ニュース
» 2019年07月10日 12時00分 公開

夏休みはてっぱくへごぉぉぉ! プラレール60周年「プラレール博物館」が鉄道博物館内に開館、7月19日から

巨大「E5系はやぶさ型ジオラマ」がすごそう。

[大泉勝彦,ねとらぼ]

 タカラトミーが「プラレール」の発売60周年記念展「プラレール博物館 〜昭和・平成・そして令和へ プラレールの歴史〜」を、埼玉県・大宮の鉄道博物館で開催します。

プラレール60周年記念展 「プラレール博物館 〜昭和・平成・そして令和へ プラレールの歴史〜」

 プラレール博物館は、鉄道博物館の協力のもと、夏休み期間に合わせて開催するプラレール発売60周年イベントの1つ。子どもも、現役世代も、親世代も親しんだプラレールの世界観や歴史を存分に盛り込んだ「親子3世代で楽しく学べ、遊べる展示」を目指しました。

 「プラレールの歴史・現在・未来」コーナーは、プラレールのこれまでの歴史とこれからを、本物の鉄道に関する展示も交えつつ、鉄道博物館の学芸員やプラレール担当者の解説付きで展示。1959頃に登場したプラレールの原型「プラスチック汽車・レールセット」から最新のプラレールアイテムまで100点以上の実物に触れられます。

プラスチック汽車・レールセット 幻とされる、プラレールの原型「プラスチック汽車・レールセット」、当時はモーター駆動ではない手押し玩具だった
“未来の駅舎” タカラトミーのプラレールチームが思い描く“未来の駅舎”の再現ジオラマ

 「特別展示・プラレールができるまで」コーナーは、令和初のプラレールセット商品でもあるプラレール60周年記念商品「レールも!車両も!情景も!60周年ベストセレクションセット」を例にして、「プラレールができるまで」の過程をスケッチや試作品と共に学べます。世に出ない試作品が見られる機会はめったにないでしょう。

「レールも!車両も!情景も!60周年ベストセレクションセット」 60周年記念プラレールセット「レールも!車両も!情景も!60周年ベストセレクションセット」(タカラトミーの公式ページより
「レールも!車両も!情景も!60周年ベストセレクションセット」に含まれるオリジナル車両「レッドフライナー」のスケッチ オリジナル車両「レッドフライナー」のスケッチ
オリジナル車両「レッドフライナー」の試作品 オリジナル車両「レッドフライナー」の試作品。かなりかっこいいぞ

 「鉄道博物館×プラレール コラボ展示」コーナーも目玉です。ここでは「E5系新幹線はやぶさ」と「E235系山手線」の2つの車両に焦点を当てて、鉄道博物館に収蔵されている貴重な資料とプラレールの開発資料が並んで展示されます。

プラレールの新幹線高速試験電車「ファステック360S」 新幹線高速試験電車「ファステック360S」のプラレール
プラレールの新幹線高速試験電車「ファステック360S」 ファステック360S(E954型電車)は、JR東日本が時速360キロで営業運転を行うためのデータ収集を目的に開発した試験車両。黄色い耳は「空力ブレーキ」だそうです

 本館1階エントランス付近にどどーんと置かれる巨大プラレールジオラマ「E5系新幹線はやぶさ プラレール車両ジオラマ」も忘れてはなりません。「E5系新幹線はやぶさ」の形を青いレールで再現した、幅約3.6メートルに達する超デカいレイアウト。実物はさぞや迫力があるでしょうね。

 開催期間は2019年7月19日〜9月1日。鉄道博物館の入館料で入場できます。

「E5系新幹線はやぶさ」の形をプラレールの青いレールで再現 「E5系新幹線はやぶさ」の形をプラレールで再現した巨大ジオラマ。これはすごそう

大泉勝彦

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.