特集
» 2019年08月11日 20時00分 公開

「誰もが知っているこわい話」の共通点とは? “こわい話”を解剖する(1/2 ページ)

こわい話を解剖すると、もっとこわいものが出てくるかも。

[白樺香澄,ねとらぼ]

 ――10年ほど前、あるブログが炎上した事件を覚えているだろうか。

 障害者や生活保護受給者といった人々に対する差別的な記述が繰り返されており、SNSやネット掲示板上でさらされ、非難とともに拡散された。

 掲載されていた画像のひとつに、ブログ主と思われる女性の顔が窓に反射する形で写りこんでいたことから、それがいわゆる地下アイドル活動をしている東京の女子大生だと、身元が特定されるまでそう時間はかからなかった。本名や住所、メールアドレスがリークされ、やがて最悪の事態につながった。ブログ主とされた女子大生が、自宅のそばで待ち伏せていた男に硫酸をかけられたのだ。顔の半分を焼かれ、失明する大火傷だった。

 ネットでブログのことを知り、義憤に駆られての犯行だったと逮捕された男は語った。

 しかし、事態はここから思わぬ方向に進む。

 実は炎上したブログは、真っ赤な偽物だった。女子大生が運営していた本物のブログから画像を転載し、多くの人に非難されそうな内容の文章をでっち上げたものだったのだ。

 犯人はすぐに逮捕された。アイドルだった被害者のファンで、ストーカー化してイベントを出入り禁止になっていた男だった。

 「彼女がみんなから嫌われれば良いと思った」犯人は動機について、そう話したという。

 結局、裁判では犯人が傷害事件を予期できたとまで認定することはできず、名誉毀損以外の罪に問うことはできなかった。事件の顛末はメディアではほとんど取り上げられず、それは「犯人が在京キー局幹部の息子だったため」というまことしやかなウワサも流れた。

 ネット上には、怒りや悲しみに彩られた「物語」があふれている。正義感からその拡散に手を貸そうとしているあなた、その「拡散希望」は本物ですか?――

 ……というこわい話は、私がでっち上げた大ウソです身に覚えのないネットリンチでひどい目に遭った地下アイドルは居ないので安心してください。ここからは、この“こわい話”を解剖していきます。

怖い話

白樺香澄

ライター・編集者。在学中は推理小説研究会「ワセダミステリ・クラブ」に所属。クラブのことを恋人から「殺人集団」と呼ばれているが特に否定はしていない。怖がりだけど怖い話は好き。Twitter:@kasumishirakaba


こわい話が「拡散」される条件=「アピール」「実話っぽさ」「メッセージ性」

 誰もが知っているこわい話、というのがあります。

 例えば「口裂け女」や「トイレの花子さん」のような、世代や地域(時には国境すら)を超えて、多くの人に語られ、怖がられ続ける怪談。

 ジャン・ハロルド・ブルンヴァンはアメリカのあらゆる都市伝説を収集・分析した名著『消えるヒッチハイカー』の中で、ある「物語」が「伝説」として長く語り継がれるものになるための条件として、以下の3要素を挙げています。洋の東西を問わない黄金律でしょう。

怖い話 物語が長く語り継がれる3つの条件

 例えば「口裂け女」で言えば、「口が耳まで裂けた女性」という鮮烈なビジュアルイメージが(1)であり、「友達の友達が見たらしい」「〇〇町の交差点に出たらしい」といった、ウワサが伝ぱする中で付加される具体的な目撃者・目撃場所の情報が(2)といえるでしょう。

 そして(3)は、「口裂け女」遭遇譚の多くが夕方以降、特に「夜、塾の帰り道」というシチュエーションを選んでいることから想像できます。

 ひとつは、「子供が夜一人で出歩かない方が良い」というシンプルな教訓。

 そしてもうひとつは、「子供の塾通い」自体へのネガティブメッセージです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/22/news030.jpg 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響
  2. /nl/articles/2205/22/news031.jpg パーパー・あいなぷぅ、“パンパンに腫れてた”整形のダウンタイム披露 術後1カ月の完成形に「より可愛くなってる」
  3. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  4. /nl/articles/2204/02/news044.jpg めちゃくちゃ痩せてる! 22キロ減の華原朋美、ピタッとしたレギンス姿でダイエットの成果を見せつける
  5. /nl/articles/2205/21/news065.jpg 名画「牛乳を注ぐ女」を3Dモデル化してみたら……? 高度なCG動画が破壊力抜群で牛乳噴きそう
  6. /nl/articles/2205/21/news062.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得の柚葉さん、所属コミュニティーから「無期限の会員資格停止」処分 権利放棄の報告も?
  7. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  8. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  9. /nl/articles/2205/20/news183.jpg 博麗神主・ZUNさん「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動について見解 「東方」二次創作としての「ゆっくり茶番劇」使用は問題なし
  10. /nl/articles/2205/22/news006.jpg カラスに狙われていた子猫を救助 勇敢な保護主がつないだ命に「保護ありがとう」「幸せになってほしい」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声