ニュース
» 2019年04月10日 11時00分 公開

なぜアルファベットには大文字と小文字があるのか?

どっちかだけで良くない?

[QuizKnock,ねとらぼ]

 英語の表記に使われる文字といえば? もちろんアルファベット。英語のアルファベットには大文字と小文字の2種類がある、というのも誰でも知っていますよね。



 英語で文章を書くとき、私たちは「文頭は大文字で始める」「固有名詞は大文字」というように、無意識/意識的に2つの文字を使い分けています。

 そこで浮かんでくる疑問が、「なぜ2通りの表記方法が生まれたのか」。どちらか片方だけでも意味は通じるはずですし、倍の量の字を覚えるのは面倒です。

 大文字と小文字、最初に登場したのはどちらなのでしょうか? あるいは同時期に発生したものなのか……?


そもそも、アルファベットって?

 本題に入る前に、そもそも「アルファベット」とは何ぞや? というところを軽く説明しておきます。

 大学でフランス語やドイツ語を習った方ならご存じかと思いますが、アルファベットを使う言語は英語のほかにも数多く存在します。ヨーロッパのメジャーな諸言語は言わずもがな。ロシア語やブルガリア語の表記に用いるキリル文字も、33のアルファベットから構成されています。意外なところでは、ベトナム語の表記法であるクオック・グーもアルファベットを利用したものです。

 そもそも「アルファベット」という名称はα(アルファ)とβ(ベータ)、すなわちギリシャ語の最初の2文字に由来するものです。では、アルファベットはギリシャで生まれたものなのか? というとそういうわけでもなく、フェニキア文字が起源だとされています。

※フェニキア人は紀元前1500年頃から現在のシリア周辺で活動した民族

 ギリシャ人がフェニキア文字を借用し、それがローマをはじめ各地に伝わったことで今日のアルファベットが生まれた、という経緯があったのです。


先に大文字、その後に小文字が生まれた

 最初に答えを言うと、先に生まれたのは大文字。古代ローマの碑文を見れば分かるように、当初アルファベットには大文字しかありませんでした。

 小文字が登場するのは8世紀後半のこと。カール大帝(シャルルマーニュ)統治下のカロリング朝が西ヨーロッパ全土をほぼ支配し、カロリング=ルネサンスと呼ばれる文芸復興の時代が現出されていました。

 文芸運動が盛り上がるということは、本が多く出回ることを意味します。本を作るには、当然書くものが要ります。なら紙をたくさん刷れば解決では? と思ってしまいますが、それは現代人の感覚。当時のヨーロッパには、まだ製紙法が伝えられていません

※751年のタラス河畔の戦いを機に中国からイスラム世界に伝わったが、ヨーロッパで普及するのは12世紀以降。

 当時紙の代わりに利用されていたのが、動物の皮をなめした羊皮紙でした。羊皮紙は高価であり、節約のために文字を詰めて書く必要が出てきました。そこで、文字を縮めて書くために考案されたのが小文字というわけです。

 文芸の担い手の中核は、聖書や古典を書き写す修道僧たち。一口に「小文字」といっても、その様式は修道院ごとにまちまちであり、字体の統一が急務になりました。

 活躍したのはイギリス生まれの神学者・アルクイン。カール大帝に招かれた彼は小文字の統一事業に尽力し、「カロリング小字体」と呼ばれる字体を確立しました。これが基礎となり、現在知られているアルファベットの小文字表記へと発展していくことになります。


アルクイン(画像中央の人物)

おわりに

 簡略化されて新たな文字が生まれたのは、何もアルファベットに限ったことではありません。ひらがなやカタカナも、元はといえば中国から伝わった漢字をくずして生まれたものです。

 文字が時代に合わせて使いやすいように変容していくのも、ある意味必然なのかもしれませんね。数百年後の日本人は今と全く違う文字を使っていて、この文章を読んでも何と書いてあるのかさっぱり分からない……十分、あり得そうな話だと思いませんか?

制作協力

QuizKnock


参考文献

若林俊輔(2018)『英語の素朴な疑問に答える36章』研究社

世界史の窓「カロリング小字体」


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響