ニュース
» 2019年01月25日 09時00分 公開

タニタ、初音ミクとコラボした「ボイス体組成計」や「歩数計」を発売 Twitterでのやり取りをきっかけに実現

かわいいコラボ全3モデルが商品化されました。

[宮原れい,ねとらぼ]

 タニタは1月24日、バーチャル・シンガー「初音ミク」とコラボした体組成計2種と歩数計1種、全3モデルを発表しました。現在すでに「タニタオンラインショップ」と「アニメイトオンラインショップ」(および店頭)にて予約受付を開始しています。期間は3月9日まで。


初音ミク タニタ コラボ 体組成計 歩数計 ボイス コラボ3モデルが発売 ※実際のサイズ比はそれぞれ異なります (C)CFM

 「初音ミク ボイス体組成計」は、計測結果や操作方法を初音ミクが音声でナビゲート。体重などの結果を読み上げるだけでなく、「大丈夫?ちゃんとご飯食べてる?」「いっしょに運動しよう!」など、判定によってユーザーを気遣うようなオリジナル音声で健康管理をサポートしてくれます。サンプルボイスはタニタの特設サイトで公開中です。

 計測・表示項目は「体重」「体脂肪率」「BMI」「内臓脂肪レベル」「筋肉量」「基礎代謝量」「体内年齢」「推定骨量」「体水分率」。大きさは幅352ミリ/高さ37ミリ/奥行300ミリで、重さは約1.6キロ(電池含む)。価格は1万8000円(税別)。


初音ミク タニタ コラボ 体組成計 歩数計 ボイス 「初音ミク ボイス体組成計」 (C)CFM

 「初音ミク イラスト体組成計」は、イラストレーター・村上ゆいちさんによる初音ミクの描き下ろしイラストを本体全面にデザインした、薄型の体組成計。健康づくりをサポートする“ナース”をイメージしたコスチュームがかわいらしく、全体の色合いもポップで鮮やかなのが特徴です。

 こちらの計測・表示項目は「体重」「体脂肪率」「BMI」「内臓脂肪レベル」。大きさは幅297ミリ/高さ25ミリ/奥行210ミリで、重さは約1.4キロ(電池含む)。価格は6000円(税別)。なお、どちらの体組成計も乗るだけで電源が入り、測定者を自動で識別してくれます。


初音ミク タニタ コラボ 体組成計 歩数計 ボイス 「初音ミク イラスト体組成計」 ill.by 村上ゆいち (C)CFM

 「初音ミク 歩数計」は、スポーティーなオリジナルコスチュームをまとった二頭身の初音ミクをデザイン。初期設定が必要なく、また3D(3軸加速度)センサーを搭載しているので、気軽にバッグなどにも付けて使えます。大きさは幅約36ミリ/高さ約73ミリ/奥行約12ミリで、重さは約28グラム(電池含む)。価格は3000円(税別)です。


初音ミク タニタ コラボ 体組成計 歩数計 ボイス 「初音ミク 歩数計」 (C)CFM

 ちなみに今回のコラボは、Twitterでのやりとりをきっかけに実現したもの。タニタ公式Twitterアカウント(@TANITAofficial)の「みなさんは何の歩数計が欲しいですか?」「(コラボしたい)公式アカウントさんもぜひ御連絡下さい」というツイートに対し、初音ミク公式(@cfm_miku)が「コラボ興味あります!」とリプライを送り、そこから企画が立ち上がり商品化となりました。





Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」