コラム
» 2019年01月11日 11時00分 公開

【マンガ】地球が真っ二つになるレベルの超巨大地震は「マグニチュード○○」

逃げ場がない。

[ねとらぼ]

 地震速報などを見ていると、必ず出てくる「マグニチュード」。地震規模の指標といわれていますが、ちょっと気になるのは“このマグニチュードはどこまで大きくなるのか”という点。

 今回は「地球が真っ二つに割れる」といわれる“マグニチュードの最大値”をご紹介します。

解説

 地震は、地下の岩盤が急激にずれ動く「断層運動」によって起こる現象。マグニチュードは「地震の大きさを表す数値」で、(ちょっとややこしいのですが)1大きくなると、断層の面積は約10倍になるといわれています。

 このような地震の大きさ、断層の大きさの対応関係から計算すると、マグニチュードの最大値は12になるのだとか。この場合、長さ1万キロの断層が動くと考えられ、地球の直径は約1万3000キロであることから、ほとんど「地球が真っ二つになる」といいます。どうあがいても絶望だこれ。

 ただ、松澤暢教授(東北大学大学院)によると、実際には断層の大きさに限界があり、マグニチュード12に達する超巨大地震が起こる可能性は考えられないもよう。2012年に同教授が発表した試算では、理論上の最大値は10。もし起こった場合は、「揺れが20分〜1時間続く」「揺れが収まる前に津波が来る」「津波が数日間続く」おそれがあるとしています。

 ちなみに、観測史上最大とされるマグニチュードは9.5。1960年に発生した「チリ地震」のもので、その津波は日本にまで到達し、太平洋沿岸の各地で大規模な被害が発生したことが知られています。

おまけマンガ



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた