ニュース
» 2019年10月25日 15時30分 公開

歩行者の位置をレーダー表示 小糸製作所のロード・プロジェクション・ランプが面白くてすごい

ゲームみたいでわかりやすい。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 KOITO(小糸製作所)が、光を使って路面にさまざまな情報を表示するシステム「ロード・プロジェクション・ヘッドランプ(RPH)」を開発。東京ビッグサイトで開催されている「東京モーターショー2019」に出展して、デモンストレーションを披露しました。

東京モーターショー TMS2019 KOITO 小糸製作所 プロジェクション・ヘッドランプ KOITOが開発した「ロード・プロジェクション・ランプ」を搭載したデモ車。路面に光で情報を表示するシステム

 ロード・プロジェクション・ヘッドランプとは、一般的なクルマのヘッドライトがある位置に、特殊な構造の専用ライトを取り付けて、プロジェクションマッピングなどと同様に「光で図形やピクトグラムなどを路面に表示する」というシステムです。

 これはクルマを運転するドライバーだけでなく、ほかのクルマを運転するドライバーや歩行者などとのコミュニケーションをサポートする役割を持ち、狭い道路で対向車とすれ違うときに気になる「車幅」を視覚的に示す機能のほか、近くにいる歩行者を検知してレーダーのように位置を示す機能、災害時に最寄りの避難所へ誘導するナビゲーション機能など、さまざまな機能の実装が検討されています。

東京モーターショー TMS2019 KOITO 小糸製作所 プロジェクション・ヘッドランプ 歩行者を検知したら
東京モーターショー TMS2019 KOITO 小糸製作所 プロジェクション・ヘッドランプ レーダーのように位置を表示。歩行者からもクルマの位置がわかりやすい
東京モーターショー TMS2019 KOITO 小糸製作所 プロジェクション・ヘッドランプ 狭い道ですれ違うときには
東京モーターショー TMS2019 KOITO 小糸製作所 プロジェクション・ヘッドランプ 車幅を表示してサポート

 まるでゲームみたいなレーダー表示は、ドライバーだけでなく歩行者からもクルマの位置がわかりやすくていいですね。

 今回のデモではクルマの目の前に表示されていますが、本来はドライバーの死角を避けて、10メートルほど先の見やすい位置に投影されるそうです。また、フロントのガラスで発生する光の屈折などの影響にも対応して、正確で視認性の高い投影となるとのこと。

東京モーターショー TMS2019 KOITO 小糸製作所 プロジェクション・ヘッドランプ KOITOブースの展示
東京モーターショー TMS2019 KOITO 小糸製作所 プロジェクション・ヘッドランプ RPHは本来ヘッドライトがあるところに設置され、左右の縦長ライトがロー・ハイのヘッドライトになっています

 小糸製作所では他にもリアの方向指示器を路面に表示するシステムなど、「光と路面」をテーマにした自動車技術の開発が進められており、「コミュニケーション」をテーマにしたサポートシステムの開発も行われています。今回の東京モーターショーではその一部が一般公開されており、そう遠くない未来で活躍してくれそうな技術が展示されていました。

東京モーターショー TMS2019 KOITO 小糸製作所 プロジェクション・ヘッドランプ リアの方向指示器を路面に表示するといった試みも

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.