ニュース
» 2019年03月12日 11時00分 公開

「大学生活はスマホがあれば十分」は誤解? 大学が今「ノートPC必携化」を進める理由 (1/2)

なぜスマホだけではダメなのか。

[ねとらぼ調査隊,ねとらぼ]

 大学生に、ノートPCはいらない――こんなキャッチコピーを使った“逆説的な広告”が、3月はじめにネット上で話題になりました(関連記事)。


マイクロソフト Surface 宣伝 大学生に、ノートPCはいらない 電車内や全国の主要駅、家電量販店舗などで展開中のSurfaceの広告(日本マイクロソフト公式ブログ

 「Microsoft Surface」のPRを目的とした、電車内などで掲出されているもので、広告いっぱいに文字がズラリ。バイト探しや合コン、旅行の計画などをするだけなら「スマホがあれば、大学生活は乗り越えられる」と前置きし、その上で「自分を成長させるためにはSurfaceを使おう」と主張する内容です。

 背景には「若者のPC離れ」を感じさせる広告ですが、実は近年、大学では「ノートPC必携化」の動きが進んでいることをご存じでしょうか。「スマホ1台あれば十分」どころか、PCがなくては大学生活は送れない……そう定めている大学について、その意図や実態を調査してみました。


「若者のPC離れ」どころか「ノートPC必須な大学生」

 Googleなどの検索サービスで「PC 必携」のキーワードで検索してみると、各大学による公開資料が大量に出てきます。


「PC 必携」のGoogle検索結果

 大学ICT推進協議会らが行ったアンケート調査(2018年)によれば、有効回答を得た四年制大学490機関のうち、モバイル端末の必携化を実施しているのは25.5%(125機関)。その約半分が、学部、学科などにかかわらず「全学的に推進している」と答えています。

 一見すると、学生のPC所有率が低いから、義務化しなければならない」という話のようにも思えますが、実際には別の理由があるようです。例えば、広島大学は2015年度から全学部でノートPCを必携化していますが、その前年度の新入生のPC所有率は96%。同校では義務化するまでもなく、ほぼ全ての学生がPCを持っているのです。

 では、なぜ改めて「ノートPC=学生は持っていなければならないもの」と位置付けるのでしょうか。

 大学によって掲げる理由はさまざまですが、おそらくもっとも分かりやすいのは九州工業大学の資料。同校ではPCを使った演習形式の講義が多いほか、履修登録、教材配布などにもオンラインシステムが利用されていますが、学校にあるPCは「台数や時間的制約もあり学生のみなさんにとって十分な学習環境とは言えないのが現状」とのこと。

 九州大学も2014年、これと同様の理由を「ITmedia エンタープライズ」の取材のなかで述べています。記事によると、学生数1万9000人に対し、学生向けのPCは約1000台。「時間割の8割ほどが講義時間で埋まっていて、学生が講義時間外に使おうと思ってもほとんど使えなかった」といいます。つまり、学校側で用意するのが現実的ではないから、学生1人1人に所有してもらおう、というわけです。



「若者のPC離れ」というよりは「PC不慣れ」?

 その他、ノートPC必携化の理由としてよく見られるのは「ノートPCならどこでも作業可能」「教材を持ち運ぶ負担が軽減」「eラーニングに利用」「ペーパーレス化」など。正直なところ、これらの多くは「ポータブルなデジタル端末は便利」の一言で片づけられる話で、「どうして学生が使い慣れているスマホではいけないのか」という疑問に答えてくれるものではありません。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.