コラム
» 2018年10月18日 11時00分 公開

【マンガ】白夜をビャクヤと読むのが、数十年前まで“誤り”とされていた理由

本来の読み方は別にある。

[ねとらぼ]

 夜になっても太陽が沈まない現象を「白夜」と書きますが、あなたはこの熟語、何と読んでいますか?

 きっと、ほとんどの人が「ビャクヤ」と答えるはずですが……この読み方、かつては“誤読”とされていたのだとか。

解説

 白夜の本来の読み方は「ハクヤ」。現在のようにビャクヤが定着したのは、1960年代のヒットソング「知床旅情」の登場以降といわれています。この曲中には「はるかクナシリに 白夜(ビャクヤ)は明ける」という歌詞があり、音楽の流行を通じて“誤った読み方”が広まったというわけです。

 NHKのアンケート調査によると、1980年時点で白夜をビャクヤと読む人が9割超に。「知床旅情」の発表から20年足らずで“誤読”が一般化してしまったことになります。今ではニュースなどでもビャクヤが採用されており、本来の読み方・ハクヤを使うと、かえって読み間違いと思われるかもしれません。

 ちなみに、白夜の発生地域とされているのは北緯66.6度以上。「はるかクナシリに 白夜(ビャクヤ)は明ける」という歌詞は「遠くの国後島で白夜が明ける」と読み取れますが、同島は北緯43〜44度に位置するため、本当に白夜が起こることはないといいます。

主要参考文献


おまけマンガ



他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」