コラム
» 2019年01月11日 11時00分 公開

【マンガ】地球が真っ二つになるレベルの超巨大地震は「マグニチュード○○」

逃げ場がない。

[ねとらぼ]

 地震速報などを見ていると、必ず出てくる「マグニチュード」。地震規模の指標といわれていますが、ちょっと気になるのは“このマグニチュードはどこまで大きくなるのか”という点。

 今回は「地球が真っ二つに割れる」といわれる“マグニチュードの最大値”をご紹介します。

解説

 地震は、地下の岩盤が急激にずれ動く「断層運動」によって起こる現象。マグニチュードは「地震の大きさを表す数値」で、(ちょっとややこしいのですが)1大きくなると、断層の面積は約10倍になるといわれています。

 このような地震の大きさ、断層の大きさの対応関係から計算すると、マグニチュードの最大値は12になるのだとか。この場合、長さ1万キロの断層が動くと考えられ、地球の直径は約1万3000キロであることから、ほとんど「地球が真っ二つになる」といいます。どうあがいても絶望だこれ。

 ただ、松澤暢教授(東北大学大学院)によると、実際には断層の大きさに限界があり、マグニチュード12に達する超巨大地震が起こる可能性は考えられないもよう。2012年に同教授が発表した試算では、理論上の最大値は10。もし起こった場合は、「揺れが20分〜1時間続く」「揺れが収まる前に津波が来る」「津波が数日間続く」おそれがあるとしています。

 ちなみに、観測史上最大とされるマグニチュードは9.5。1960年に発生した「チリ地震」のもので、その津波は日本にまで到達し、太平洋沿岸の各地で大規模な被害が発生したことが知られています。

おまけマンガ



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  2. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. /nl/articles/2110/25/news079.jpg 浜崎あゆみ、帝王切開の経験を告白 「お腹の傷を愛おしく誇りに思う」と“消えない偏見”に思いつづる
  4. /nl/articles/2110/25/news007.jpg 「ロード・オブ・ザ・リング」の重要アイテムがカプセルトイで登場 “ひとつの指輪”も手に入ってしまう
  5. /nl/articles/2110/25/news051.jpg 「アッ...アッ......困りますお客さま…!」 子猫を迎えて2日目、すっかり懐いて飼い主を無事メロメロにしてしまう
  6. /nl/articles/2110/24/news049.jpg 本田望結、小型船舶免許を取得し免許証を公開 姉・真凜もびっくり「凄っ、知らんかったって笑」
  7. /nl/articles/2110/23/news032.jpg 『ちいかわ』が“幸福論を問う作品”であるという決定打 なぜ「オフィスグリコちゃんのカエル」でTwitterがどよめいたのか
  8. /nl/articles/2110/24/news027.jpg 所さんのピンクのフィアット500が事故で「水没」 めっちゃかっこいい、からの「普通に失敗しちゃうところも好き」の声
  9. /nl/articles/2110/24/news044.jpg 深田恭子、2022年のカレンダーで花に囲まれた美女ショット ファン「美しすぎる」「来年も一緒に過ごします!」
  10. /nl/articles/2110/25/news022.jpg 【漫画】「うちの一族は死人が出る前にインターフォンが鳴る」―― ある一族に伝わる「死の予兆」と、当事者に起きた不思議な出来事

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる