒だ」「コタツの魔力には犬もかなわないのか……!」「寒さに耐える姿、応援したい」などの感想が寄せられ話題に。道雪 葵さんのTwitterアカウントにはほかにも、クーさんとの日常を描く漫画が多数投稿されています。また、pixivコミックでは「うちのトイプーがアイドルすぎる。」というタイトルの漫画が連載中です。



ALT 魔性のメス犬・モカにメロメロ

ALT メスを意識したお顔を見せるクーさんにちょっとショックを受ける飼い主さん

ALT 息子に彼女ができた感覚と同じなのかな

ALT まさかの大型犬まで……! モカちゃんのフェロモン、分けていただきたい


ALT 女の子になでてもらえるとおもいきや……?

ALT なかなか触ってくれず

ALT 「ラムネ」の一言で女の子が豹変!

ALT クーさんの幼女キラーとしての戦いは続く……

画像提供:@michiyukiaporoさん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  2. /nl/articles/2205/16/news173.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者が「使用料の支払いは不要」 権利は保持すると主張
  3. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  4. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  5. /nl/articles/2205/17/news016.jpg “はじめてのお散歩”にドキドキの子柴犬 二足立ちで飼い主にしがみつく姿がいとおしくてキュンとする
  6. /nl/articles/2205/16/news041.jpg 息子くんにかまってほしい元野良の子猫、必死にスリスリすると…… 抱きしめられる相思相愛な姿に癒やされる
  7. /nl/articles/2205/16/news157.jpg 亡くなった伯父から預かったSDカードを開いたらとんでもないものが―― 戦中・戦後の貴重なモノクロ写真が1万点以上、「これはすごい」と注目の的に
  8. /nl/articles/2205/16/news022.jpg 胸ポケットから保護子猫が「ひょこっ」 動物病院で目撃された光景に「キュン死させるつもりですか」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  10. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声