ニュース
» 2019年01月18日 18時55分 公開

映画「ドラゴンボール超 ブロリー」米国でデイリー1位記録 「ミュウツーの逆襲」「ルギア爆誕」に次ぐアニメ歴代3位発進

GO! ブロリーGO! GO!

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 米国で1月16日に公開されたアニメ映画「ドラゴンボール超 ブロリー」が初日に興行収入約703万ドル(約7億6900万円)の好発進を記録したことが分かりました。


映画「ドラゴンボール超 ブロリー」米国でスマッシュヒット 「ポケモン」に次ぐ歴代3位発進 「ドラゴンボール超 ブロリー」は絶賛上映中


 日本のアニメ映画としては1999年10月公開の「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」(約1000万ドル)、2000年7月公開の「劇場版ポケットモンスター ルギア爆誕」(920万ドル)に次ぐ記録。3位の記録が更新されるのは2004年8月公開の「遊☆戯☆王デュエルモンスターズ 光のピラミッド」(約433万ドル)以来です(Box Office Mojo調べ)。

 初日の興収時点で累計興収ランキング10位にランクイン。速くも前作「ドラゴンボールZ 復活のF」の累計興収約801万ドルに迫っており、どこまで数字を伸ばせるかに注目が集まります。



 米国以外でもメキシコで約651万ドル(1月11日〜1月14日)、ペルーで約254万ドル(1月10日〜1月13日)を記録するなど、世界中で旋風を巻き起こしているようです。

 同作は「ドラゴンボール」シリーズの映画最新作。1990年代に人気を集めたキャラクター“ブロリー”に焦点を当て、原作者の鳥山明さん自らが脚本を手掛けたことでも話題に。日本では2018年12月14日に公開され、過去類を見ない激しいアクションなども評判を呼び、国内興収約36億円のヒットとなっていました(1月14日までの累計)。

『ドラゴンボール 超ブロリー』世界興行まとめ

  • アメリカ:1月16日公開/1,250スクリーン/7,033,008ドル(1/16単日) ※デイリーランキングNo.1 ※『ドラゴンボールZ 復活の「F」』対比370%
  • メキシコ:1月11日公開/1,370スクリーン/6,510,040ドル(1/11〜1/14) ※公開初週末ランキングNo.1
  • ペルー:1月10日公開/395スクリーン/2,543,404ドル(1/10〜1/13) ※公開初週末ランキングNo.1 ※同国で公開された日本アニメーション映画史上最大オープニング記録
  • チリ:1月10日公開/247スクリーン/USD1,744,101(1/10〜1/13) ※公開初週末ランキングNo.1 ※同国で公開された日本アニメーション映画史上最大オープニング記録
  • アルゼンチン:1月10日公開/210スクリーン/1,566,886ドル(1/10〜1/13) ※公開初週末ランキングNo.1
  • 中央アメリカ:1月10日公開/304スクリーン/1,530,000ドル(1/10〜1/13) ※公開初週末ランキングNo.1
  • コロンビア:1月10日公開/366スクリーン/1,515,938ドル(1/10〜1/13) ※公開初週末ランキングNo.1
  • プエルトリコ:1月10日公開/53スクリーン/388,000ドル(1/10〜1/13) ※公開初週末ランキングNo.1 ※前作対比577%
  • ドミニカ共和国:1月10日公開/31スクリーン/118,000ドル(1/10〜1/13) ※公開初週末ランキングNo.1
  • ブラジル:1月3日公開/407スクリーン/1,664,182ドル(1/3〜1/6) ※公開初週末ランキング:4位 ※『ドラゴンボールZ 復活の「F」』対比291% ※歴代日本アニメ映画史上最高オープニング記録
  • タイ:12月27日公開/261スクリーン/425,670ドル(12/27〜12/30 ※公開初週末ランキング:4位 ※『ドラゴンボールZ 復活の「F」』対比1,479%
  • マレーシア/ブルネイ:12月27日公開/105スクリーン/232,000ドル(12/27〜12/30) ※公開初週末ランキング:6位 ※『ドラゴンボールZ 復活の「F」』対比209% ※歴代日本アニメ映画史上最高オープニング記録
  • シンガポール:12月27日公開/18スクリーン/44,000ドル(12/27〜12/30)

(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう