レビュー
» 2019年03月24日 12時00分 公開

同人誌の執筆者は全員親族 “一族4世代”で作られた『一族本』が唯一無二のインパクト司書メイドの同人誌レビューノート

生後6カ月の赤ちゃんから、92歳のおばあちゃんまで18人が参加しています。

[シャッツキステ,ねとらぼ]
シャッツキステ

 春。初々しい緑が顔を出す季節ですね。小さな芽がすくすく伸びてやがて葉を広げ、大木へと育つ……今回はそんな壮大さすら感じる大作同人誌をご紹介します。

今回紹介する同人誌

『一族本』A5 156ページ 表紙箔押し・本文モノクロ

作者:高世えり子 他17人


同人誌 本棚 図書館 シャッツキステ コミケ 家族 親戚同人誌 本棚 図書館 シャッツキステ コミケ 家族 親戚 赤に銀の箔押しが効いた重厚さ。中身もそれに負けない盛り上がりです

一族4世代、総勢18人参加。執筆者全員親戚です

 こちらのご本、手に持つと確かな重みの分厚さが。しかし稀有(けう)なのはその厚さだけでなく、この同人誌は総勢18人の寄稿によって作られ、その皆さまが全員ご親戚という一族をあげて作られた同人誌という点なのです。

 「同人誌を作りたいという輩が集まったら全員親族だった4世代血縁者アンソロジー」と銘打たれた通り、下は生後6カ月のマサキンくんから92歳のヤエおばあちゃんまで、すばらしい幅広さの参加者によって156ページものご本が出来上がりました。「良かったらアンソロにゲストして〜!」とお願いするお相手がおばあちゃまだなんて、なんてすばらしい環境なのでしょうか。この上さらにご一族の皆さま、オタクでありながら今回不参加という人もまだ数名控えていらっしゃるのがすごいです。

同人誌 本棚 図書館 シャッツキステ コミケ 家族 親戚同人誌 本棚 図書館 シャッツキステ コミケ 家族 親戚 なれそめマンガにはまだこちらに載っていらっしゃるかた以外にもたくさんの参加者が

マンガ、小説、イラスト……最年少は手形で参加の自由っぷり

 集われた皆さまの原稿は多種多様! 「みんな好きなもの、書きたいものを書きました」という自由さがあふれます。

 もともと大学の漫研メンバーでコミックマーケット第3回から参加されたり、プロとしても経歴のある同人誌活動ベテランさんたちがお父さんお母さんとなりマンガや小説、エッセイを書き、その子どもさんたちはイラスト、エッセイマンガやゲーム批評、ゲームブック方式の物語など多彩な創作で参加。さらにその次の世代は今しか描けない! という線が魅力を増す作品がご本を彩ります。

同人誌 本棚 図書館 シャッツキステ コミケ 家族 親戚 滑らかなペンタッチのマンガあり、難読地名パズルあり……と、創作というもののバリエーションの広さもすごいです

同人誌 本棚 図書館 シャッツキステ コミケ 家族 親戚

同人誌 本棚 図書館 シャッツキステ コミケ 家族 親戚

 中には今までオタク的活動をしてこなかったママが、娘さんのためだけに描いた魔法少女のイラストという愛情あふれるレア作品も! 本来であればご家族しか見ることができないであろう作品をわれわれ読者に見せてもらえるなんて、こんな機会ほかにないのでは!?

基本は自由奔放に。それでいて時々交わる創作道の豊かさよ

 主宰の高世えり子さんのマンガでは一族の皆さまの様子が伺えて、作品と合わせて読むと親しみ倍増です。執筆者個々のエピソードと創作作品が重なると、まるで親戚の方々の集まりに、ちょっとおじゃまさせていただいているように、そこここから楽しい話題が紙面を通じて聞こえてくるみたいです。

 鉄道や地名など旅系で攻めるお父さま、ちょっとドジっ子(?)なおばさま、還暦オーバーチームになるとドキュメント脳出血 VS 骨折というハードな出来事すらネタにしてしまうという創作の底力を見せつける作品の数々。若手のキラキラすてきなイラスト、オタク2世アラサーさんたちは己の世界を確立し、さらにおばあちゃんのゲスト原稿もあって……各世代がそろうとこんなにもバラエティーに富むのですね! という面白さと、ご本の中には、「何か書く?」「書こう書こう!」というやりとりがあったんじゃないかな……とわいわいと皆が集う、温かい空気感があります。

 例えば年齢一桁のメンバーは、まだすこーしペンを持ち慣れていない方々も見られる中、大人が手助けすることで作品背景が分かりやすくなっていたり、作中のちょっとした場面に親族の様子が描かれていたり、合作になっていたり……作品の中と外でさりげない交わりが現れているのが一族の結束感を高めます。

同人誌 本棚 図書館 シャッツキステ コミケ 家族 親戚 初々しい線に、背景が付けられたことで創作意図が伝わります!

同人誌 本棚 図書館 シャッツキステ コミケ 家族 親戚

 何より「好きだから書いてみた」「面白そうだからやってみた」……同人誌を作るって楽しいね! という気持ちでこの分厚いご本がいっぱいになっているのって、とてもすてきなことだと思います。

 このご本、今回でなんともう第4弾とのこと。これからも一族のさらなる広がりと皆さまのご活動をお祈りいたします!

サークル情報

サークル名:池猫屋騒動

Twitter:@takase_eriko

入手先:Booth



連載タイトルが変わります

 さて「司書メイドの同人誌レビューノート」は、今回で一区切りです……が、4月からはタイトルを変えてリニューアルいたします。またご覧いただけましたら幸いです。ではまたの再会を祈って。ごきげんよう。


今週のシャッツキステ

シャッツキステ 「司書メイド」から「司書」へ。レビューをしている私、ミソノがメイドの営む私設図書館シャッツキステを3月末で旅立つことになりました。……とはいえ、同人誌好きな司書であることは変わらずです。なので、またこれからも楽しい同人誌の世界をお伝えできたらと思います

著者紹介

司書メイド ミソノ 司書メイド ミソノ:秋葉原カルチャーカフェ「シャッツキステ」でメイドとしてお給仕する傍ら、とある大きな図書館で司書としても働く“司書メイド”。その一方で、こよなく同人誌を愛し、シャッツキステでも「はじめての同人誌づくり」「こだわりの特殊装丁」の展示イベントを開く。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えた辺りで数えるのをやめました」と語る

関連キーワード

同人誌 | 親戚 | 家族 | 漫画 | イラスト


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/08/news205.jpg 仲里依紗、LAで自分を解放「全身タトゥー」姿公開 「英語なんかまじ喋れないけどノリで会話できてる」
  2. /nl/articles/1809/19/news114.jpg 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. /nl/articles/2208/09/news101.jpg 川口春奈、トガッてた19歳時の“ガニ股イキりショット”を公開し反響 「野生の春奈ちゃん」「牙を剥く若かりし頃のはーちゃん」
  4. /nl/articles/2208/08/news051.jpg 妻が猫ちゃんを呼ぶと→「にゃあ〜」、しかし夫が呼ぶと…… 完璧に無視する態度の違いに笑いと応援の声
  5. /nl/articles/2208/08/news024.jpg 飼い主「イタズラ誰がやったの?」→しょぼんとする兄柴犬 or ニッコニコの妹柴犬 分かりやすすぎる犯ワンに100%納得
  6. /nl/articles/2208/09/news040.jpg 涼しさ求めた朝散歩、お母さん柴犬→拒否柴発動! ガンとして動かない様子に「まだ寝ていたかったんだね」の声
  7. /nl/articles/2208/08/news202.jpg ひろゆき氏VSガーシー議員らの論争にドワンゴ川上氏が反応 ガーシー議員からの“暴露宣言”に「ただの恐喝」
  8. /nl/articles/1903/09/news018.jpg 「完全におっさんの飲み方」 川口春奈、ジョッキビールをかっくらう“飾らない姿”にファン驚き
  9. /nl/articles/2208/09/news125.jpg 「男闘呼組」岡本健一、53歳の“色気ダダ漏れ”ショットに黄色い声援 「鳥肌たちました」「罪なカッコ良さ」
  10. /nl/articles/2007/15/news150.jpg 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい