ニュース
» 2018年12月06日 15時57分 公開

「しのびこんだ研究所には……」例文が全部怪談な『一行怪談漢字ドリル』 小学3年生版が登場

例文の怖さも少しアップ。

[式,ねとらぼ]

 幻冬舎は『一行怪談漢字ドリル 小学3年生』を12月6日に発売しました。例文がコワい話で構成された漢字ドリルで、著者は怪談・オカルト研究家の吉田悠軌さん。5月に出版され話題となった『一行怪談漢字ドリル 小学1・2年生』の「3年生」版となっています。

一行怪談漢字ドリル 親子で楽しめる漢字ドリル

 「こっそりしのびこんだ研究所には、ビーカーに入った小さなボクがずらりとならんでいた。」や「ゼロ丁ゼロ番地という住所に入ってしまったら、絶対にもどってこられないから、あきらめて。」といった一行でゾッとするような話、一行怪談が例文に使われています。「小学1・2年生」版より怖さもちょっと増しているような?

 一行で書かれた怪談にはオチやタネがついておらず、想像力をかきたてられます。そのストーリーの意味を考えてドリルを解いていくことで読解力も養われるそうです。また、印象的なストーリーと漢字を関連付けて学習することで、記憶に残りやすくなるメリットもあるんだとか。

一行怪談漢字ドリル 怖いだけでなく、なかにはちょっとコミカルな例文も

 「書き方のポイント」「部首の確認」「書き取り練習欄」といった低学年版にはなかった学習要素も増えました。豆知識にもなるちょっと不気味な「漢字の成り立ち」コラムも掲載。大人でも勉強になります。

一行怪談漢字ドリル 大人も読み物として楽しめます

 『一行怪談漢字ドリル 小学3年生』は、新学習指導要領対応で、小学3年生で習う全200字を網羅。B5判・オール2色・86ページで、お値段は1058円(税込)です。全国の書店やネット書店で購入できます。このままシリーズ化してくれたら、うれしいですね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2010/26/news023.jpg ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  2. /nl/articles/2010/25/news016.jpg これが書店員の本気……! “架空の建物の設定本”が気に入りすぎて超精巧な立体POPにしちゃった店員さんがすごい
  3. /nl/articles/2010/25/news010.jpg 畑に里芋を取りに行った夫が「小さな子猫2匹を抱きかかえて帰ってきた」 天使のような“里芋ちゃんズ”がかわいいと人気
  4. /nl/articles/2010/25/news031.jpg 「丼丼パン…丼丼パン……」 あの世界的名曲を表現した作品が「久しぶりにTwitterで笑った」と話題に
  5. /nl/articles/1607/27/news073.jpg 嫁がポケモン捕まえに行ってリアルポケモン(捨て猫)ゲットしてきた 生後1カ月のニャースにメロメロ
  6. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. /nl/articles/2003/29/news014.jpg 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  8. /nl/articles/2010/25/news006.jpg 「ぶっwお客さまwww」 “眼鏡屋でめちゃくちゃ笑われた話”の漫画があまりにもふびん
  9. /nl/articles/2010/25/news015.jpg これはつらい…… いじめっ子が夢の中では仲良くしてくれる漫画に「いい話だけどつれぇ」「ラスト震えた」の声
  10. /nl/articles/2010/26/news004.jpg 眼力鋭いクラスの女子、すごく怖いけど実は…… 不器用な恋を応援したくなる漫画『クラスメイトの田中さんはすごく怖い』