ニュース
» 2018年11月30日 15時19分 公開

公園で子どもではなくスマホから目を離さない父親 「自分の子は自分で見よう」と啓発する漫画に共感の声

物理的に子どもを連れて行くだけでなく危機管理もね!

[林美由紀,ねとらぼ]

 子どもが小さいと公園に遊びに連れて行く機会も多いものですが、その際に出会った“子どもを見ずにスマホを見る保護者”について描いたエッセイ漫画にTwitterで「わかる」「自分も体験した」と反響が広がっています。


スマホお父さん04 最低限子どもの居場所は把握して!

 作者の渋谷さん(@voxxx)がある日娘と公園に行ったところ、娘が幼稚園のお友達を発見して2人で遊び始めます。ところがお友達の保護者らしき人が近くに見当たりません。まわりを見てみると、ベンチに座り、子どもガン無視でひたすらスマホを見ている人がどうやらお父さんのよう。子どもがあちこち移動していてもスマホを凝視するその姿に、自分もスマホをいじることもあるけれど、子どもが今どこで何しているかくらいは把握してるのに……と疑問に思います。


スマホお父さん01 スマホばかり見てたら子どもは見れないよ〜

 子どもたちに「ママ遊ぼう」と言われ一緒に遊んでいると、そのお父さんは「あ…すみません」と一言声を掛けてくるだけで、すぐにスマホに視線を戻します。どれだけよその親を信用しているのか、犯罪に遭うことは考えないのかといろんな思いが頭をよぎる渋谷さん。その後も続けて遊んでいるとまたお友達のお父さんは「すみません、ありがとうございます」とお礼を言って来ましたが、すぐにスマホに戻るのでした。


スマホお父さん02 子どもと一緒に遊ばないの!?

 そういえば友人が自身の夫についてぼやいていた、と思い出します。「自分の子どもを公園に連れて行くだけでイクメンきどってさ〜。マジ連れてくだけなのにムカつくんだよね〜」と。渋谷さんは「子どもと遊ぶのはめんどくさいし、ダルいのわかる、スマホポチポチするのもわかる。でも、自分の子は自分で見よう!? それが親の責任だ」と漫画の中で結んでいます。


スマホお父さん03 子どもと一緒に遊ばないの!?

 育児中だって息抜きしたいし、自分の時間が欲しいし、子どもが勝手に遊んでくれるなら……とスマホをいじったり、他の保護者と会話したりすることもありますよね。でも、ケガをしたり、ケガをさせてしまったり、100%事故が起きないとは言い切れません。読者からは「似たような光景を見たことがある」「うちの夫が正にこれです」と同様のケースをあげる声が多く寄せられています。「スマホのほうが子どもの『今』よりよっぽど大事なんでしょうね」「スマホ見るなとは言わないが、両方見ようよ」と批判の声も。

 漫画ではお父さんの例が触れられていますが、お母さんはもちろん、その時に子どもを見ることを任された全ての大人が気に留めたい内容。小さな子の危機管理は親の責任、それに子どもの「今」は今しかありません。自分の子どもは自分でしっかり見よう、とあらためて気をつけたくなる作品でした。

 作者は、渋谷さえら(@voxxx)さん。Twitterで育児漫画を中心に公開しています。育児サイト「ママタス」で4コマ漫画を連載中です。

 

画像提供:渋谷さえら(@voxxx)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.