ニュース
» 2019年01月16日 18時00分 公開

ナイキ、自動でぴったりフィットするバスケシューズを開発 足の状態に合わせて締め付け具合を調整

インターバルの間は締め付けを緩めるなど、状況に合わせて設定できます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 選手の足にぴったりフィットするように、自動で締め付けられるバスケットシューズ「ナイキ アダプトBB」が開発されました。価格は3万7800円で、2月17日から公式ショップや専門店で販売されます。


ナイキ アダプトBB

ナイキ アダプトBB 靴ひもはなし。内蔵のモーターが足を最適な状態に締めてぴったりフィットさせる

ナイキ アダプトBBナイキ アダプトBB 強度やフィット感に優れる素材を使用

 このシューズに足を入れると、フィットに求められる圧力をモーターとギアが感知。最大32ポンド(約14.4キロ)の力でシューズを締めて調整します。試合中に発生した足の変化にもすぐ対応し、最適な状態を保つことが可能です。

 フィット感を手動で調整できる専用アプリも用意。タイムアウト中は締め付けを緩め、血流を高めるといった使い方ができます。また、アプリとファームウェアのアップデートによる機能向上も予定。試合中とウォーミングアップ中で別々の設定を施したり、フィットの精度を高めたりできるとのことです。


ナイキ アダプトBB スマートフォンアプリと連携して使用

ナイキ アダプトBB 側面のボタンでも操作できる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.