ニュース
» 2019年02月20日 12時30分 公開

2019年内発売!? EV界の「シビック」、ホンダが新型EV「Honda e」をジュネーブショーで披露 (1/2)

丸目ライトのレトロスタイル、かっこいい!【新規公開画像追加】

[agar,ねとらぼ]

 本田技研工業(ホンダ)は、2019年3月5日からスイスで開催されるジュネーブモーターショー2019で、新型EV(電気自動車)のプロトタイプ「Honda e」を発表すると予告しました。

新型EVのプロトタイプ 【画像追加:2019年2月27日】ジュネーブショーで披露する新型EVのプロトタイプ「Honda e」(写真:本田技研工業、以下同)
新型EVのプロトタイプ ジュネーブショーで発表予定の新型EVのプロトタイプ

 丸目のヘッドライトが印象的で少しレトロな雰囲気があるデザインは、2017年に発表されたコンセプトカー「Honda Urban EV Concept」(関連記事)を受け継いでいます。新型EVの車名や詳細はまだ明らかにされていませんが、2019年内に市販化する予定という話。それならばジュネーブショーで披露する車両は最終段階にかなり近い仕様になりそうです。

新型EVの内装 新型EVのインパネ。遠目ではオールドカーのそれのような直線的なデザインが印象的
新型EVの内装 【画像追加:2019年2月27日】追加公開されたHonda eのインパネと室内の様子
新型EVのプロトタイプ 【画像追加:2019年2月27日】追加公開されたデザインスケッチは「かなり市販版に近い」と感じる現実的なもの。ここまで具体的だと「年内発売」にも期待が高まる!

 発表予定のEVプロトタイプは、台形ボディーのコンパクトハッチバック、そして直線的なデザインのインパネで構成するシンプルでオールドスタイルの内装、キビキビと元気に走りそうな雰囲気などから、初代「シビック」や「シティ」を思い出させる要素をあちこちに感じてしまいます。

ホンダ アーバンEVコンセプト 市販 (参考)初代「シビック」

 2025年までに欧州市場で販売するクルマの3分の2を電動化する目標を掲げるホンダにとって、EV市場を開拓する上で重要な大衆車としてのEV、いわば「EV版の初代シビック」のような役割を担うクルマだけに、単なる偶然ではないのかもしれません。2月19日に急きょ発表された英国工場での生産終了の影響は気になりますが、ともあれ登場を楽しみに待ちましょう。

(参考)Honda Urban EV Concept (参考)Honda Urban EV Concept
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.