ニュース
» 2019年07月18日 12時26分 公開

京都アニメーションで火災、33人が死亡、負傷者30人以上 放火事件として平成以降最悪

身柄を確保された男は運転免許証などから関東在住の41歳との報道も。【更新】

[ねとらぼ]

 京都府宇治市にある、アニメーション会社「京都アニメーション」のスタジオで、7月18日午前10時すぎに火災が発生しました。京都市消防局に確認したところ、正午時点でまだ消火活動は続いており、重軽傷合わせ30人以上が負傷しているとのことでした。


京都アニメーション 火災 画像提供:松下さん

京都アニメーション 火災 画像提供:橘びゅうさん

 通報があったのは午前10時35分で、一部では「男がガソリンのような液体をまいた」との報道も。男の身柄はすでに確保されたとのことです。火災の様子をとらえた写真や動画はTwitterにも多数投稿され、ネット上でも心配する声が多くあがりました。けが人の内訳は、現時点で重傷10人、中等傷10人、軽症18人で、順次救急搬送中。まだ鎮火していないこともあり、今後増える可能性もあります。



京都アニメーション 火災 画像・動画提供:さん

 同社は「けいおん!」「涼宮ハルヒの憂鬱」「響け! ユーフォニアム」など、人気作品を多数手掛けたアニメーション会社。火災による作品への影響などは現時点では不明です。









18日12時35分追記

 報道によると、複数人の死亡が確認されたとのことです。


18日13時20分追記

 京都府消防局によると、13時20分時点で1人の死亡が確認されたとのこと。現時点でのけが人の人数は、重体10人、中等傷6人、軽傷19人。13時10分時点で全員が病院に搬送されたとのことです。また、約20人ほどが行方不明との報道もあり、現場では行方不明者の捜索と平行し、依然放水活動が続けられているとのことでした。


18日15時20分追記

 消防庁によると、人的被害は37人以上。死者1人、重症10人、中等傷6人、軽傷20 人。それ以外に、建物内で12人の心肺停止者を発見し、消防隊が救出活動中としています。

18日17時40分追記

 人的被害は60人と消防庁が発表。死者7人、心肺停止17人、重症10人、中等症6人、軽症20人。

18日20時追記

 死者20人と消防庁より発表。心肺停止4人、重症10人、中等症6人、軽症20人。19時45分時点で人的被害は60人に上ります。出火時は建物内におよそ70人がいたもようで救出活動は続いています。また物的被害は建物全焼と発表されました。

 出火原因については調査中としつつも、「現場付近の路上にガソリンが検出された20リットル携行缶が2缶あり、ガソリンをまいて火を付けたとの情報あり」と記されています。

18日21時50分追記

 33人の死亡が確認されたと報じられました


※追記に伴い、初報から一部タイトルなど変更しております。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.