コラム
» 2018年10月19日 11時00分 公開

【マンガ】「大人になると骨の数が300本以上→約206本に減る」って知ってた?

そのうち、タコみたいな体に……なるわけではない。

[ねとらぼ]

 体を支える役割などを持っている人間の骨。生まれたときから体に備わっており、赤ちゃんの骨の数は300本以上といわれています。

 しかし、骨の数は大人になると大きく減ってしまうものなのだとか。……それって、大丈夫なんです?

解説

 赤ちゃんの骨が300本以上あるのに対して、大人の骨は約206本といわれています。これは年をとると骨が体内から消えてしまう……のではなく、成長するにつれて骨同士がくっつくことで起こるといいます。

 「約206本」と少しあいまいなのは、人によって骨のくっつき方などが異なるため。例えば、尾てい骨の数は3〜5個と個人差があるそうです。

主要参考文献


おまけマンガ



他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.