ニュース
» 2019年02月20日 14時30分 公開

「手つだいが こうかいに かわる」9歳の少女が作った天才的“ことわざ”が書籍化 1年半かけて100個以上を考案

付録「死にかた占い」付き。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 9歳の天才少女が考えたオリジナルのことわざ“自分ことわざじてん”(関連記事)の書籍化が決定しました。2017年9月にTwitterに母親が投稿した「てつだいが こうかいに かわる」「こうきゅうな けしょうひん いってきずつ」などが話題に。それ以降、1年半かけて100個以上のことわざを考えました。

自分ことわざ 「自分ことわざじてん」が書籍化!

 書籍には、さくらこちゃん自身が執筆した“ことわざ”に、ことわざの意味と具体的な例、イラストが入るほか、三省堂国語辞典をつくっている飯間浩明氏による本物の解説が掲載されます。

 例えば「手つだいが こうかいに かわる」のページには何が書いてあるのでしょう。

  • ことわざ:手つだいが こうかいに かわる
  • 意味:一回手つだったら、たくさん やらされた
  • 例え:小さい子とあそんだら まい日 あそばされた

 そして、さくらこちゃんのオリジナルことわざに対して、飯間先生が「似たことわざに『ひさしを貸して母屋を取られる』というのがある」と解説を入れています。

 他にも「千円札にお湯をかける:(例)千円札にお湯をかけても、ふくらんでふえるわけがない」などユニークなことわざが多数収録されています。

手伝いが後悔に変わる 手伝いが後悔に変わる:1回手伝ったらたくさんやらされたの意

高級な化粧品一滴ずつ 高級な化粧品1滴ずつ:いくら高くても、少しずつ使ったら意味がないの意

千円札にお湯をかける 千円札にお湯をかける:(例)千円札にお湯をかけても、ふくらんでふえるわけがない

私にひとつアボカド 私にアボカド:「ネコにかつおぶし」の意

 書籍化のきっかけは、やはりTwitterの投稿でした。さくらこちゃんの圧倒的な才能にひとめぼれした出版社が、2017年9月に連絡し制作が始まりました。

 最初のうちはテンポよく書けていましたが、興味が薄れてしまったのか、ある日パッタリと筆が止まってしまったそうです。編集担当者は、メールや手紙のやりとりで毎回「なぞなぞ」を交換するなど工夫をして気分を盛り上げ、鉄棒・ブランコなどの過酷な接待(?)もこなしました。

 一方、さくらこちゃんはトイレに「ことわざがんばる!」と貼り紙をして、自分を鼓舞してがんばりました。

自分ことわざじてん トイレの貼り紙

 解説を担当した飯間氏は「それぞれの作品は、読んでいると、思わず微笑・苦笑し、なるほどと膝を打ちます」とコメントしています。さくらこちゃんが何十年か前の自分とよく似ているところがあると感じ、解説を引き受けたそうです。

自分ことわざじてん さくらこちゃんによる飯間氏の似顔絵

 ちなみに付録として、さくらこちゃんによるもうひとつの超・話題作「死にかた占い」(関連記事)がついてきます。2018年8月に話題となったもので、くじ引きを引くと、自分の“死に方”が占えるというもの。おかあさんが占ったところ「バンジージャンプの ひもが ながすぎて 死ぬ」という死に方でした。他にはどんなくじが入っているのでしょうか。あんな死にかた、こんな死にかたが、全部読めます。

死に方占いの表紙 アルファベットを選ぶと、あなたの死に方が占えます。「この本を読んでくれた人は、とくべつに何回引いてもいいよ」(さくらこ)

 単行本「自分ことわざじてん」は、ライツ社から3月21日に発売されます。税込1404円、全112ページ。

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」