ニュース
» 2019年11月20日 08時00分 公開

手軽にアボカドを育てられる栽培キットが登場 キャラクターのお腹で種をプカプカ支えるスタイル

部屋にグリーンがあるっていいよね。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 アボカドの種を簡単に栽培できるキット「AvoSeedo 2.0」が、Gloture(グローチャー)のECサイト「GLOTURE.JP」で販売されています。

AvoSeedo アボカド栽培キット「AvoSeedo 2.0」

 アボカドを食べた後に残る大きな種を見て「これを育てたらどうなるだろう?」と思った人も多いはず。「AvoSeedo 2.0」は、そんな好奇心を満たしてくれる栽培キットです。

AvoSeedo アボカドの種、確かに大きいです

 アボカドを発芽させるためには種の底が常に水に触れていることが必要。容器に水を入れて爪ようじで支える方法などがありますが、種に穴をあけなければならず、水位にも注意が必要です。

 「AvoSeedo 2.0」は浮き輪のようなパーツが水に浮いて種を支える構造。種に穴をあける必要はなく、常に水面との接触をキープしてくれます。

AvoSeedo (左)AvoSeedo(右)爪ようじを使う方法

 使用する際は薄皮を取り除いた種をキャラクターのお腹にセットし、付属の容器(植木鉢)に入れた水に浮かべることで発芽を促します。

 発芽すると種が割れることがありますが、AvoSeedoは沈むことなく支えてくれるとのこと。20センチくらいの高さに育ったら、容器内の水を土に変えます。

AvoSeedo アボカドの育て方

 セット内容はAvoSeedo本体(キャラクター)、植木鉢、受け皿、プールサイド/庭のデコレーション、キャラクターの顔を変化させるフェース・ステッカーとマニュアル(アボカドの種、土、肥料は付属しません)。

 価格は1セット4000円。2セットで5000円、3セットで6000円と、まとめ買いをするほどお得になります(価格は全て税別)。注文後、2週間で海外から発送されます。

AvoSeedo プールサイドのデザインと
AvoSeedo 庭のデザインを使い分けることができます
AvoSeedo ロゴ

 今回の「AvoSeedo 2.0」は2代目モデル。累計50万台を売り上げた前モデルはシンプルなグリーンのパーツでしたが、第2世代モデルは動物のような楽しいキャラクターに進化しています。

AvoSeedo シンプルなデザイン(第1世代)から楽しい印象のキャラクター(第2世代)に進化しました

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」