ニュース
» 2019年11月23日 09時00分 公開

たばこ喫煙者の割合が過去最低を記録 アメリカ疾病予防管理センターが発表

電子たばこ利用者は増加傾向にあります。

[関口雄太,ねとらぼ]

 アメリカ疾病予防管理センターは2018年の米国国内成人(18歳以上)のたばこ喫煙率が13.7%であったと発表しました。この数値はこれまでで最も低く、喫煙が健康を害すると発表された50年以上前に比べると約3分の2となります。なお、利用者が増加傾向にある電子たばこの利用者は全体の3.2%という数値です。


たばこ喫煙者の割合が過去最低を記録 アメリカ疾病予防管理センターが発表 たばこ喫煙率が史上最低を記録(画像はCenters for Disease Control and Preventionより)

 調査発表によれば、紙巻きタバコや葉巻などを含めると、おおよそ4910万人の米国成人が喫煙しており、この数値は成人全体の19.7%に相当します。使用している製品の内訳は、たばこが13.7%、葉巻3.9%、電子たばこ3.2%、無煙たばこ2.4%、パイプ1.0%、となっています。また、利用者のうち18.8%が、2つもしくはそれ以上のたばこ製品を使い分けています。


 毎日喫煙する人の割合は、たばこで74.6%、無煙たばこで59.1%、電子たばこで42.6%、とされており従来と大きな変化はないようです。性別ごとの喫煙率は男性で25.8%、女性で14.1%。また、相関関係について特別な言及はないものの性的指向ごとの喫煙率を発表しており、ヘテロセクシャルが19.5%、レズビアン・ゲイ・バイセクシュアルが29.2%と発表しています。最も喫煙率が高い年齢は25歳から44歳にかけてで、23.8%の喫煙率を記録しました。


たばこ喫煙者の割合が過去最低を記録 アメリカ疾病予防管理センターが発表 たばこ使用者の約7割は毎日喫煙している(画像はCenters for Disease Control and Preventionより)

 本発表において健康副長官ブレット・ジロワール氏は「電子タバコ製品の若者の使用の増加を考慮し、強力な規制監督を確保することで、進化するタバコ製品への対応に専念します」と述べています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.