レビュー
» 2019年09月16日 11時10分 公開

不倫相手に生ませた子どもに、6000万円の養育費を確実に渡したい 聞く耳を持たない相談者がまくし立てる「テレフォン人生相談」先週のハイライト(1/2 ページ)

相談者「子育て詐欺だ!」アドバイザー「そんな詐欺はない」激しい応酬。

[北村ヂン,ねとらぼ]

 「テレフォン人生相談」(ニッポン放送・月〜金曜11時〜 配信)先週のハイライト。不倫関係にあった女性との間にできた子どもに対して、これまでに約6000万円の養育費(?)を支払ってきたという相談者。支払った金や、その金で買った土地・建物を確実に自分の子どもに渡るようにしたいと考えているようだが……。


テレフォン人生相談 パーソナリティ:加藤諦三(評論家)、今井通子(作家・登山家)、ドリアン助川(作家・ミュージシャン)、柴田理恵(女優・タレント) イラスト/北村ヂン

 とにかく相談者はドバーッと言いたいことを言いまくる上に、発言がとっちらかっていて、聞き手側がじょじょにいらだっていく。

既婚女性に2人の子どもを生ませたが……

 相談者は59歳の男性。不倫関係にあった女性との間に、20歳の長男、18歳の長女がいる(女性の夫の子として育てているので、長男、長女と呼ぶのが正しいのか分からないが、ひとまず本人がそう呼んでいるので、相談者の遺伝子上の子ども2人をそう表記する)。

 32歳の時に結婚して、33歳で離婚しているのだが、結婚する半年くらい前に別の女性と2カ月間付き合っていたという。

 離婚後、37歳の時にその女性と再会して関係が復活。しかし女性は既婚者となっていた。

 「私が他の女性と結婚したことにより、その女性は直後くらいに結婚しました」

 再会した段階で女性には6歳、5歳、4歳くらいの子どもがいたというが(計算が合わないので年齢は相談者の思い込みだと思われる)、関係が復活したことにより、相談者との間でさらに、2人の子どもをもうけているのだ。

 既婚女性に2人も子どもを生ませるとは……。そして女性の方も、夫以外の男と2人も子どもを作るとは! すごい話になってきた。

 相談者が言うには、遺伝子チェックもしているため、相談者の子どもだということは間違いがないようだが……。

 女性とは、2人目の子どもが生まれた頃までの関係で、その後は年に2回くらい会う程度の付き合いだという。

 「子どもと直接会ったのは、3、4歳くらいまでの3回くらい。長女の方は生まれた直後一度のみです」(これも計算が変なのだが、細かいことは気にしないでおこう)

 相談者は養育費なのか慰謝料なのか、これまでに約6000万円を支払っており、女性は(相談者が主張するには)その6000万円にプラスしてどこからか借金をして、土地と建物を手に入れ、そこに住んでいるのだという。

 そして1年前頃から、その女性と連絡が取れなくなってしまったため、土地・建物や通帳などの財産が、夫や上の3人の子ども(夫との子)ではなく、相談者の子ども2人にキッチリ渡るようにしたいと考えているようだ。

 「たとえば、裁判とかそういうところに持っていってしまうと、お子さん2人が全部を知ることになりますよね?」

 「長男には会って全部の文面を渡してます。(長女も)大体は分かってるだろうと思います」

 さっき、長男とは3、4歳の時に会ったきりだと言っていたはずだが……?

 長男からはこの件に関しての返事はなく、女性との連絡もつかないため、相談者は月に1回くらいのペースで女性の自宅のポストへ書面を投函していたというが、ある時、女性の父親と鉢合わせてしまい激怒され、女性側は現在、警察と弁護士に相談しているという。

 単に養育費の行方うんぬんの話ではなく、この相談者、他にもいろいろとやらかしていそうだ。

 「あまりにもね、問題が沢山あり過ぎてしまって、全部に対して何かものを言うってことがかなり難しい状況なんですが……」

 「女性の手元にあるであろう通帳を受け取ることと、その送った財産が2人の子どもに渡るような手続きを図っておきたいだけです」

 ただ、相談者はこうも言っている。

 「その女性が昔のように心が元通り戻った場合はですね、引き続き、贈与税がかからない範囲のお金を送り続け……」

 要は、いまだに女性への未練があるということなんじゃないだろうか?

 この日のアドバイザーは弁護士の大迫恵美子。ゴチャゴチャとややこしいことを言っている相談者に激辛なアドバイスが炸裂する。

そんな方法はない(苦笑)

 まず指摘したのは、相談者の金で買った(と相談者は主張している)土地、建物を自分の子どもに渡したいと言っているが、そもそもそんな権利は相談者にないということ。

 「(土地建物を買った)資金がアナタから出ているということは、どういう風に?」

 「状況証拠のみですね」

 「どんな証拠ですか?」

 「周囲の人が状況を知れば即分かります」「うちの生活環境と、あと先方の生活環境で。6000万円を超える土地建物を……」

 「『あの人がそんなお金持ってるはずがない』みたいなことは状況証拠でも何でもないですよ!」

 それでも相談者は、自分が振り込んだ金額は通帳に記載されているはずだとか、メールでのやり取りが残っているだとか食い下がる。

 「養育費としてお支払いになってたんでしょ?」「それなのに土地建物が私(の子ども)のものだって言う根拠は何もないと思います」

 「とにかくですね、何らかの方法により、子どもたちがそう考えた場合、そのような状況を整える方策を(中略)伺いたいんです」

 「だから、そんな方法はないっていうことを言ってるんですけどね(苦笑)」

 そもそも、法律上はその2人の子どもも、女性と夫との間の子ということになっている。相談者が口を出す余地はないのだ。

 「遺伝子の話をし出すと別ですけどね!」

 食い下がる!

 「6000万円もお金を受け取っておきながら、そして約束を全部反故にして、裏切り行為に出たっていうことなんです。子育て詐欺、泥棒に当たるんです!」

 「そういう泥棒とか詐欺があるのかどうか知りませんけど……(苦笑)」


テレフォン人生相談 「子育て詐欺、泥棒」激しいことばを畳み掛ける相談者 イラスト/北村ヂン

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響