コラム
» 2018年10月27日 11時00分 公開

【マンガ】気にしてなかったけど、「ニックネーム」の「ニック」って何なの?

英語の不定冠詞の特徴から、現在のつづりになったとか。

[ねとらぼ]

 本来の名前とは別に、親しみを込めて使われる呼び名を意味する「ニックネーム」。名称の一種なのですから「ネーム」なのはともかくとして、「ニック」とは一体何なのでしょうか。

 今回は、英語に関する雑学をまとめてご紹介します。

今更だけど、ニックネームの「ニック」って何なの?

 「ニックネーム(nickname)」という言葉は意外に歴史が古く、誕生したのは14世紀初頭だといわれています。しかし、当時は「ekename」と書かれており、“どこかから「n」がやってきた”ことで「nekename」「nickname」とつづりが変わっていったそうです。

※「eke」の意味は、現代でいうところの「additional」「extra」などに相当。「ekename」を直訳すると「追加の名前」になる。

 では、「n」はどこからやってきたのでしょうか。英語の不定冠詞は、「an apple」のように母音の発音で始まる単語のとき、「a」ではなく「an」が用いられます。ekenameも「an ekename」と書かれていたそうなのですが、長い歴史のどこかで誰かが間違ったのか、言葉の切れ目がズレて「a nekename」に変化。不定冠詞についていた「n」が、名詞側に移ってしまったといわれています。



「緑のおばさん」は、英語でいうとめっちゃかわいくなる

 通学する子どもが、横断歩道を安全に渡れるようにする学童擁護員。日本では「緑のおばさん」と呼ばれることがありますが、これは「学童擁護員が緑色の制服などを着用していたこと」に由来するのだそうです。

 実は海外にも似たような愛称があり、英語圏では「lollipop lady/man(ロリポップレディー/マン)」と呼ばれているとか。この由来は「交通整理に使う棒の先端に、『STOP』などと書かれている丸い板が付いており、それが棒付きキャンディー(英語でlollipop)のように見えるから」だといわれています。



目の前が真っ暗になるのは「ブラックアウト」 では、「レッドアウト」「ブラウンアウト」は?

 戦闘機の急旋回などにより、体の下方向に強烈な重力加速度(G)がかかり、視界が真っ暗になることを「ブラックアウト」といいますが、このように視界が一色に覆われる現象は他にもあります。

 例えば、体の下方向にGがかかるとブラックアウトだけでなく、周囲が暗く見えたり色がなくなったりする「グレイアウト」が起こることがあるとか。これとは反対方向にGがかかって、視野が赤くなる現象は「レッドアウト(血液が頭部に集中、眼球が充血して起こる)」というそうです。

 また、以下のように、人体ではなく周囲の環境によって起こる「○○アウト」もあるそうです。

  • ブラウンアウト:航空機の着地時などに砂ぼこりが舞い、地上の様子が確認しにくくなる
  • ホワイトアウト:吹雪などで周囲の状況把握が難しくなる


他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」