ニュース
» 2019年04月19日 12時10分 公開

「けものフレンズ」のアライさん“なりきり”アカウント、なぜかTwitterで異常増殖 1000人超えの規模に

大変なことになってるのだ。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 「けものフレンズ」シリーズに登場するアライグマのフレンズ、アライさんになりきるTwitterユーザーが大量発生し、今なお増え続けています。一体なにが起こっているのだ……。


「けものフレンズ」人気キャラのアライさんなりきりアカウント、なぜかTwitterで異常増殖 1000人超えの規模に アライさんはアライグマのフレンズなのだ

 アライさんは一人称が「アライさん」で、喋る際は語尾に「〜のだ/〜なのだ」を付けるのが特徴。ゲームやアニメではフェネックと仲良し。思い込みが激しく暴走気味なアライさんと、それをほどよい距離感で見守るフェネックの二人組は根強い人気を誇っていました。

 そんなアライさんの口調をまねつつ、日常の出来事をつづるアカウントが急増。中でも目立つのが、やたら荒んだ日常を送っている「アライさん」たち。アカウント名をひと目見ておおまかなキャラが把握できるのが特徴で、「リボ払い返済するアライさん」「限界アニメーターのアライさん」「サメ映画しか観ないアライさん」「神主になったアライさん」など、ジャンルはさまざまです。


「けものフレンズ」人気キャラのアライさんなりきりアカウント、なぜかTwitterで異常増殖 1000人超えの規模に 検索するとたくさん出てくるのだ

 個々のツイート内容の真偽は分かりませんが、専門的な知識や学校・仕事・人生の愚痴がアライさん口調で淡々と吐き出される様子はシュールそのもの。1000以上にものぼるなりきりアカウントを一覧化する人も現れ、パンチの効いた面々に一般のTwitterユーザーにも困惑が広がっています。



 Yahoo!リアルタイム検索で「アライさん」のワードを検索してみると、Twtterの言及数が急増したのは4月11日。それまでも1日に1000件前後の言及がありましたが、4月11日には2026件へと倍増。そのまま加速度的に増殖を続け、4月16日にはついに1万件の大台を超えて1万6339件を記録。さらに4月17日には2万572件に到達しています。完全にミーム化しているのだ。


「けものフレンズ」人気キャラのアライさんなりきりアカウント、なぜかTwitterで異常増殖 1000人超えの規模に 増えすぎなのだ

 アライさんの口調がブームになるのはこれが初ではなく、アニメ「けものフレンズ」(1期)人気全盛の2017年3月末ごろにも加速度的に流行ったことがありました。その際は「やめるのだフェネック」という本編に登場しない定型文が流行。アライさんとフェネックの百合文脈な二次創作から派生した定型文で、次第に「暴走キャラのフェネックとそれを静止する博識なアライさん」という、本編からは逆転した関係性が先行するようになり、ファンから賛否が上がる現象も見られました。

備考:「やめるのだフェネック(で学ぶ〜)」ネタに対する否定的な意見まとめ - togetter


「けものフレンズ」人気キャラのアライさんなりきりアカウント、なぜかTwitterで異常増殖 1000人超えの規模に 「やめるのだフェネック」が2017年3月末ごろから流行。当時Yahoo!リアルタイム検索をキャプチャーした画像がパソコンに残っていたのだ

 今回の流行で出現した「アライさん」たちは、本編での設定からは切り離されて、アライさんの仮面をかぶりつつそれぞれの個性を発揮している印象を受けます。

 しばしば二次創作で独自進化を遂げたキャラ設定が本家に逆輸入され、ファンコミュニティが荒れるという現象も発生しがちですが、今回はたぶんその心配はなさそう。しばらくはTwitter上で、独自の生態系を形成していきそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた