ニュース
» 2019年03月13日 15時42分 公開

契約・クレカ・家計管理をやさしく解説した家庭科教材『おとなドリル』発行 「大人も欲しい」の要望集まる

ぼくにも、学校で教えて欲しかった。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 契約やクレジットカードの仕組み、家計管理など、おとなの基礎知識をマンガ付きで楽しく学べるようにした、中高生向けの家庭科副教材『おとなドリル』が発行されました。教育図書がツイートしたところ、「大人でも欲しい」と一般販売を求める声が多数寄せられるなど、話題になっています。

おとなドリル表紙 おとなドリル 表紙

 話題になっているのは、『18歳成人に向けて おとなドリル』という副教材。2022年4月から成人年齢が18歳に引き下げられることを受け、学校向けに制作されました。

 成人年齢が引き下げられると、保護者の同意なくさまざまな契約を結べるようになることから、消費者被害に遭う危険性が高まります。また、自分の意志でクレジットカードや携帯電話の契約ができるようにもなります。『おとなドリル』は、大人になる前に契約の仕組みを理解し、上手に活用できるスキルを身につけるための教材といえます。

ページの中身 1人でできる契約の楽しさと怖さ 契約に関するクイズが3問

 この本には、「20歳の記念に1年間のエステコースを30万円で契約したんだけど、冷静になったらやっぱり高いな。キャンセルできない?」「『未開封品』だと言われてゲーム機を買ったんだけど、開封してあるし、使った跡もある。おかしいんじゃないかな〜」などの事例の中で、どれがキャンセル可能かといった問題も掲載されています。これは、確かに大人でも分からないかも。

 教育図書によると、もともとは学校への直販を想定して発行したため、まずは学校への供給を優先し、2019年4月以降に一般の方への販売ができるよう社内で計画しているそうです。

 Twitterには「なんで教えてくれなかったんだろうってことが世の中にあふれすぎている」という声も寄せられ、契約やクレジットカード以外には、年金、労働法、税金、各種保険などを教えてほしかったとの声があがっていました。

DVDと副教材の表紙 DVD教材と副教材が発行されています

映像教材『18歳成人 〜できること できないこと〜』

収録内容

  • 民法改正とその背景
  • 各国の成年年齢
  • 18歳成人で変わること
  • 親権に服さなくなる意味
  • クレジットカード、ローンの仕組み
  • 消費者トラブルと対処法
  • 成人になってもできないこと 等

商品概要

  • DVD 約25分
  • 解説書・ワークシート付
  • 定価:15,000円+税
  • 発行:NHKエンタープライズ

(2019年3月13日現在、一般販売は未定です)

NHKの映像ライブラリーを駆使した映像教材。実際の高校生のインタビューを交えながら、18歳成人に向けた知識や注意点を学ぶことができます

副教材『18歳成人に向けて おとなドリル』

内容

  • おとなの条件とは?
  • ひとりでできる契約の楽しさと怖さ
  • 「支払いはクレジットカードで…」ってどういう仕組み?
  • もうお小遣いとは呼ばせない(家計管理の基礎)
  • あなたはどのタイプ? 性格診断テスト(気をつけたい悪質商法)
  • 困ったとき、相談できるのがおとなです!

商品概要

  • B5判 28ページ オールカラー
  • 定価:140円+税

(2019年3月13日現在、一般販売は未定です)

18歳成人に向けて、知っておきたい必要最低限の知識をコンパクトに、親しみやすくワーク形式の副教材にまとめました。「18歳成人でできること、できないこと」「クレジットカードの機能」「家計管理の本」など、短時間で楽しみながら、すぐに役立つ知識を学ぶことができます。

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.