ニュース
» 2018年10月25日 09時30分 公開

PS4スパイダーマンはなぜ神ゲーとなったのか、重症オタクが語る「ダン・スロット」という文脈(1/4 ページ)

意外と語られていないPS4「スパイダーマン」のシナリオについて、スパイダーマンのマニアに「どこがすごいんですか?」と聞いてみました。

[しげる,ねとらぼ]

 9月7日に発売されて以来、大評判となっているPS4向けビッグタイトルMarvel's Spider-Man。10月23日には追加DLC第1弾「黒猫の獲物」もリリースされ、相変わらずマンハッタンの摩天楼をウェブスイングで飛び回っている人も多いことだろう。



 このゲーム、実はシナリオから細部に至るまで、スパイダーマンマニアの強烈なこだわりと情報量が込められた作品なのだが、皆が口をそろえて絶賛する「移動(ウェブスイング)の楽しさ」に比べると、「シナリオ」面から評価しているレビューはあまり見かけない。内容がマニアックすぎて、原書をしっかり読み込んでいないとイマイチ把握できないのだ。

 というわけで、ここではTwitterで今回のゲームに関して独特の知見を放出していたコミックマニアのP.Pさん@downclown99)に、「『Marvel's Spider-Man』ってどこがすごいんですか?」という点を伺った。その結果判明したのは、「プレイヤー自身が狂信的スパイダーマンオタクのクリエイターによって、知らないうちにスパイダーマン世界に組み込まれていた」という、驚きのスパイダーマン体験の全容だったのである。


スパイダーマン 「Marvel's Spider-Man」パッケージ(Amazon.co.jpより)

 なお、このインタビューは「ゲーム発売から1カ月以上経過しているし、そろそろいいでしょ……」ということで、ゲームおよびスパイダーマンの関連コミックに関してネタバレ全開となっている(あと、なぜか『メタルギアソリッド2』のネタバレも含まれている)。未プレイの人は注意してほしい。

※以下、書影およびパッケージ画像はAmazon.co.jpまたはAmazon.comから



インタビューした人:しげる(@gerusea)

しげる プロフィール

岐阜県生まれのライター。プラモデル、アメリカや日本や中国のオモチャ、制作費がたくさんかかっている映画、忍者や殺し屋や兵隊やスパイが出てくる小説、鉄砲を撃つテレビゲームなどを愛好。アメコミは「アメリカのオモチャを買って遊ぶための元ネタとして読む」という不純な動機で嗜んでいるので、知識が薄い上に頭の中の情報が90年代くらいの時点で止まっている。



インタビューされた人:P.P(@downclown99)

P.P プロフィール

映画「スパイダーマン」シリーズからスパイダーマンに触れ、その後他の翻訳などにも手を出すように。もともとは『アルティメット スパイダーマン』など平行世界の作品ばかり追っていたが、2013年に本筋のスパイダーマンが殺されたため、本筋も併せて追うように。誤算だったのは、スパイダーマンを殺したライターが度を越したスパイダーマンオタクだったため、彼に打ち勝つためには生半可なスパイダーマン知識では立ち向かうことが許されなかったこと。かくして、彼のスパイダーマンを読み下すべく、読めるスパイダーマンは片っ端から読んでいったが、まだまだ知らない世界が広がっていたため、ダン・スロットに追い付けそうにない。



異なる世界線の作品が並行する、複雑怪奇なスパイダーマンの世界

―― そもそもP.Pさんがスパイダーマンにはまったきっかけって何だったんですか?

P.P:もともとはサム・ライミの映画「スパイダーマン2」が入り口でした。そこからコミックの『アルティメット スパイダーマン』をずっと読んで、その後本誌の『アメイジング スパイダーマン』に行って、そこからずっと読んでますね。


スパイダーマンスパイダーマン 『アルティメット・スパイダーマン』(左)と『アメイジング スパイダーマン』(右)

スパイダーマン 今回、参考資料としてP.Pさんが持参してくれた原作コミック(のほんの一部)

―― 『アルティメット』? 『アメイジング』……? このあたりの違いからまず説明いただけますか。

P.P:今、『スパイダーマン』関連の雑誌って、1冊22ページのものが毎月3〜4冊発売されているんです。一応本筋のストーリーラインが『アメイジング スパイダーマン』で、その他に派生作品が数本、別の雑誌として刊行されています(※1)。 日本のコンテンツで例えると、同じ「Fate」シリーズでも「Fate/stay night」とか「Fate/Apocrypha」とかが並立している感じというか、『進撃の巨人』と『進撃! 巨人中学校』が同時に発行されている感じというか。

※1:アメコミでは出版社がキャラクターの権利を持っているのが一般的で、このため同じ『スパイダーマン』でも、さまざまな作家からさまざまな作品・シリーズが刊行されている

 現在刊行されているのは、本筋の『アメイジング スパイダーマン』、 ピーターの日常を描く『ピーター・パーカー:ザ・スペクタキュラー・スパイダーマン』、MJと結婚して子どもをもうけた平行世界の『アメイジング スパイダーマン:リニュー・ユア・バウズ』、そして今年の大型イベント『スパイダーゲドン』(※2)とその関連誌です。

※2:歴代スパイダーマンが一堂に会することで話題になった『スパイダーバース』の続編で、PS4版スパイダーマンも登場する


スパイダーマン 『スパイダーバース』に続き、再びさまざまな世界のスパイダーマンたちが集結する『スパイダーゲドン』

―― なるほど。別の世界線のスピンオフとかが本筋と並行して毎月刊行されているんですね。日本でリアルタイムのコミックに追い付こうとした場合、どうやって読んだらいいんでしょう。

P.P:一番手っ取り早いのは電子書籍ですね。全部英語ですけど、配信のタイミングはアメリカと変わらないので。あとは洋書を扱っている書店に行くくらいしか方法はないです。

―― 今回のゲームのスパイダーマン、映画とかに出てきたのとはかなり設定が違っていてびっくりしました(※3)。なんか白衣着て研究者みたいなことやってるし。

※3:今作のピーターは、スパイダーマン活動を初めて8年目という設定。普段はオクタヴィアス・インダストリーズでオクタヴィアス博士の研究助手を務めている


スパイダーマン オクタヴィアス・インダストリーズで働くピーター

P.P:スパイダーマンは作品ごとに設定が異なることがあります。映画とかアニメでは学生でカメラマンのアルバイトをして生計を立てているって設定が多いので、今回のは驚かれた方もいるかもしれませんね。

―― そういういろんなスパイダーマンって、同じ世界に同時に存在しているんですか? それともパラレルワールドのような……。

P.P:平行世界の数だけ、いってしまえば作品・歴史の数だけ、スパイダーマンはいます。関係としては、ちょっと前までの仮面ライダーの世界観が一番近い気がします。

 昭和ライダーみたいにずっと続き物となっていることもあれば、平成ライダーみたいに平行世界になっているものもある。平成ライダーでも、劇場版になると設定が調整された平行世界ものになったり、続き物として本編に反映されることもある。そのため、今回のゲームも特にコミック『アメイジング スパイダーマン』誌にはつながっていませんが、スパイダーマンであるのには変わりがありません。

―― 漫画の劇場版が作られると部分的に設定が変わる、みたいなことがアメコミでは頻繁に起こっているんですね。ちなみに今、本筋のコミックのピーターはどんな感じなんでしょう?

P.P:ピーターはしばらく前まで、Dr.オクトパスに体を乗っ取られて死んでいたんですけど……。


スパイダーマン Dr.オクトパスとの入れ替わりが描かれた「アメイジング スパイダーマン #698」

―― えっ、ちょっ、どういうことですかそれ。

P.P:体をDr.オクトパスに乗っ取られていて、外見はピーターなんだけど中身がDr.オクトパスだったんです。それでオクトパスがしばらくスパイダーマンとして活動していた

―― は!?

P.P:で、乗っ取っている間にオクトパスは大学で博士号を取ったり、パーカーインダストリーズっていう会社を立ち上げたりしてやりたい放題やっていたんですけど、いろいろあって体をピーターに明け渡して元に戻ったんです。その後オクトパスも復活して自分の会社を取り返そうとするんだけど、それをピーターが会社ごと破壊して阻止しました。


スパイダーマン ピーターの体を乗っ取ったDr.オクトパスを主人公に、新たなシリーズとしてスタートした『スーペリア・スパイダーマン』

―― は〜、大変なことになっていたんですね。ピーターっててっきりカメラマンをやってるものだと思っていました。

P.P:ピーターは過去、雇い主だったデイリー・ビューグルのJ・ジョナ・ジェイムソンのために記事を捏造(ねつぞう)したことがあって、それがバレて仕事を干された上にブラックリストに載せられちゃったんですよ。その後シンクタンクのホライゾンで研究員として働いてたんですけど、先述の体を乗っ取られているうちにいつの間にか社長に。でも、その会社も自分で破壊してしまったので、今度は同じビューグルのジョー・ロバートソンっていう上司からビューグルのサイエンスエディターの仕事をもらうんですけど、その仕事も「ピーターの中身がオクトパスだった時に取った学位によってもらえたもの」だったので……。

―― あ、ということは……。

P.P:その後生き返ったオクトパスに「あいつの学位は俺が取ったやつ」ってバラされて、サイエンスエディターの仕事も結局クビになりました。それで一時期無職だったんですけど、今は大学に戻ってリザードっていう、見た目がトカゲだけど中身は科学者っていう元ヴィランのところでティーチングアシスタントやってます。

―― いろいろ苦労してるんですね、ピーター……。


世界で最もガチなスパイダーマンオタク、ダン・スロットとは


       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」