ニュース
» 2019年11月26日 17時00分 公開

病欠連絡で盛大な誤爆メール テレビリポーターが約200局に全社メールして全米からお見舞いの言葉が殺到

病欠の連絡をしただけなのに……?

[関口雄太,ねとらぼ]

 ローカルテレビ局のリポーターが上司に病欠を伝えるメールを送ると、なぜか上司からの返事ではなく、同僚たちからお見舞いの言葉が寄せられ、Twitterで「#PrayersForNick」のハッシュタグが流行し、たくさんの人から回復を祈られる事態に発展しました。その理由は連絡先のミス。宛先を上司ではなく、テレビ局約200局を抱える全社に設定していたのです。



 誤爆メールの送り主はローカルテレビ局「FOX4 News Kansas City」のNick Vasosさん。連絡した当時、口腔外科手術を受けた後で体調を悪くしていたそうです。7時間も食事と水を控え、薬を服用し、もうろうとする意識のなか上司に体調不良で仕事を休む報告をします。いつものようにメールの宛名に「news@」と入力し、メールを送信。しかしメールを受けとったのは上司だけでなく、テレビ局約200局を抱える「Nexstar Media Group」の全従業員だったのです。

 Nickさんは、今回の誤送信の原因について、同社のメールシステムの乗り換えがあったと説明しています。これまでは「news@」と入力すると上司に届いていたのですが、アドレスを確認せずに送ったところ、全社宛てになっていたと電話で明かしました。説明を受けて、同じ職場の社員たちは思わず爆笑してしまいます。


病欠連絡で盛大な誤爆メール テレビリポーターが200局を超える全社へ誤送信して全米からお見舞いの言葉が殺到 職場の仲間達はNickさんの説明に爆笑(画像はFOX4 News Kansas Cityより)

 病欠メールを受けとった同僚たちはNickさんの病欠を有名スターが病に伏したかのように扱うユーモアあふれるつぶやきを投稿し、回復を祈りました。彼のデスクには写真や花、ロウソクが飾られ、まるで偉人をしのぶ祭壇です。一方Twitterでは、メールを受け取ったテレビ局職員たちを中心に「#Prayers for Nick」を含むツイートが大量に発生します。Nickさんと面識のない地方局員たちから、たくさんの声援が投稿されました。





 「FOX4 News Kansas City」のFacebookページでは、ドキュメンタリー調に仕立てたコメディ映像を公開。Nickさんの回復を祈るというインタビューや、収録現場に従業員が集まり黙祷を捧げる姿など、大げさな演出でジョークを飛ばしています。


病欠連絡で盛大な誤爆メール テレビリポーターが200局を超える全社へ誤送信して全米からお見舞いの言葉が殺到 冗談っぽく泣いたふりをするリポーター(画像はFacebookより)

病欠連絡で盛大な誤爆メール テレビリポーターが200局を超える全社へ誤送信して全米からお見舞いの言葉が殺到 黙祷を捧げていますが、ただの病欠です(画像はFacebookより)


 ちなみに、Nickさんは数日を経て無事に回復し、復帰しました。「みなさんの祈りが届きました! 朝の報道番組に戻ってこられてとてもうれしく思います」と元気な姿を投稿しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.