ニュース
» 2019年05月22日 18時00分 公開

「音楽以外の要素もロックの一部!」復活発表前にマキシマムザ亮君が語っていた、ホルモンを紐解くインタビューを解禁!(1/2 ページ)

コッテリ=生き様です!

[のとほのか,ねとらぼ]

 約5年半ぶりの新作を、読み切り漫画1冊+CDの書籍として“発刊”し、バンドにフランチャイズ制を導入するなど、ユーモアとクリエイティブに満ちた企画が話題を集めるマキシマム ザ ホルモン(以下、ホルモン)。そんなホルモンの司令塔で、全ての作詞作曲を手掛けながら、最近では日清食品「カップヌードル コッテリーナイス」のプロモーションのクリエイティブ全てを担うアウトサイダー広告代理人に就任したマキシマムザ亮君(歌と6弦と弟)にインタビューさせていただく機会がねとらぼに舞い込んできたので、たっぷりお話を聞いてきました!

マキシマムザホルモン マキシマムザ亮君 これからの麺カタコッテリの話をしよう

 ちなみに、普段取材をする際はマネージャーや会社の人などたくさんの大人も同席する場合がほとんどですが、「人がたくさんいる中でしゃべりたくない」という亮君の意向により、1対1のインタビューとなりました。

マキシマムザホルモン マキシマムザ亮君 これからの麺カタコッテリの話をしよう カメラマンもいますが、1対1のインタビューとなりました

―― サシスタイルのインタビューは初ですが、本日はよろしくお願いします。亮君すごい痩せましたね。

マキシマムザ亮君(以下、亮君): そうですね、生活習慣病で医師にこのままだと死にますと言われたのがきっかけでダイエットしました。普通、痛風って足が痛くなるって聞くじゃないですか。でも僕の場合、キ○タマが突然痛くなって。病院でいろいろ検査した結果「あらゆる数値がおかしいから、多分合併症が起きてます」と言われて、そこから家族が病院に呼ばれて、奥さんと食事指導を受けました。

―― 完全にレッドカードじゃないですか……。

亮君: 実は、この事件が起きる5年前くらいから人間ドックの検査は常にやばかったんです。要検査の結果よりさらに悪い結果が出ていて。無視していたんですけど、それを機に週8で食べていたラーメンもやめて、ボクサーが減量するときぐらいの勢いでトレーニングを始めたら一気に体重が落ちちゃって、周りから「変な病気じゃないか」って言われまくりましたね。これは、「maximum the hormone II 〜これからの麺カタコッテリの話をしよう〜」という曲のきっかけでもあるんですけど、痩せたことに対してパブリックイメージが壊れてファンから批判の声がたくさん出て。正直自分自身でも100キロあったあのころの方が珍獣クリーチャー感あるし、ホルモンぽいって思いますもん(笑)。

「maximum the hormone II〜これからの麺カタコッテリの話をしよう〜」

 今はメンバーのダイスケはん(キャーキャーうるさい方)が頚椎椎間板ヘルニアと診断されてからライブ活動休止していますけど(取材は4月)、復活に向けて今は体脂肪を上げないように、体を筋肉で大きくして、新しい怪物感出したくて。「ダウンタウン」の松ちゃんを尊敬しているのであんな歳の取り方目指してます(笑)。

マキシマムザホルモン マキシマムザ亮君 これからの麺カタコッテリの話をしよう

2018年11月に待望の新作「これからの麺カタコッテリの話をしよう」を“書籍”として発刊

―― 新曲も出ましたし、ライブ復活が楽しみです。

亮君: 「これからの麺カタコッテリの話をしよう」は作品としては「Deka Vs Deka〜デカ対デカ〜」以来約3年ぶりで、新曲としては「予襲復讐」以来約5年半ぶりです。

 ※インタビュー後日、ダイスケはんのリハビリ経過良好に伴い、待望のライブ再開/ツアー開催が発表されました

―― 飢え死にしかけていた腹ペコ(ホルモンファンの総称)にとっては待望の新作ですね。2018年9月に新曲「拝啓VAP殿」のMVが公開された際には、これまでのヘドバン、デスボイスを封印した他、“惑星亮語”という謎の言語で歌われた歌詞が話題になりました。

亮君: 歌っているのはほとんどハチャメチャ語ですね。リリースに際して特別オープンした通販サイトでグッズを買うとおまけで付いてくるクリアファイルでも発音している歌詞を見ることができます。まあカラオケでもちゃんとその発音用の歌詞が表示されるので、見ながら歌えますよ。


発音一部抜粋
スペルマ熟れろホール弾シズ子 フュージョン連立豪雨 鮮ママビール瓶カルマセンスいいYOU! 浴び捨てるナンバー(3-5) ビアーガーデンスポーツ 不倫ね血怠慢俺ん家ファズ未論
レズ魔ロマン他愛人間の叔母 JASってかレファセール 11(イレブン)ジャスバリアーfabley you! ハイスピード連合の低空バイ油 勝利セロリLOVER SORRY 相場デイリーの往来



―― 意味不明だった……。MVの最後ではレーベルをVAPからワーナーミュージック・ジャパン(以下、ワーナー)に移籍したことを発表してますが、なぜこのタイミングの移籍だったんでしょう?

亮君: VAPでずっとお世話になっていた人が、ワーナーに転職したからです。これをきっかけにVAPにいたラウド系のバンドはワーナーに移籍して、最後に残ったのが僕らだったんですけど、結局その人と一緒に仕事したいという理由で移籍しました。あとは、ワーナーのロゴマークがメジャー感あって個人的に好きなんで、パッケージにあのロゴ入れたかったから移籍したという説もあります(笑)。

マキシマムザホルモン マキシマムザ亮君 これからの麺カタコッテリの話をしよう 「やっぱりこのマークがあるとメジャー感出るよね〜。VAPもメジャーだけどさ」と語る亮君

―― MVでもこのマークがデカデカと出ていましたね。ワーナーに移籍後初の新作は書籍ですよね。かなり規格外な形態ですが、なぜこのような形に?

亮君: 僕が脚本を務めて『コロコロアニキ』で連載していた漫画『マキシマムザ亮君の必殺!!アウトサイダー広告代理人』を単行本として出すとなったとき、ガチ勢ファンしか買わないアイテムになるのは嫌だったんです。「ホルモンの楽曲同様に魂込めて作った漫画だし、絶対ホルモンの作品の中に合体したろ!」って初めから企んでました。あと過去にCDやDVDのランキングでホルモンの作品がランキング1位になったことがあって、じゃあお次はロックバンド初の書籍ランキング1位獲ったる! て気持ちもありましたね(笑)。

―― 音楽というフィールドを超えて書店にまで……。本+CDというだけあって、パッケージがめちゃくちゃ豪華ですね。デザインは亮君が?

亮君: 僕ですね。帯の言葉やキャッチコピーなど広告代理店の人がやるようなことが昔からすごい好きで、パッケージは音楽の中身同様ずっとこだわってます。学生のころ、集めたCDの帯を袋に入れてコレクションしたり、架空のバンドのCDジャケットをデザインしたり、物質としてCDのジャケが大好きなんですよね。

 でも最近のCDショップって、万引き防止で現品を陳列してくれないところが多いんです。「予襲復讐」というアルバムを出したときも、「何だこれ? ホルモンのアルバムか!」と思ってもらいたくてパッケージをこだわって作ったのに、商品がカラーコピーされたものが変な透明パネルに入れられて、レジに持っていけば現品と交換みたいなシステムになっていて……。

 もうただでさえCDショップにくるお客さんが減っていて、ジャケ買いしてもらえない現状があるのに、こだわったパッケージは現物を陳列してくれないという悲しい状況になっていて、さらに今はSpotifyとかApple Musicとかのサブスクリプション(以下、サブスク)が主流になってますし、もはやCDなんてなくてもいいのかなと思うこともあります。でも僕は形あるCDというものにもこだわりたく、現在、ジャケ買いのカルチャーが唯一残っている本屋さんで、本としてCDを出すという一手を思い付きました。漫画として売ってますが、やはりメインは音楽のCDなので、パッケージからディスクが見えるような、それでいて本なのか雑貨なのかわからない商品になるようにデザインや仕様は試行錯誤しました。

マキシマムザホルモン マキシマムザ亮君 これからの麺カタコッテリの話をしよう しっかりCDが見えるようになっている

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」