星座は全部でいくつあるのか?

数え方が難しい。

» 2018年10月23日 11時30分 公開
[QuizKnockねとらぼ]

 皆さんは星占いとかって気にする方ですか? 筆者は自分が良い運勢のときだけ信じます。

 こんな風に占いに使うのは12星座ですが、夜空を見上げるとほかにもたくさんの星座がありますよね。全部でいくつあるのかご存じですか?


黄道12星座

 まず星占いに使う12星座の話から始めましょう。これらをまとめて「黄道12星座」と呼びます。

 黄道とは、簡単に言うと太陽の通り道のことです。地球から見た太陽の位置は季節によって少しずつ変わりますが、これを1年分つないだものが黄道です。

 この黄道上に並ぶ12個の星座が黄道12星座です。全部言えますか?



 おひつじ座、おうし座、ふたご座、かに座、しし座、おとめ座、てんびん座、さそり座、いて座、やぎ座、みずがめ座、うお座。

 これが皆さんにもおなじみの星占いの12星座なのですが、実は黄道上にはもう1つ星座があります。

 それが「へびつかい座」です。さそり座といて座の間に位置します。これを入れた13星座占いというものもあるそうです。



 では、なぜ一般的な星占いにへびつかい座が入っていないか。へびつかい座が黄道にかかっているのはほんの一部だけで、伝統的な西洋の占星術では扱われてこなかったのです。詳しくはこちらの記事「13星座占い」「へびつかい座」って結局何だったの? 天文学と西洋占星術から見る星座占いをご覧ください。


全天88星座

 さて、星占いの12星座の話は終わりましたが、ほかにも星座はたくさんあります。有名なところだと、冬に見えるオリオン座とかですかね。

 では全部でいくつあるのか? 正解から言ってしまうと88個です。

 そもそも星座というものが生まれたのは、今から5000年ほど前のバビロニア(現在のイラクの辺り)だとされています。

 星は季節によって見えるものが異なりますから、古代より種まきや収穫などの時期を知る手掛かりになりました。また船によって遠くまで航海する時には、星によって方角を知ることができます。

 このように星からさまざまな情報を得ていた人々は、めぼしい星を線で結んで動物や道具、神様の姿に見立てるようになりました。これが星座です。

 しかし、これでは個人個人が勝手に星座を作れるし、国や地域によって違う星座が生まれることになります。どうして88個と言い切ることができるのか疑問ですよね?

 これまた正解から言ってしまいますが、そう決まっているからです。

 「何だそりゃ?」と思われるかもしれませんが本当にそうなんです。


複雑な星座の数え方

 1928年、国際天文学連合によって全世界共通の88個の星座が定義され、現在までそのまま使われています。星座ごとに学名やアルファベット3文字の略称も定められています。

 16世紀くらいまでは48星座というのが基本でした。これは2世紀ごろのギリシャの天文学者・プトレマイオスが整理したもので、「トレミーの48星座」と呼ばれます(「トレミー」はプトレマイオスの英語名)。

 大航海時代に新たな星が発見されるなどの理由で現在までに数が増えていますが、48星座は1つを除いて全て存続しています。2000年近く前の人物でありながらプトレマイオスの影響力の強さが分かりますね。

 ちなみに存続していない唯一のトレミー星座がアルゴ座(アルゴ船という古代ギリシャの船の形)なのですが、これは4つに分割されて現在ではとも座、ほ座、らしんばん座、りゅうこつ座とそれぞれ船の一部の名で呼ばれています。

 さて長くなりましたが、ともかく星座の数は88個ということで一件落着……ではありません。実は2つで1つの星座があるのです。

 それが「へび座」。

 先にも話したへびつかい座があやつるへびが、この「へび座」です。頭の部分としっぽの部分に完璧に分かれているのですが、セットで1つの星座として設定されています。

 ということは実質星座は89個? でもアルゴ座が1つなら86個だし……?


まとめ

 星座はいくつあるのか? いろいろ考えていると正解が分からなくなってきました。一番無難な解答は88個でしょう。

 でも今回の記事で、たった1つの数字に決めるのは難しいということは分かってもらえたと思います。12星座と思いきや13個目があったり、88星座と思いきや89個っぽかったり。そもそも昔は48星座だったり。

 誰しも夜空で星座を探したことはあると思いますが、そんな身近なものでも網羅しようとするのは大変ということですね。知の探究には終わりはありません。

制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/22/news104.jpg 「これは凶器」 祭りで購入した“とんでもない”フライドポテトが420万回表示 「主治医に怒られるレベル」
  2. /nl/articles/2407/24/news013.jpg 深海魚をさばいたら中から光り輝く“お宝”が……! 驚くべき正体に「何これー!!!」「すごくキレイ」
  3. /nl/articles/2407/23/news020.jpg ダイソーの“変な水槽”に魚を入れたら…… 意外な発見に「綺麗」「買いに行きます!」の声続々、驚きのアイデアが話題
  4. /nl/articles/2407/23/news125.jpg 「ごめん本当キツい」 仲里依紗、“円安のあおり”で米ディズニーランドの入場断念へ……10年前の結婚時から“恐ろしい値段”「約倍になってんの」
  5. /nl/articles/2407/24/news014.jpg 庭で見つけた“変なイモムシ”を8カ月育てたら…… とんでもない生物の誕生に「神秘的」「思った以上に可愛い」
  6. /nl/articles/2407/22/news097.jpg 「花火どころではなかった」 雷雨で中止になった花火大会、雷のすごさが分かる画像に「中止にして良かった」の声
  7. /nl/articles/2407/24/news131.jpg 「やり方がとにかく汚い」プライベート画像流出に『Popteen』専属モデルが言及 「本当につらい」
  8. /nl/articles/2407/22/news083.jpg 「もうこりごりだ〜」 財布に新紙幣を入れたら…… “まさかのビジュアル”に爆笑 「昭和アニメのオチかな?」
  9. /nl/articles/2407/24/news050.jpg 小1の子どもに「オシャレノート」を買い与えたら“まさかの号泣”…… 納得の理由が「そりゃあ仕方ない」と810万回表示
  10. /nl/articles/2407/24/news007.jpg 母「お風呂、超リラックスできるようにしたから」→見に行くと…… 広がっていた“異空間”に「おもろすぎるwww」「クソ笑ったwwしんどい」
先週の総合アクセスTOP10
  1. プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  3. 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  6. 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  7. もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  8. アジサイを挿し木から育て、4年後…… 息を飲む圧巻の花付きに「何回見ても素晴らしい」「こんな風に育ててみたい!」
  9. スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  10. 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」