連載
» 2018年12月09日 13時00分 公開

圧倒的不審者の工房:UVレジンを固めて装飾して研ぎまくってみた → ワイキキビーチ的な常夏の楽園包丁が完成

ふとした瞬間に「これ包丁になるな」って思うものです。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 Amazonの段ボール(関連記事)や超硬い木材(関連記事)から包丁を作る圧倒的不審者の極み!さんが「ゴミ箱を買ったので、UVレジンの包丁を作る」という動画を投稿し、注目を集めています。完成したのは透き通る青いUVレジンに貝や砂浜が埋め込まれた美しい包丁。ナンデ? ナンデ? どーしてごみ箱がこうなったの!?

UVレジン包丁の完成形 なんと……美しい……

 ある日、圧倒的不審者の極み!さんはカッコいいごみ箱を買ってきました。ところが、ごみ箱にビニール袋をかぶせると美しくない。そこで、UVレジンでストッパーを作ったところ、こう思ったそうです。「この素材……包丁になる素質がある」

ごみ箱にビニール袋をかけたところ ビニール袋のせいでごみ箱が台無し

ごみ箱にストッパーを付けた UVレジンでストッパーを作ってみた

ストッパーを外したところ このストッパーの素材……

ストッパーをなでているところ 包丁になる素質がある

 全体の工程は、型を作って、レジンを流し込み、研いで研いでという流れです。簡単そうに聞こえますが、工程の全てが気が遠くなりそうな手間がかかります。さすが、さびた包丁を18時間研ぎ続けた男の包丁です。

 まずは、型を本物の包丁から作ります。包丁の刃にラバーシートを張り付けたものを、塩化ビニール製の硬質カードケースにしまいます。真空パック器などを利用してカードケースを包丁の形に。包丁を取り出すと型の完成です。

包丁を入れたカードケースを真空パック カードケースに包丁を入れて真空パック

完成した型 包丁を取り出して型に

 UVレジンを着色料で青色に。型に少し入れては固めてを何度も繰り返します。途中で砂や魚など飾りを入れます。かわいい包丁ができそうです。

レジンを流し込むところ UVレジンを少しずつ入れます

完成した型 くつ乾燥機をつなげた段ボールで温めたり

砂を入れるところ 砂を入れたり

魚型のオブジェを入れるところ 魚で装飾したり

UVライトに入れるところ UVライトで硬化させたり

全部固めたところ キレイな包丁ができそうです

 カードケースから取り出したら、不要な部分をノコギリで切り取ります。断面の処理もていねいに。あとはひたすら研ぎます。最初は粒子が粗い140番からはじめて、徐々に細かい砥石(といし)に移行します。美しすぎる楽園の包丁が完成しました。

糸のこぎりで切り取る はみ出た部分をノコギリで切り取り

やすりで削る 断面をやすりで削り、レジンを塗ります

柄がつるっとしたところ 滑らかになりました

粗いやすりで研いでいるところ 研いで……

細かいやすりで研いでいるところ 研いで……

完成した包丁の刃先部分 完成!

 最後はきゅうりで試し切り。見た感じでは金属製の包丁の遜色ない切れ味の模様。いやいや、普通にこの包丁かわいいぞ。UVレジンから作れるなら、いろんなデザインの包丁が作れそうです。っていうか、この動画、ごみ箱から包丁作るんじゃなかったのかっ!

きゅうりを切っているところ きゅうりの輪切りは余裕!

画像提供:圧倒的不審者の極みさん

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.