ニュース
» 2019年04月08日 20時00分 公開

5歳児「家と同じように歌って褒めて!」母「ここで……!?」 訪れた“悲劇”を描いた漫画に同情と共感が止まらない

褒めてあげたい……しかしこの場所で……!?

[かのん,ねとらぼ]

 頑張ったから褒めてほしい……そんな素直な子どもの気持ちはわかるけど、時には「今そこでおねだり〜!?」とドキドキハラハラさせてくることもありますよね。「しつけ大成功!」かと思いきや、恥ずかしさにあたふたするオチがついてしまったお母さんの姿が、ブログ「ぽんぽん子育て」で紹介されています。

ぽんぽん ついつい小言が多くなりがちに

 5歳のタロくんと3歳のジロくん兄弟を育てるぽんぽんさん。子どもたちに食事のマナーを覚えてほしくて、ついつい小言が多くなりがちでした。「小言ばっかりじゃなく、(マナーが)できたら褒めよう!」と思いなおし実践。リズムに乗せて「すごいよタロくん、かっこいい〜!」と歌って気分を盛り上げる作戦に出ました。

ぽんぽん おっとこれじゃ子どももイヤになるよね
ぽんぽん イエイイエイ、天才タロくん!

 これに気分を良くした子どもたち、競うように「ぼくもできてるよ!」「スプーンのもちかたあってるでしょ?」とマナー向上。それに合わせて「天才天才ジロくん!」「すごいよすごいよタロくん!」と歌って盛り上げ、褒め褒め大作戦大成功です!

ぽんぽん 兄弟で競うようにマナーを守るように

 「いい感じにマナーを教えられている」とウキウキしていたぽんぽんさんですが……後日の外食時に事件は起こったのでした。

ぽんぽん 外食でもマナーを守るタロくん

 ファミレスでもマナーを守れていることを「偉いね〜」と普通に褒めたぽんぽんさんに、タロくんはこう言ったのです。

ぽんぽん いつものように「歌って」

 「歌って」。

 いつも家でやっているように、歌って褒めてというタロくん。しかしここは家ではなく、ファミレス……。歌うこと自体がマナー違反なんじゃと思いつつも、子どもの頑張る気持ちを無下にしたくないぽんぽんさんは小声で歌います。

ぽんぽん 声が小さいとのご指摘

 しかしタロくんは「ママ聞こえない!」「普通の声で歌ってよ!」と厳しい指摘。ぽんぽんさんはタロくんが満足するくらいの、でも周りに迷惑をかけない程度のボリュームで“応援歌”を歌ったのでした。「あの人親バカすぎるけど大丈夫かな?って思われたかな。笑」とブログで振り返るぽんぽんさんですが、きっと周りの人も「子どもって純粋なだけに、罪作り……!」と思っていたのではないでしょうか!

ぽんぽん タロくんジロくんはご満悦

 とんだオチがついてしまいましたが、「歌って褒める」のは親子ともにノリノリで楽しくてとっても良い! それに褒めることってついつい忘れがちですよね。恥ずかしい思いをしても、成功体験を積ませるしつけは見習いたいです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」