ニュース
» 2019年03月06日 17時00分 公開

「くまのプーさんのホームランダービー!」全キャラRTAで世界記録“24分台”日本人が達成 上達のコツなどを聞く

ロビンにストレート勝ちの偉業。

[コンタケ,ねとらぼ]

 3月2日、超絶難易度で知られる「くまのプーさんのホームランダービー!」で、初期状態から全キャラに勝利するRTA(リアルタイムアタック/クリアまでの時間を競う)「24分35秒」の世界記録が達成されました。この圧倒的なタイムはいかにして生まれたのか、記録達成者であるlastさん(@last_794780)に話を聞きました。





 「くまのプーさんのホームランダービー!」は、Yahoo!の子ども向けサービスである「Yahoo!きっずゲーム」で提供されているブラウザゲーム。くまのプーさんが同作のキャラクターたちの投球から、何本ホームランを打てるか競うという内容です。


くまのプーさんのホームランダービー rta 世界記録 楽しげなタイトル画面。まさかここから鬼畜難易度野球ゲームが始まるとは誰が予想できただろうか

 が、そのファンシーなコンセプトに反し、なぜか大の大人もマジ切れしかねない異常な難易度に設定されているのが同作最大の特徴。あまりにも見た目と難易度が懸け離れているためネット上ではネタとして広まり、さまざまな場面でURLがトラップ的に貼られるようになってしまったほどです。いつしかプレイヤーたちの間では、ゲーム内のプーさんには畏敬の念を込めて“プニキ”(プーのアニキ)の異名が、そして超絶鬼畜ラスボス「ロビン」には“ロビカス”の異名が与えられました。


くまのプーさんのホームランダービー rta 世界記録 「プニキ」プレイ画面。平和そうに見えて難易度はとんでもない


くまのプーさんのホームランダービー rta 世界記録 “ロビカス”ことロビン。投球内容もさることながらノルマが圧倒的に鬼


くまのプーさんのホームランダービー rta 世界記録 記録達成の瞬間(以下、画像は記録動画から)

 そんな高難易度ゲームの全8ステージを1度も失敗することなく進んで行き、24分台でクリアしてしまったのが今回の記録となります。しかもこのゲーム、プレイするほど「プニキ」の能力を上げられるちょっとした成長要素があるのですが、全勝で進んでいくと全能力を上限の半分程度までしか育てられません。万全ではない状態で「ロビカス」を倒してしまっているのです。


くまのプーさんのホームランダービー rta 世界記録 「ロビカス」戦時のステータス

 一体どうすればこんなにホームランを打てるのか。何がlastさんを100エーカーの森にいざなったのか。話を聞いてみました。

―― プニキRTAを始めたのはいつごろですか。

last:詳しい日付までは覚えていませんが、2年ほど前からだと思います。

―― なぜプニキで走ろうと(RTAをしようと)思ったのでしょうか。

last:PeerCastというライブストリーミングのコミュニティーで年に1回、数十人が集まり一斉にプニキRTAをするという奇祭があります。ある時たまたまそのイベントを知って面白そうだなと思い、1回限りのつもりで参加したのですが、なんと初出場で(47分というタイムではありますが)優勝してしまいました。そんなことがあり、ここからさらにテクニックを磨いていけば世界にアピールできるくらいの腕前になるのでは……? と考えたのが本格的にやり込みを始めたきっかけです。

―― これまでにどれくらいプレイしましたか。

last:実は2018秋頃まで練習らしい練習はほぼしていませんでした。RTA in Japanという国内最大級のRTAの祭典があるのですが、2018年とある方からそのイベントに誘われて参加してみようと決意した時から、ほぼ毎日30分程度は時間を見つけてプレイするようにしています。

―― 最後のロビン戦はかなりギリギリでしたが、どんな心境でしたか。

last:あれを逃したら次に記録更新のチャンスが巡ってくるのはいつになるか本当に分からなかったので、最後の方は手の震えと心拍数を抑えるのに精いっぱいでした。


くまのプーさんのホームランダービー rta 世界記録 ギリギリの勝負でした

―― 苦手なキャラは誰ですか。

last:何をおいてもクリストファー・ロビンです。変幻自在・緩急自在の球を操るメジャーリーガーも真っ青の5歳児には攻略法らしい攻略法が存在しないので、彼には本当に数えきれないほど苦しめられています。

―― 上達のコツがあれば教えてください。

last:このゲームはいかにタイミングよく、かつバットの芯(緑丸部分)に球を当てられるかが重要になってきます。芯に当てる感覚をつかむためには、ラビット辺りが良い練習台になるかと思います。ハチミツによるステータス強化はありますが、強化によって劇的に効果が上がるゲームではないので、あまり強化に頼りすぎない方が良いとは思います。

―― 今後まだ走るつもりはありますか。

last:あります。実は私の他にも走者がいて、その方が現在私の記録に肉薄するタイムをたたき出しています。はっきり言っていつ抜かれてもおかしくない状況なので、今後も腕が鈍らない程度には練習を続けていくつもりです。Flashのサポートが終了しそうということもあり、いつまで続けられるかは未知数ですが……。




 なんと、他にも走者がいたようです。もはやタイム的に極まってきつつあるプニキRTAですが、今後も人類の限界に挑み続けてもらいたいところです。

 なお、「プニキ」はPCブラウザから無料でプレイできるため、24分台がいかにとんでもないタイムなのか知りたいかたはぜひ実際にプレイしてみてください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.