レビュー
» 2018年11月30日 11時00分 公開

「ボロッボロ……大丈夫かこれ」 東武鉄道がいろいろすごい「2機目のSL」を復元する理由 (3/3)

[岩城俊介,ねとらぼ]
前のページへ 1|2|3       

2019年明けから復元作業に着手

 復元チームは全20人。2020年冬の完了を目指し、1号機のC11 207が受ける中間検査作業後となる2019年の年明けからC11 1の復元作業に着手する計画です。

東武 SL大樹 C11型蒸気機関車 C11-1 東武鉄道 SL復元チーム

 「“これはすごいな”と。初見は……悪いところしか目に入らないくらい(笑)。でも、チームメンバーのやる気は十分。まず、ほぼバラバラにすることになる。復元作業においては当時の国鉄OBの方や大井川鐵道にも指導を仰ぎながら進め、日常の保守のみならず、SL全般の技術力を磨き上げていく」(東武鉄道車両部車両管理所 SL復元チームリーダーの須藤和男氏)

東武 SL大樹 C11型蒸気機関車 C11-1 南栗橋SL検修庫にも潜入
東武 SL大樹 C11型蒸気機関車 C11-1 広くてきれい
東武 SL大樹 C11型蒸気機関車 C11-1 天井にSLならではの排煙装置がある
東武 SL大樹 C11型蒸気機関車 C11-1 排煙装置は屋外の浄化システムにつながっている
東武 SL大樹 C11型蒸気機関車 C11-1 SLはこんなふうに検修庫へ入ってくる
東武 SL大樹 C11型蒸気機関車 C11-1 取り外されていた蒸気ドーム
東武 SL大樹 C11型蒸気機関車 C11-1 運転台の窓
東武 SL大樹 C11型蒸気機関車 C11-1 運転台
東武 SL大樹 C11型蒸気機関車 C11-1 C11 1が最後に活躍した釧路開発埠頭の方の記名が。1975年10月18日、おそらく引退したときのものではないかと
東武 SL大樹 C11型蒸気機関車 C11-1 運転台もどっぷりと年期が入っていた
東武 SL大樹 C11型蒸気機関車 C11-1 いい形のハンドル
東武 SL大樹 C11型蒸気機関車 C11-1 運転台の側面に「星にK」マーク。
東武 SL大樹 C11型蒸気機関車 C11-1 運転台の中に当時のシートが
東武 SL大樹 C11型蒸気機関車 C11-1 サビサビのファン
東武 SL大樹 C11型蒸気機関車 C11-1 引退時の最後のもの……(?)と思われる発着票
東武 SL大樹 C11型蒸気機関車 C11-1 特殊貨物検査票。高さ3メートル94センチ、幅2メートル94センチ、全長12メートル65センチであったことが書かれている
東武 SL大樹 C11型蒸気機関車 C11-1 「C11 1(型式C11)」のプレート
東武 SL大樹 C11型蒸気機関車 C11-1 復元に必要な、貴重な部品の数々

 こんなC11 1がどこまできれいになり、そして走るまでになるのでしょう。とても楽しみですね。2020年冬、無事に復元され、C11 207と並んで力強く走るC11 1の勇姿、その実現を楽しみに待ちましょう。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.