ニュース
» 2019年11月22日 09時00分 公開

便器をツルツルにして流れやすくするコーティング、米大学が開発 節水や便のこびりつき解消に期待

人間の髪に似た極小の毛でトイレの流れをなめらかにします。

[関口雄太,ねとらぼ]

 米ペンシルベニア州立大学がセラミック製トイレを少量の水で清潔に保つコーティング剤を開発したと発表しました。通常は6リットル必要な水の量を半分程度までに削減できるかもしれないと語っています。



 ペンシルベニア州立大学のTak-Sing Wong准教授らは「液体やヘドロ、バクテリアをはじく、生体模倣技術を使った長持ちするコーティングを開発しました。これによりトイレを実質的に自浄式にできます」と発表しました。LESS(liquid-entrenched smooth surface)コーティングと呼ばれるこの技術は、トイレを流した際の水の消費量を半分程度にするかもしれないと期待されています。


 コーティングは2段階に分けて行います。1段階目ははっ水基盤を作り、2段階目はすべりやすい表面に仕上げるという仕組み。1段階目のグラフトポリマーでつくられたスプレーの役割について、共同開発のJing Wang氏は「スプレーが乾くと、人間の毛髪が100万倍くらい薄くなった小さな毛のような分子が成長します」と説明しています。2段階目では、1段階目に作った「毛」の周りに潤滑剤の薄い層を注入し、完成です。


トイレを流す6リットルの水を大幅削減 ペンシルベニア大が5分間で流れをスムーズにするコーティング発表 粘り気がある合成糞便(画像はYouTubeより)

トイレを流す6リットルの水を大幅削減 ペンシルベニア大が5分間で流れをスムーズにするコーティング発表 スムーズに流れている(画像はYouTubeより)

 研究者は、この効果は約500回は継続するだろうとしています。継続性だけでなくコーティングにかかる時間が短い点も魅力的です。一般的なコーティング剤は効果が出るまでに数時間かかるものもありますが、LESSコーティングの場合は5分未満で完了します。また、節水効果だけでなく衛生環境にも良い効果をもたらすとして、Wong氏は「糞便の付着は、利用者に不快感を与えるだけでなく、深刻な健康の問題でもあります」と述べています。

 「毎日、トイレを流すために1140億リットルの水が消費されている」とペンシルベニア大学が発表の冒頭で紹介したように、トイレには大量の水が使われています。その一方で、数百万人が水不足に苦しむ現状があり、この技術の普及は米国内だけでなく世界の水不足問題の解決に向けた一つの切り口になるかもしれません。ペンシルベニア州立大学は、スタートアップベンチャー企業と協力して、LESSコーティングの市場への提供を開始していると述べています。


トイレを流す6リットルの水を大幅削減 ペンシルベニア大が5分間で流れをスムーズにするコーティング発表 一般的なコーティングと比べると効果がよくわかる(画像はYouTubeより)

トイレを流す6リットルの水を大幅削減 ペンシルベニア大が5分間で流れをスムーズにするコーティング発表 液体もはじくように流れる(画像はYouTubeより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.