ニュース
» 2018年12月27日 17時00分 公開

幻のファミコン版「シムシティ」、プロトタイプ版が海外の中古店で発見

スーファミ版と同時に発表されながら、中止になっていた作品が発掘。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 都市経営シミュレーションのパイオニア「シムシティ」の、知られざるファミコン版のプロトタイプがアメリカで発見されました。ビデオゲーム史のデジタルアーカイブ化を目指す非営利団体「The Video Game History Foundation(VGHF)」が、公式ブログで一部始終を説明しています。

発見されたカセットをもとに作られたプレイデモ。約3時間のプレイを4分30秒にまとめている

シムシティFC グラフィックは粗めながら、ロゴは明らかにシムシティ。任天堂とMAXISのクレジットもしっかり入っている

シムシティFC タイルが2×2マス構成の点を除き、他機種版と同様に遊べるとのこと

シムシティFC スーパーファミコン版でおなじみの補佐役、Dr.ライトも登場

シムシティFCシムシティFC 手塩にかけてつくった町を、怪獣を呼んでぶち壊す遊びもそのまま

 初代「シムシティ」は1989年にMac版が登場して以来、多数の家庭用コンピューターで展開。1991年発売のスーパーファミコン版も有名ですが、実はそれと同時にファミコン版も発表されていました。のちに発売中止となったものの、同年のWinter Consumer Electronics Showでプレイアブル出展までしていたのだといいます。

VGHFが入手した、Winter Consumer Electronics Showのレポート番組。展示品のシムシティがNES(海外版ファミコン)上で動いているのが分かる

 こうしてファミコン版は20年以上幻の存在となっていましたが、2017年に米シアトル州の中古ゲームショップにプロトタイプ版のカセットが持ち込まれ、再び日の目を見ることに。この由来が明らかでないカセットは、ビンテージゲームの展覧会に出展されたのち、VGHFの役員が購入。同団体によって分析されることとなりました。

中古店のオーナーが撮影したという映像。ラベルが簡素で、明らかにサンプルと思われるカセットでシムシティが動いている

 調査の結果、このプロトタイプは重大なバグやスペルミス、一部仕様の不足などはあったものの、大部分はできあがっており、プレイは可能だったとのこと。スーパーファミコン版と同じ要素はおおよそ入っているうえに、ファミコン版独自のBGMも収録されていたそうです。ゲーム開始時に「好きな単語」を聞かれ、後半にはその言葉を冠した姉妹都市が登場するという「MOTHER」めいた仕掛けまであったのだとか。


シムシティFC 都市の名前を決めたのち、好きな単語を入力。VGHFは「ARTIFACT」と入れている

シムシティFC 都市の発展に伴い、姉妹都市「ARTIFACT City」が登場するという心憎い演出

 「シムシティ」は、ウィル・ライト氏が「バンゲリング ベイ」の開発中に用いた、マップ作成ツールから発展した作品。VGHFのブログではそういった開発経緯や、同作に興味を持った任天堂の宮本茂氏が移植権の交渉に及んだ話など、興味深いエピソードがまとめられていて読みごたえがあります。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  2. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. /nl/articles/2110/25/news079.jpg 浜崎あゆみ、帝王切開の経験を告白 「お腹の傷を愛おしく誇りに思う」と“消えない偏見”に思いつづる
  4. /nl/articles/2110/25/news007.jpg 「ロード・オブ・ザ・リング」の重要アイテムがカプセルトイで登場 “ひとつの指輪”も手に入ってしまう
  5. /nl/articles/2110/25/news051.jpg 「アッ...アッ......困りますお客さま…!」 子猫を迎えて2日目、すっかり懐いて飼い主を無事メロメロにしてしまう
  6. /nl/articles/2110/24/news049.jpg 本田望結、小型船舶免許を取得し免許証を公開 姉・真凜もびっくり「凄っ、知らんかったって笑」
  7. /nl/articles/2110/23/news032.jpg 『ちいかわ』が“幸福論を問う作品”であるという決定打 なぜ「オフィスグリコちゃんのカエル」でTwitterがどよめいたのか
  8. /nl/articles/2110/24/news027.jpg 所さんのピンクのフィアット500が事故で「水没」 めっちゃかっこいい、からの「普通に失敗しちゃうところも好き」の声
  9. /nl/articles/2110/24/news044.jpg 深田恭子、2022年のカレンダーで花に囲まれた美女ショット ファン「美しすぎる」「来年も一緒に過ごします!」
  10. /nl/articles/2110/25/news022.jpg 【漫画】「うちの一族は死人が出る前にインターフォンが鳴る」―― ある一族に伝わる「死の予兆」と、当事者に起きた不思議な出来事

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる