コラム
» 2018年10月02日 11時00分 公開

【マンガ】「お酒を飲むと顔が赤くなるあの現象、英語でいうと必殺技っぽくなる」って知ってた?

でも、そんなに強くなさそう。

[ねとらぼ]

 大人になると、時折話題になる「お酒を飲んだら、どうなるか」。笑いが止まらなくなる、泣き出してしまう、すぐに寝てしまう……とさまざまなケースが考えられますが、多くの日本人に共通しているのは「顔が赤くなる」というものです。

 実は英語圏でも「酔って顔が赤くなる」という現象は知られているものの、ちょっと珍しいのか、日本では聞かない名称が使われています。

解説

 お酒を飲んで顔が赤くなる現象は、英語で「Oriental flush(オリエンタルフラッシュ)」「Asian flush(アジアンフラッシュ)」などと呼ばれています。閃光などを指す「flash」につづりがよく似ていますが、「flush」は顔が赤くなることを意味し、直訳するなら「東洋の赤面」といったところでしょうか。

 海外のWebサイトを見ると「東アジア系の人々によく見られる現象で、アセトアルデヒド(※)を分解する酵素の欠損により起こるもの」などの解説が。日本の飲み屋なら顔が赤くなっている人はすぐに見つかりますが、欧米ではあまり目にする機会がないのか、「深刻な日焼けのような感じになる」と、わざわざ例え表現を使っていることもあります。

※アセトアルデヒド:飲酒時に発生する有害物質。「ALDH2」という酵素で分解されるのだが、モンゴロイド系は、遺伝的にALDH2が弱かったり欠けていたり場合がある。

 ちなみに、オリエンタルフラッシュの症状として、さらに吐き気や頭痛を挙げたり、「これらの症状が現れる人は、飲酒によるがんのリスクが高まる」と記載したりしている記事もチラホラ。基本的には“体に良くない反応”と捉えられているようです。

おまけマンガ



他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/15/news130.jpg ソフトクリームを機械から直接口へ―― 焼肉店アルバイトが「不適切動画」投稿で炎上
  2. /nl/articles/2104/12/news082.jpg 「え!? 来週から…出社…ですか?」 リモートになって念願の猫をお迎えした人が“退職願”を出す漫画がやさしい世界
  3. /nl/articles/2104/15/news069.jpg いったい何があったんだ 「ガンバレルーヤ」よしこ、チーママ時代の姿が食い違いすぎて「ほんとに誰?」なレベル
  4. /nl/articles/2104/16/news013.jpg 飼い主「それはムリでしょ……」 明らかにサイズオーバーの箱に入ってドヤ顔しちゃう猫ちゃんがかわいい
  5. /nl/articles/1908/27/news096.jpg 化粧でだいぶ変わるな! 「ガンバレルーヤ」よしこ、ドラマ出演で普段と180度違う姿を披露
  6. /nl/articles/2104/16/news148.jpg 改札にかざすとクウガやファイズに変身! SuicaやPASMOがライダーベルトに変わる「PIICA」、プレミアムバンダイで予約受付中
  7. /nl/articles/2104/16/news129.jpg 「いつでも“GetWild退勤”できるボタン」が商品化 押すと状況に合った曲が流れるカプセルトイ、5月下旬発売
  8. /nl/articles/2104/17/news036.jpg ガンプラ用の塗装ペン「ガンダムメッキシルバー」がピカピカに塗れてすごいと話題 プラスチック製スプーンが塗っただけで輝く!
  9. /nl/articles/2104/17/news003.jpg 猫「ぎゃああああ!!!」 元ボス猫が謎のおもちゃにビビって逃げる姿に「最強の猫よけおもちゃ」と笑いが集まる
  10. /nl/articles/2104/15/news090.jpg 「似合っててカッコいい」 ゆりやん、金髪へのイメチェンでクールなキメ顔 38キロ減の快挙には「全然まだ太い」と本音も