ニュース
» 2019年04月16日 11時15分 公開

トヨタ、「EV版 C-HR」を世界初披露 上海モーターショーで (1/2)

トヨタもいよいよEV出す……!! 中国で2020年販売開始予定。

[ねとらぼ]

 トヨタ自動車は4月16日、中国で開催した上海モーターショー2019で「C-HR」と「IZOA」の電動車(EV)を披露しました。

photo 上海モーターショーで初披露したEV版「C-HR」と「IZOA」(写真:トヨタ自動車、以下同)

 C-HRおよびIZOA(中国市場向けのC-HR兄弟車、日本未発売)のEV版は自社ブランドとして中国初投入とするEV。2020年に販売を開始します。

photo EV版「C-HR」
photo EV版「C-HR」インテリア
C-HR/IZOA EV(YouTube/トヨタ自動車株式会社)

 またこの2車種を皮切りに2020年代前半にグローバル市場で10車種以上までEVを増やす計画。2030年にはグローバルで電動車販売550万台以上の目標を掲げています。

photo 「IZOA」(日本未発売車種)
photo 「IZOA」インテリア

 上海モーターショーではこの他に、ハイブリッドシステム搭載の新型車「RAV4」(関連記事)、「カローラ」「レビン」(関連記事)のプラグインハイブリッド車、「中国の90後(1990年以降生まれ)の若者の価値観やライフスタイルに合うクルマ」として提案するEVコンセプト車「RHOMBUS」などを披露しました。

 また、トヨタが特に推進する燃料電池車(FCV:Fuel Cell Vehicle)についても、市販済み車種「MIRAI」を軸に2017年から中国で実証実験を進めていることを強調。トヨタ自動車の吉田守孝副社長が「FCコースター(小型バス車両)の中国導入など、さまざまな検討を進めている」と述べました。

photo 1990年以降生まれの若者の価値観やライフスタイルに合うクルマ──として提案するコンセプトカー「RHOMBUS」
photo 「RHOMBUS」は1+2+1のシートレイアウト。運転席を回転し、鉄道のボックスシートを利用するかような感覚で楽しく移動できることを提案する内装とした


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン