コラム
» 2019年04月11日 11時00分 公開

「魔法のiらんどは死んだ」と思っている“インターネット老人会”の皆さん ……それ、錯覚みたいですよ

KADOKAWAに取材したところ、無料ホームページ作成サービスは今も使われているとか。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 「かつてのインターネット文化などについて語り合う人々の集まり」を意味するネットスラング「インターネット老人会」。実際にそのような会合が存在するというよりは、“インターネットの昔話”をするTwitter上のハッシュタグなどとして定着しています。

 そこに投稿されたツイートを見てみると、「キリ番」「テレホーダイ」「ギコ猫」「FLASH」、さらには「魔法のiらんど」など、懐かしい言葉がズラリ。ああ、あの頃のインターネットはもう過去の存在になってしまったのか、と思わずにはいられませんが……実は誤解があることも。

 というのも、「魔法のiらんど」は現在も運営が続いており、媒体資料によると、月間PV(ページビュー)はなんと10億もあるのだとか。過去の存在どころか、現役バリバリで活躍している同サービスについて、KADOKAWAに取材しました

「無料ホームページ作成」で人気を集めた魔法のiらんど

 魔法のiらんどのサービス開始は1999年。ちょうどNTTドコモによる「iモード」が提供され始めた時期にあたります。iモードの普及により、携帯電話は「話すためのもの」から「メールやWebサイト閲覧など、さまざまに使えるもの」に変わったともいわれており、魔法のiらんどは「携帯電話の発展と歩みをともにしたサービス」ということができるかもしれません。

 ドワンゴと業務・資本提携した2006年の資料を見ると、当時の魔法のiらんどの月間PVは約12億(6月時点)で、「日本最大級のコミュニティーサイト」という位置付け。さまざまなサービスが提供されていましたが、特に有名なのは「携帯電話向けの無料ホームページ作成」で、自分のWebサイトを開設した覚えのある読者も多いはず。

 ただ、中高生くらいの年代で利用して黒歴史を作ってしまった人もいるとかいないとかで、もしかすると「魔法のiらんどを使っていた記憶はあるが、あまり思い出したくない」という声も少なくないかもしれません。残念ながら、似た事例は他サービスでも数えきれないほど報告されているので、本質的な原因は「自分自身の若さゆえの過ち」というやつでしょう。認めたくないものだな……。


かつてのTOP画面。ガラケーのボタンを連打して、スクロールした記憶ありませんか?

サービス内容を大きく変えないまま、現在も運営

 暗い話はさておいて、スマホ全盛の現在、魔法のiらんどはどうなっているのでしょうか。KADOKAWAに話を伺ってみました。

―― 魔法のiらんどは現在、どのようなサービスになっているのですか?

 現在のWebサイトはスマホからのアクセスを前提としたデザインになっており、開始当初と比べると、まったく違うサイトのように見える部分もあります。また、見た目が変わった理由としては「お客さまが投稿する画像などのクオリティーが、かつてよりも高くなっていること」も挙げられるかもしれません。

 ですが、提供しているサービスのテーマ、大まかな内容は変わっていません。開始当初からあるホームページ作成サービスは、今も多くのお客さまにご利用いただいております。


現在のTOP画面。右の画像は小説サイトのもの


現在も残っているホームページ作成サービスを使ってみました。アクセスカウンターがけっこう回っていますが、訪問者は自分だけ(出来を確認するために、何度も更新した結果)

―― かつては「日本最大級のコミュニティーサイト」などとサービス内容が紹介されていましたが、現在は「小説や、ティーン向け情報が無料で楽しめるガールズエンターテインメントサイト」など。この変化の理由は?

 先の通り、サービスとしてのテーマなどはあまり変わっていないのですが、時代の変遷とともに、SNSなど「無料でより多くの人により多くの情報を発信できるサービス」が大変多くなりました。

 魔法のiらんどの特徴や、今人気のサービスをより分かりやすくお伝えするため、このような説明の仕方をしています。小説投稿サービスは2000年にスタートしたもので、現在、もっとも人気があります。

―― 現在のユーザー層は?

 約40%が10代の女性です。サービス開始当初のデータを見ると20〜24歳がピークになっているのですが、ケータイ小説(※)がブームだったころに10代の女性が増えました。その後、10代の割合がやや減少しながらも、現在のようなユーザー層となりました。

※ケータイ小説:携帯電話で書いたり、読まれたりしていた小説。魔法のiらんど発の作品では「恋空」(作:美嘉さん/2006年書籍化)などが有名。同作はTVドラマ化、映画化、マンガ化とメディアミックスが行われた

―― 魔法のiらんどは、ケータイ小説の投稿先としても有名でしたね。これまでにどれくらいの作家を輩出しているのですか?

 投稿した小説を書籍として刊行したユーザー数はこれまでに170人ほどおり、現在も続いております。

 また、2018年には電子マンガサービス「ピッコマ」で行われた「ピッコマ AWARD 2018」で、「恋空」を原作としたコミック(作画:羽田伊吹さん)が受賞しています。

―― 「恋空」って10年以上前の作品でしたよね?

 魔法のiらんどに投稿される小説はほとんどが恋愛もので、その内容は時代の移り変わり、ユーザーの年齢にあまり影響されることなく、お客さまからお客さまへ届けられているのかもしれません。


現在もWebマンガサイトで人気だというマンガ版「恋空」。ちなみに、双葉社から刊行された紙のコミックは、2009年に完結。息の長いコンテンツになっているようです(画像はピッコマより)


 今回の記事で分かったことを簡潔にまとめるなら、以下のような感じでしょうか。

  • 魔法のiらんどは現在も続いているし、かなり利用されている(月間10億PV)
  • 時代の流れでサイトの見た目は変わったが、提供しているサービス内容はあまり変わっていない
  • 現在人気があるのは、10年以上前からあった「投稿小説サービス」
  • 「恋空」は今でも有力なコンテンツ

 では、なぜインターネット老人会では「魔法のiらんど = 過去のWebサービス」と扱われることが多いのでしょうか。筆者も同老人会に所属する1人の人間ですから、正直に言うと、この現実とは向き合いたくなかったのですが……。

 同サービスのユーザーは若年層が多いことを考慮すると、「年を重ねたネットユーザーは世代交代で“卒業” → 現在の動向が見えなくなり、自分たちの中で『過去のもの』と捉えるようになった」というのが真相なのかもしれません。認めたくないものだな、自分自身の、年をとったが故の過ちというものも……。


ちなみに、魔法のiらんどのスマホアプリも存在。ガラケーと一緒に消えたわけではないのです

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/08/news015.jpg 大好きな飼い主に、元保護猫がダイナミックハグ!! 「おかえりー!」と飛びつく姿に「かわいすぎる」の声
  2. /nl/articles/2112/08/news122.jpg ビジュアル系バンド「nurie」小鳥遊やひろさん、追突事故に巻き込まれ逝去 他メンバーも病院へ搬送
  3. /nl/articles/2112/07/news156.jpg 渡辺直美、NYで運転免許取得も「絶望」 “不意打ち”顔写真採用に困惑「どんな表情でどんな髪型なの?」
  4. /nl/articles/2112/06/news051.jpg お風呂に呼ぶ父に息子が「行けるわけなかろーもん」 猫さまとラブラブな光景に「息子さん正しい」と賛同の声
  5. /nl/articles/2112/06/news149.jpg 47都道府県の「県章」を仮面ライダーにアレンジ 各地の特色を宿した空想ヒーローに全国特撮ファン大盛り上がり
  6. /nl/articles/2112/08/news086.jpg 【その視点はなかった】常に丁寧口調の同僚に、評判の悪い人への印象を聞くと「こちらも親指が下がる思い」と低評価
  7. /nl/articles/2112/08/news100.jpg 井上和香、6歳娘と“笑顔いっぱい”温泉旅行2ショット 「娘との関係がうまくいかない」と育児に悩んだ過去も
  8. /nl/articles/2112/08/news024.jpg 猫「え……それ私のおやつでは??」 困惑の表情で風呂場に立ち尽くす猫ちゃん、かん違いする姿がかわいい
  9. /nl/articles/2112/07/news029.jpg 「キッチンから落ちゆく猫」 ペットシッターさんがとらえた決定的瞬間の写真に「動画で見たい!」「犬神家みたいw」
  10. /nl/articles/2112/08/news081.jpg 矢田亜希子、豊川悦司とのドラマ「愛していると言ってくれ」兄妹2ショット ファン「これはエモい」「私の青春だ」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  3. 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  4. 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  5. 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  6. ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  8. アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  9. 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  10. ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」