ニュース
» 2018年12月20日 11時30分 公開

みどりの窓口って、なんで「みどり」なの?

あかの窓口、しろの窓口……どれもしっくりこない。

[QuizKnock,ねとらぼ]

 SuicaやPASMOといったICカード乗車券が当たり前となり、きっぷを買う機会はめっきり減りました。それでも新幹線や特急を利用する際には、駅で買うという人がまだまだ多いのではないでしょうか?

 そんなときに利用するのは、みどりの窓口です。



 でもなぜ「みどり」の窓口なのでしょう? 目立つ色なら「きいろ」や「ピンク」でも構わないはずです。またきっぷを売っているだけなら「きっぷ」の窓口でもいいのでは?


「みどり」はきっぷの色

 そもそも、みどりの窓口とは、マルス端末によって指定券などを販売する窓口を指します。このマルス(MARS)というのはオンラインの座席予約システムのことです。

 当時、事前に印刷されたきっぷの色が青や赤であることが多かったのに対し、マルス端末によって発券されたきっぷは緑でした。マルス端末のある指定券などを売る窓口と、マルス端末のない自由席や定期券を扱う窓口と区別する必要があり、マルス端末をそなえた窓口は「みどりの窓口」と呼ばれるようになりました。


マルス以前は台帳で管理

 みどりの窓口がはじめて設置されたのは、このマルスが全国に導入された1965年のことでした。

 それまでの指定券は管理センターにある台帳で列車ごとに管理され、窓口からの電話連絡によって空席照会や予約をしていました。

 この方式では、電話を受けると中華料理店にあるような回転卓から台帳を探し、手作業で発売済みの記帳をしなければなりません。当然これでは発券に時間がかかり、半日も待たされたり、取り消しのミスによってダブルブッキングが発生したりしました。

 このような状況を改善するためマルスの開発がスタートしましたが、インターネットがなくコンピュータもほとんど普及していなかった時代だったため、開発は困難を極めました。1960年にようやくマルスの商用利用が開始され、大幅な時間短縮に成功しました。


みどりには安心感もある

 鉄道で緑というと、もう1つ連想されるのはグリーン車です。これは一等車や二等車と等級によって客車が分けられていた時代に、一等車の車体の帯が緑であったことに由来します。



 このようにJRのサービスには緑が多く登場しますが、色彩に関する研究によると、緑には安心や癒しなどを連想させる効果があるといわれています。緑がシンボルや名称として使われる理由には、そうした気持ちを提供したいというJRの意図もあるのかもしれませんね。

参考文献

高橋政士(2006)『詳解鉄道用語辞典』山海堂

栗原景(2018)『テツ語辞典』誠文堂新光社


制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」