ニュース
» 2019年03月19日 11時30分 公開

なぜ日本語には「ひらがな」と「カタカナ」があるのか?

どっちも音を表す文字なのに。

[QuizKnock,ねとらぼ]

 よく、日本語は難しい、といわれます。その理由はいくつか考えられますが、一因として、漢字・ひらがな・カタカナの併用が挙げられるでしょう。

 ところで、「意味」を表す漢字はともかく、同じ「音」を表すひらがなとカタカナという2種類の仮名が存在するのはなぜなのでしょう?



仮名が誕生する前は漢字のみだった

 そもそも、かつての日本には漢字しか文字がありませんでした。ですから日本語は当初、全て漢文で書かれていたのです。

 ところが当然、これはひどく難易度の高いことでした。そこでやがて、一音一音を漢字の読みを借りてきて表すようになりました。これを万葉仮名といいます。現代風にいえば、「よろしく」を「夜露死苦」と書くようなものです。

 しかし、これにもまた問題点がありました。画数が多くて、書くのが大変なのです。そこで、字形を省略しようという発想が生まれました。それが、ひらがなとカタカナです。


万葉仮名を「くずして」書いた、ひらがな

 奈良時代には、万葉仮名をくずして草書で書いたものが見られるようになりました。これがひらがなの起こりです。平安時代初期には、いまの形のひらがなが誕生しました。

 当初は、漢字をくずしたものという観点もあってか、正式な文字ではなく仮の文字であって、おおっぴらに使うものではないという考えがあったようです。

 特に女性が多く使ったとされていて、例えば『土佐日記』の文頭「をとこもすなる日記といふものを をんなもしてみむとてするなり」に実態がよく表れています(実際には男性もそれなりに使っていたようですが)。


土佐日記の一部。ひらがなで書かれている

万葉仮名を「省略して」書いた、カタカナ

 一方カタカナはというと、これも平安時代初期に誕生しました。ひらがなが万葉仮名をくずしたのに対し、カタカナは字画を省いて作られました。

 ではカタカナは、どこで使われたのか? 正解は、漢文の中、でした。

 平安時代、漢文は貴族に必須の教養でした。難しい漢文を読み解くためには、送り仮名などを付け足す必要があります。しかし、万葉仮名で書くには、行間は狭すぎます。そこで生まれたのが、カタカナでした。

 つまり、ひらがなとは使う場面が明確に異なったのです。カタカナは漢文を読み解く僧侶と、それを学ぶ貴族の間で使われました。



 このように、ひらがなとカタカナは、使う人、使われる場面が違うために、両方が生き残ったと考えられているのです。現在では「外来語はカタカナで」などのルールがありますが、もともとはこうして生まれ、使われてきたのですね。

参考文献

沖森卓也編著(2010)『日本語概説』朝倉書店

沖森卓也編著(2010)『日本語史概説』朝倉書店


制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」