コラム
» 2019年03月20日 20時00分 公開

アルゴンキン、ピースナウ、プトマヨ…… ゴスロリパンクブランドは本当にV系と共に衰退したのか?(1/2 ページ)

衰退の理由は「ヴィジュアル系の人気が低下したから」?

[水田眞子,ねとらぼ]

 パンクやゴシックの要素を取り入れたブランド「ALGONQUINS(アルゴンキン)」の 運営会社が破産し、話題を呼んでいます。過去にヴィジュアル系のファンが好んで着用していたことから、V系ブームの衰退と共にブランドも終了したのではないかという声も上がっていますが、実際はどうなのでしょうか? ゴシック・ロリータ・パンクなどのファッションと、ヴィジュアル系を愛するライターが分析します。

アルゴンキンと、ゴスロリパンクブランドの相次ぐ終焉

 蝶やスカルなどのプリントや、ベルトやネクタイなどのマスキュリンなデザインに、アシンメトリーなパターン。パンキッシュなテイストをカジュアルに落とし込んだアイテムで知られるブランド・アルゴンキンを展開するアーミッシュの破産は、SNSでも大きな話題となりました。

 Twitterでもアルゴンキンがなくなることを惜しむ声が数多く投稿されました。しかし、そのほとんどが「持っていた」「好きだった」という、ブランドを懐かしむもので占められており、現在のユーザーはそう多くはないことが感じられます。

 ここ5年ほど、アルゴンキンと同じく黒を基調とし、パンクやゴシックの要素を盛り込んだアパレルブランドの休止・終了が相次いでいます。2013年にはオリジナルのキャラクターのアイテムも人気があった「PEACE NOW(ピースナウ)」の運営会社が破産、2017年にはアリスなどのガーリーなプリントとダークな要素をかけあわせた「PUTUMAYO(プトマヨ)」がブランドを休止しました。

 これらのブランドの共通点として語られるのは、バンギャル=ヴィジュアル系バンドを愛好するファンが好むブランドだということ。ハードな雰囲気がヴィジュアル系の世界観と合うことや、実際にヴィジュアル系バンドが衣装として着用していたことがその理由としてあげられます。

 そのため、ヴィジュアル系人気の低下とともにブランドの売り上げも下がっていったのではないかという見方もされています。しかし本当にそれがブランド終了の直接の要因なのでしょうか。

ヴィジュアル系がブームと呼ばれたあのころ

 ヴィジュアル系がブームと呼ばれたのは2005年ごろ。「ネオ・ヴィジュアル系」という言葉が生まれた時代です。この時期には、the Gazette(ガゼット)、Alice nineなど、数多くのバンドがメジャーデビューを果たしました。

 このネオ・ヴィジュアル系の波は去りましたが、現在のヴィジュアル系シーンの人気が低迷しているかというと……必ずしもそうではありません。メジャーデビューするバンドは当時より減ったものの、ジャンルとしては安定した人気を維持しており、武道館や幕張メッセイベントホールなどの大規模な会場でのライブを敢行するバンドも見られ、ヴィジュアル系のフェスも定期的に開催されるなど、盛り上がりを見せています。

 ヴィジュアル系はブームが去り市場が縮小したのではなく、ネオ・ヴィジュアル系の時代よりもバンドの人気が細分化し、より多彩なバンドが生まれているということができるでしょう。

ライブ”参戦服”の変化

 洋服の話に戻りましょう。ヴィジュアル系ファンはライブに行くことを”参戦”と呼ぶことが多く、1回のライブに対し文字通り”戦”に行くような気合いを入れることも少なくありません。

 以前は、その気合いをメンバーのコスプレやお気に入りのコーディネートなどファッションで表すことが多かったのですが、近年その傾向は弱まり、現在はライブの物販で購入したTシャツなど、動きやすい服装で参加する人が増加しています。

ゴスロリ ライブの“参戦服”が変化している

 これには主に3つの理由が考えられます。1つめは、ネット発達によりSNSアカウントの特定などを危惧し、ファンが目立つ格好を避けるようになったこと。2つめは、ライブのエンターテイメント性をモッシュなどのスポーツのような運動量に振ったバンドが現れ、服装に実用性が求められるようになったこと。3つめは、物販の売り上げ=バンドの資金源になるという知識が浸透した結果、バンドTシャツが売れるようになったことです。

 参戦服がカジュアル化した結果、アルゴンキンなどのヴィジュアル系らしい服装のファンは現場から年々減っていきました。ブランド終了はヴィジュアル系バンドそのものの衰退ではなく、ファンのライブの楽しみ方の変化の影響を大きく受けているのではないでしょうか。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  3. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  4. /nl/articles/2205/15/news033.jpg 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  5. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  6. /nl/articles/1908/19/news093.jpg 任天堂が「草」を商標出願 → ネット民「草」「これは草」「草草の草」
  7. /nl/articles/2007/07/news115.jpg 電通、「アマビエ」の商標出願を取り下げ 「独占的かつ排他的な使用は全く想定しておりませんでした」
  8. /nl/articles/2205/14/news007.jpg 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news124.jpg 大沢樹生、血縁関係がない息子と再会で“男飲み”2ショット 「2人が築いていってるものが素敵」「仲良しだね」
  10. /nl/articles/2205/11/news167.jpg 「あなたのAirpodsではありません」 隣の人がAirpodsの蓋を開け締めしているせいでiPadが操作できない話がおつらい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  4. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」
  5. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  6. 神田愛花アナ、バナナマン日村との“夫婦デート風景”にファンほっこり 「幸せあふれてる」「仲良くてステキ」
  7. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  8. 山田孝之、芸能人として“3億円豪邸”に初お泊まり 突然泣き出すはじめしゃちょーをハグする異例展開で「本当にいい人」
  9. トム・クルーズ、4年ぶり来日をウマ娘が発表 突然の大物コラボに困惑する声「まず戸田奈津子さんに理解してもらうところから」
  10. 堀ちえみ、新居ダイニングの解体&再工事が完了 住居トラブルへの怒りも“夫の名言”で鎮火「ハッとしました」