ニュース
» 2019年10月15日 16時30分 公開

災害後の感染症に注意 対策や清掃時の注意点は

知ってるようで知らない予防策も!

[谷町邦子,ねとらぼ]

 水害で水が引いた後の感染症対策を首相官邸が呼びかけています。家に入ってきた水や、泥をはじめとした流れてきたものは、感染症の原因となるものが含まれている恐れがあり、清掃時に注意が必要です。

 家屋からの感染症発生を防ぐためには、泥を取り除き、乾燥させるのが重要とのこと。そのため掃除が欠かせないのですが、浸水して数日後の家には、カビが発生している可能性も。ほこりやカビを吸いこんだり、目に入ったりすると、病気になることがあるので、換気やマスク・ゴーグルなどで対策をする必要があるそうです。


被災した家屋での感染症 安全が確認できて自宅に戻る場合は、まず換気からスタート

 傷口や掃除中のケガから感染症にかかることもあるので、作業には丈夫な手袋、底の厚い靴、長袖など肌の見えない服装が欠かせません。また、消毒に使われる白い粉状の消石灰は、肌や目に触れると炎症を起こすので、充分に注意しなければならないとのことです。


被災した家屋での感染症 次亜塩酸ナトリウムや消毒用アルコールなどで、どうやって家の中を消毒するかも記載


被災した家屋での感染症 泥や汚れた水ばかりだけでなく、砂ぼこりにも要注意

 感染症からの自衛と同時に、作業中の大きなケガや目の炎症など、健康を害した場合の医療機関での早めの受診も呼びかけています。


被災した家屋での感染症 換気・ゴーグル・マスク・手袋などで、感染症から身を守ろう

画像は厚労省のWebサイトから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.