ニュース
» 2019年09月02日 11時20分 公開

「同性愛は遺伝子だけで決まらない」 約47万人対象の研究結果、米ハーバード大などが発表

“同性愛遺伝子”は確認されなかった。

[関口雄太,ねとらぼ]

 同性愛を決定づける遺伝子は存在しないという研究論文が、学術誌『Science』に掲載されました。研究チームの結論は「遺伝要素と非遺伝要素がそれぞれに影響する」としており、性的指向を決定付ける特定の遺伝子は見つからなかったとしています。


「同性愛は遺伝子だけで決まらない」 約47万人対象の研究結果を発表 約47万人が調査対象となっている(画像は論文より)

 米ハーバード大学や豪クイーンズランド大学などの研究者が行ったこの研究には、遺伝子研究機関UKバイオバンクと遺伝子検査企業23andMeの登録者から47万人以上の人々が参加しています。参加者はいずれもヨーロッパ系を祖先としており、研究では「同性との性的関係を持ったことがある」人の遺伝子を調べています。

 研究チームは非異性愛的指向に影響する遺伝的な要素を8%から25%の間と見積もりました。残りの要素については、胎児のときに受けたホルモンや社会生活を通して受ける影響ではないかとしています。


 研究チームが今回発見した性的指向との強い関係がある遺伝子変異は全部で5種類です。匂いに関する遺伝子や男性のハゲに関する遺伝子などが確認されています。ただし、これらの遺伝子の特徴が同性との性行動に関連するのは1%未満であるとしており、他にたくさんの小さな遺伝的変異が影響して性的指向を決めているようです。今回の研究では、ある特定の同性愛遺伝子というものが存在するわけではないと発表されています。


 海外の報道では、この調査に加わっていない研究者から「同性との一度だけ性的関係を持った人物を非異性愛者として数えていることから研究結果は限定的と考えられる」や「この研究では、性的指向についての尺度が良くなかった」という意見も上がっています。


 今回の研究に協力した23andMeは、「同性との性的関係を持つことは多くの人が信じるよりも微妙な差異によるもので、人格や人間の特徴などに似ています。遺伝的要因と環境的要因の組み合わせによるのです」と言及しました。


「同性愛は遺伝子だけで決まらない」 約47万人対象の研究結果を発表 UKバイオバンクのデータでは同性との性行動の報告は増加傾向(画像は論文より)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響