ニュース
» 2019年03月14日 17時50分 公開

パワポやExcelのグラフを色弱者にも分かりやすくするセットを有志が無料配布 作者「将来は標準設定に」

日本人男性の約5%、女性の約0.2%は特定の色の識別に苦手を抱えています。

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

 プレゼン資料の作り方を解説した本の中で、色を効果的に使ったグラフやスライドが「良い例」として紹介されることがあります。

 ですが色を多用したプレゼンテーションには落とし穴も存在します。日本人男性の約5%、女性の約0.2%は特定の色の識別が苦手とされており、そうした色弱者にとっては「むしろ分かりにくいデザイン」になってしまう可能性があるのです。

 カラーユニバーサルデザイン機構(CUDO)副理事長である伊賀公一さんは、前述の問題を解決するために、PowerPointやExcelの配色セットを「誰にでも分かりやすい色」であるカラーユニバーサルデザイン(CUD)に変更する方法を公開しました。


CUDプレゼン パワーポイントの色が分かりやすい色に

CUDプレゼン CUDで作られた「色弱者にも分かりやすいプレゼン資料」

 その方法とは、Microsoft Officeの書式設定を一括で変更する「テーマ」機能を使うというもの。CUDO公式サイト上で配布されているテーマ(.xml形式ファイル)をダウンロードし、PowerPointやExcelにインストールすることで、誰にでも分かりやすい配色セットでプレゼン資料を作れるようになります。なお、こちらはまだ実験的に公開されているものなので、使用する場合は自己責任で。


CUDプレゼン 配布されているテーマは2種類。CUDO公式サイトからダウンロードが可能です。

インストール方法

Excel:「ページレイアウト」→「テーマ」→「参照」の順に選択し、ダウンロードした.xmlファイルを読み込む

Word:「デザイン」→「テーマ」→「参照」の順に選択し、ダウンロードした.xmlファイルを読み込む

PowerPoint:「デザイン」→「テーマ一覧」→「参照」の順に選択し、ダウンロードした.xmlファイルを読み込む


 テーマは2種類公開されており、ひとつは「カラーユニバーサルデザイン(CUD)」を使った配色セット。もうひとつは標識などに使われている「新JIS安全色」を使った配色セットです(関連記事)。前者は一般のプレゼン資料用、後者は安全に関係するデザインを作る際の使用が勧められています。

 伊賀さんは、背景が白い場合に黄色が見にくいといった問題は残っているとしつつ、今後は利用者からの意見を取り入れながら、将来的にはマイクロソフトにこうした機能を標準設定にしてもらうよう働きかけていきたいとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.