ニュース
» 2019年04月08日 20時00分 公開

5歳児「家と同じように歌って褒めて!」母「ここで……!?」 訪れた“悲劇”を描いた漫画に同情と共感が止まらない

褒めてあげたい……しかしこの場所で……!?

[かのん,ねとらぼ]

 頑張ったから褒めてほしい……そんな素直な子どもの気持ちはわかるけど、時には「今そこでおねだり〜!?」とドキドキハラハラさせてくることもありますよね。「しつけ大成功!」かと思いきや、恥ずかしさにあたふたするオチがついてしまったお母さんの姿が、ブログ「ぽんぽん子育て」で紹介されています。

ぽんぽん ついつい小言が多くなりがちに

 5歳のタロくんと3歳のジロくん兄弟を育てるぽんぽんさん。子どもたちに食事のマナーを覚えてほしくて、ついつい小言が多くなりがちでした。「小言ばっかりじゃなく、(マナーが)できたら褒めよう!」と思いなおし実践。リズムに乗せて「すごいよタロくん、かっこいい〜!」と歌って気分を盛り上げる作戦に出ました。

ぽんぽん おっとこれじゃ子どももイヤになるよね
ぽんぽん イエイイエイ、天才タロくん!

 これに気分を良くした子どもたち、競うように「ぼくもできてるよ!」「スプーンのもちかたあってるでしょ?」とマナー向上。それに合わせて「天才天才ジロくん!」「すごいよすごいよタロくん!」と歌って盛り上げ、褒め褒め大作戦大成功です!

ぽんぽん 兄弟で競うようにマナーを守るように

 「いい感じにマナーを教えられている」とウキウキしていたぽんぽんさんですが……後日の外食時に事件は起こったのでした。

ぽんぽん 外食でもマナーを守るタロくん

 ファミレスでもマナーを守れていることを「偉いね〜」と普通に褒めたぽんぽんさんに、タロくんはこう言ったのです。

ぽんぽん いつものように「歌って」

 「歌って」。

 いつも家でやっているように、歌って褒めてというタロくん。しかしここは家ではなく、ファミレス……。歌うこと自体がマナー違反なんじゃと思いつつも、子どもの頑張る気持ちを無下にしたくないぽんぽんさんは小声で歌います。

ぽんぽん 声が小さいとのご指摘

 しかしタロくんは「ママ聞こえない!」「普通の声で歌ってよ!」と厳しい指摘。ぽんぽんさんはタロくんが満足するくらいの、でも周りに迷惑をかけない程度のボリュームで“応援歌”を歌ったのでした。「あの人親バカすぎるけど大丈夫かな?って思われたかな。笑」とブログで振り返るぽんぽんさんですが、きっと周りの人も「子どもって純粋なだけに、罪作り……!」と思っていたのではないでしょうか!

ぽんぽん タロくんジロくんはご満悦

 とんだオチがついてしまいましたが、「歌って褒める」のは親子ともにノリノリで楽しくてとっても良い! それに褒めることってついつい忘れがちですよね。恥ずかしい思いをしても、成功体験を積ませるしつけは見習いたいです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む