ニュース
» 2018年11月10日 12時00分 公開

人体切断や空中浮遊で「戦う」! “ヤバい人たち”が集うマジックの世界大会では何が起こっているのか?(3/4 ページ)

[赤いシャムネコ,ねとらぼ]

 加えて、もちろん「技術のレベル」。斬新な技法だけではなく、マジシャンの業界では有名な技法でも、とてつもなく難しいことをうまくやっていたら評価が高くなります。

 あとは、マジックはもちろんお客さんが見るものですから、「ショーとしての完成度」も評価対象ですね。演技の構成や演出の上手さ、エンターテイメントとしての楽しさが評価項目になっています。


魅せる技術も評価対象

――技術点とありますが、マジックの場合「技術」と「ギミック(道具の仕掛け)」の区別はできるんですか?

 審査員が技術と思えば技術として評価されますし、ギミックと思えばギミックとして評価されます。その想像すらつかない場合は、審査員の知識を超えた新しい現象ということになりますから、それは「純粋な不思議」と言ってよいのではないでしょうか。

 もし純粋な技術を評価してもらいたい場合は、ギミックを使っていないことを審査員にアピールするのも重要です。

 例えば、レナート・グリーンというスウェーデンのマジシャンがいます。彼は1988年のFISMで大変不思議なカードマジックを披露したのですが、仕掛けのあるトランプを使っているのではないかと思われて入賞できなかったんですね。

 その雪辱を果たすため、3年後のFISMで彼は、トランプに仕掛けがないことを審査員に改めさせた上で同じマジックを披露したんです。結果は見事優勝でした。

 このように、本当は技術だけでやっているのにギミックを使っていると勘違いされることを、仲間内では「審査員バグ」と呼んだりしています。

――どういう演技がオリジナリティが高いと評価されるのでしょう?

 カップアンドボールというマジックを例にとりましょう。カップの中に入れた玉が消えたり移動したりする、昔からあるマジックです。

 2003年のFISMでは、これを透明なカップでやる人が現れて業界騒然となりました。今まで誰も見たことのなかった「透明カップアンドボール」は、ビジュアルが強くクリーンで、世界中で話題になったのです。

 最近では、このカップアンドボールはさらなる進化を遂げています。例えば、2人組でやる。途中で2人がケンカし、最後には仲直りするというストーリーに乗せて演技をします。

 あるいは、水槽にカップを沈めて演技をする。ボールの代わりに水中の空気の泡を使うのですが、泡がカップを移動するんです。最後はレモンの代わりに水草や金魚が出たりする。普通にやっていることを単に水中で行うのではなく、水の中だからこそできる現象を見せているというのがポイントですね。

――競技マジックにはトレンドはあるんですか?

 2012年に行われたFISMでは、ステージ部門の上位を「静かな演技」が占めていたんです。それから数年間はピアノ曲をBGMにした演技がはやりましたね。

 現象でいうと、2014年あたりから「じわじわ系」が増えました。シルクの色が変わるという現象でも、ぱっとは変わらず、端っこからじわじわと色が変わる。そういうトレンドは出ては消えての繰り返しですね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」