「ラブ波」「ダークマター」「ヤング率」実在するヘンな科学用語たち

科学用語はかっこいいものばかりじゃなかった。

» 2019年09月07日 12時30分 公開
[てんもんたまごねとらぼ]

 突然ですが専門用語ってかっこいいですよね! 特に科学用語は「真空」「ブラックホール」「シュレディンガー方程式」などなど、中二心をくすぐるカッコいいパワーワードのオンパレードです!

 しかし、そんななかで、響きがヘンな科学用語もあるんですよ。今回はそんな「ちょっとヘン?」な科学用語をピックアップしてみました!



ダークマター(暗黒物質):天文学用語

 「ダークマター」または「暗黒物質」、まだぎりぎり「かっこよさ」を維持していますが、よく考えるとヘンな単語です。暗黒って何なの!? 黒い物体なの!? 闇属性なの!?

 ……違います。

 ダークマターは「宇宙にはたくさんあるはずだけど、それ自体が光をださないから光学的に直接観測できないモノ」という意味です。

 例えるなら、「暗闇の中で、遠くにろうそくが灯っていると望遠鏡などで見えるが、遠くに落ちている石ころは見えない。でも石ころがあるということだけは分かる」、という状態。

 私たちの周りにはさまざまな元素がありますが、私たちに見えている物質は宇宙のわずか4.9パーセントにすぎない、といわれています。そして、正体不明の暗黒物質が26.8パーセント、これまた正体の分からない暗黒エネルギーが残り68.3パーセントを占めているんです。

 つまり、宇宙の約95パーセントは「正体不明なもの」で占められている、ということ(!)。これってちょっと衝撃ですよね。



ヤング率:物理用語

 ヤング率? うんうん、知ってるよー、ナウでヤングな若者の割合でしょ?(死語)

……はい、全然違います!

 「ヤング率」は物理用語で、ごく簡単に説明すると「ある固体を引っ張ったときに、引っ張った力に対してどれだけ変形するかに関わる比例定数」という意味で、「伸び弾性率」ともいわれています。

 ちなみにヤング率は鋼鉄、銅、金の順で小さくなっていきます。つまり、ヤング率が大きいほど固い、小さいほど柔らかい、というイメージをもつといいかもしれません。



 これは1807年にイギリス人のヤングさんが提唱したため、「ヤング率」と呼ばれることになりました。スペルも本当に「young(若い)」と同じスペルなんですよ。何歳になっても「young(若い)」だなんてちょっとうらやましいかも。


ラブ波:地学用語

 ラブ波、英語で「Love wave」。え、つまりこれは愛の波動……「ラブコメの波動を感じる」っていうやつですか!?

 ……はい、残念ながら(?)これもれっきとした「科学用語」なのです。

 「ラブ波」は、地震に関する地学用語です。地震ではさまざまな地震波が発生します。理科でおなじみのP波、S波に加えて、T波、後続波、さらにはレイリー波、ラブ波などがあります。

 P波、S波、といえば、地震の時に地下の岩盤を伝ってやってくる実体のある「実体波」ですが、レイリー波、ラブ波は地球の表面を伝わるため「表面波」と分類されます。レイリー波は表面に対して垂直に振動します。ラブ波は表面に対して水平に振動します。



 このラブ波の存在は、1911年にイギリスの数学・物理学者オーガストゥス・ラブさんが理論的に証明し、またその名前が付けられました。つまりヤング率と同じく、「人名がついたパターン」です。


まとめ

 カッコいい専門用語だらけと思われる科学用語でも、時々クスッと笑えるヘンな響きの科学用語もあります。

 大まじめに話しているときは案外気付かないものですが、リラックスしていろんな単語を眺めてみるとまだまだヘンな単語に出会えるかもしれませんね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」