ニュース
» 2019年08月16日 11時00分 公開

大井川鐵道で昭和の「EL列車」運行 電化70周年記念で冬季期間中に大増発

昭和の列車にタイムスリップ。2019年10月31日から。

[大泉勝彦,ねとらぼ]

 大井川鐵道が2019年10月31日から、期間限定で電気機関車(EL)がけん引する列車「ELかわね路号」を大増発して運行すると発表しました。

EL列車 大井川鐵道を走行するEL列車(写真:大井川鐵道プレスリリースから)

 今回のEL列車は、1949年12月1日に電化した大井川本線の電化70周年記念で運行。ELはこの本線電化に合わせて自社発注した1949年(昭和24年)製造の2両を主に使い、客車も旧国鉄のものを使います。大井川鐵道名物のSL列車やアプト式とともに、昭和時代にタイムスリップするような行程を楽しめそうです。

 運転期間は2019年10月31日から12月31日までの休日を含む43日間。運転区間は大井川本線の新金谷〜千頭駅間。乗車区間の運賃とEL急行運賃(大人500円、小人250円)で乗車できます。

EL列車 EL列車の運転日
EL列車 ELかわね路号(写真:大井川鐵道Webサイト 以下同)

 予約は大井川鐵道公式サイトの申し込みフォームか、電話にて。当日に空席がある場合には当日券も発売します。



 使われる機関車は大井川線電化当時から在籍する1949年製造の「E101」「E102」と、1986〜87年に製造された元西武鉄道の電気機関車のいずれかです。客車は1930年〜50年代に製造された旧国鉄で活躍したもので、2人ずつ向かい合せのオールボックスシート仕様です。運行は冬季ですが、客車内には暖房設備がないので乗車時は防寒対策をお忘れなく。

EL列車 昭和を感じられる旧型客車車内の様子

 なおEL列車を15人以上で利用する団体客向けに、予約制限定プランも一部の日程で用意します。

EL列車 団体客向けの限定プランで提供される「大井川鐵道ELオリジナルパフェ」

 この団体向けプランは、新金谷駅構内で営業する「This is Cafe」のパティシエが作る特別メニュー「大井川鐵道ELオリジナルパフェ」を車内で楽しめる特典付き。料金は乗車料金に加えて、1人あたりプラス500円。申し込みは大井川鐵道の営業部SLセンターで受け付けます。オフ会やイベントなどに良さそうです。

 大井川鐵道といえば、SL列車やアプト式、トーマス号、そしてうっとりする絶景と秘境駅の「旅したくなる鉄道路線」(関連記事)の1つ。国内でも数少なくなったEL列車の「乗り」も新たな名物になりそうです。冬休みは昭和時代の列車気分を味わうEL列車の時間旅行へ行ってみてはいかがでしょうか。

大泉勝彦

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  2. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  3. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  4. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  5. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news090.jpg 古坂大魔王「暇過ぎて家をアミューズメント化」 遊具いっぱいの自宅に「子供の楽園だ!」「遊びに行っていいですか?!」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」